NHK大河『直虎』に1ケタ台転落危機! 27年ぶり復活のテレ朝『ビートたけしのスポーツ大将』が大健闘で……

日刊サイゾー

2017/11/19 08:00


 レギュラーとしては、27年ぶりに復活した“伝説”のスポーツバラエティ番組『ビートたけしのスポーツ大将』(テレビ朝日系/レギュラー放送は日曜午後7時58分~)が12日午後6時57分からの2時間スペシャルでスタート。初回視聴率は激戦区の日曜ゴールデン帯にあって、12.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の高視聴率を獲得。今後、同時間帯の人気番組を食う可能性が出てきた。

他局では、“王者”日テレの『ザ!鉄腕!DASH!!』が16.9%で、前週より2.4ポイントダウン。『世界の果てまでイッテQ!』は19.3%と高い数字をキープしたが、前週より1.9ポイント下げた。

また、大詰めに突入したNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』第45話は、前週より0.7ポイントダウンの10.7%に沈んだ。これは、第31話(8月6日)の10.6%に次いで、自己ワースト2位の惨状。『直虎』は10~12%台に低迷しており、最終回が近付いてきても、まるで盛り上がっておらず、新たな敵『スポーツ大将』の出現で、1ケタ台転落の危機に瀕したといえそうだ。

『スポーツ大将』は1985年4月から87年3月と、88年2月から90年2月まで放送され、陸上短距離の五輪金メダリストであるカール・ルイスを模した「カール君」などが人気を集めたが、惜しまれつつ番組は終了。

その後、25年の月日を経て、2015年3月にナインティナインも参戦し、特番で復活。16年2月、今年2月にも、スペシャル番組として、日曜ゴールデン帯でオンエアされ、直近の2月26日放送分は、12.4%の高視聴率をマークしていた。

「2月の特番の視聴率がよかったとはいえ、正直多くのテレビ関係者は、『昔の名前で出ています』といった感がある『スポーツ大将』が、日曜ゴールデン帯の日テレの強力な裏番組を敵に回して、数字が取れるとは思っていなかったようで、初回は大健闘です。これが継続できれば、『イッテQ!』も安閑とはしていられなくなりそうです」(テレビ誌関係者)

『スポーツ大将』の前番組だったテレ朝の『人生で大事なことは○○から学んだ』は、不振のため、今年1月の放送開始から、わずか8カ月で終了。フジテレビ系『フルタチさん』も、1年足らずで打ち切られるなど、「日8」は日テレ以外の局にとっては、とても厳しい枠。

「2020東京五輪」を基軸とし、「さらなる“金メダルの卵”発掘へ」をコンセプトにした『スポーツ大将』が、常時2ケタ台を記録するようになれば、日テレや大河ドラマにとっても脅威となる。むろん低迷する、そのほかの局にとっては、さらに厳しい戦いとなりそうだ。
(文=田中七男)

当記事は日刊サイゾーの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ