あなたはカニを何種類知っている?関西近郊・中国地方のブランドガニ10種

じゃらんnews

2019/12/3 11:30


舞鶴かに

ついに今年もカニの季節がやってきましたね。ひとえにカニといっても、西日本だけでもいろんなブランドがあるんです。あなたは何種のブランドガ二を知っていますか?漁港や地域がそれぞれのプライドをかけて産地と品質を証明するご当地ガニ。そこで今回は西日本の日本海側に水揚げされる名だたるブランドガ二10種をご紹介いたします。石川から島根まで、漁師さんや漁業関係者が誇りを持って提供する憧れのブランドガ二をこの秋冬の季節に味わってみませんか。

記事配信:じゃらんニュース
1. 加能ガニ【石川県】
身入りのいい雄に加えて雌の香箱ガニにも注目を!
加能ガニ※石川県では雌ガニを「香箱ガニ」と呼ぶ。雌ガニの漁期は12月29日まで
石川県沖の好漁場で揚がる、甲羅幅9㎝以上の身が詰まった雄ガニを厳選!また、雌ガニの香箱ガニ(※)を珍重する金沢港地区では「かないわ香箱」の名前でPR中です。(石川県漁業協同組合販売課 笠原純二さん)
2. 越前がに【福井県】
GIマーク付きタグに一新!国が認める地域の財産です。
越前がに※GI/国が農林水産物や食品を地域の知的財産として保護する制度
昨年からタグに「GI」(※)マークが表示されました。これは国が産地と品質を認めた農林水産物だという証です。重さ1.5kg以上で高品質のカニには、「極」タグがもう1つ追加されます。(越前町漁業協同組合販売課 山本卓さん)
3. 間人ガニ【京都府】
丹後沖の上質ガニに加えて新顔「モモガニ」デビュー!
間人ガニ※モモガニ/ハサミは小さいが甲羅は硬く身詰まりがしっかりとした雄。「間人ガニ」の品質には達しないのでリーズナブル
5隻の船が向かうのは港より約1.5時間の丹後半島沖。山からミネラルが流れ込む栄養豊富な海だから良質なカニが揚がるんです。今期から「モモガニ」(※)にもタグを付けます。(京都府漁業協同組合 丹後支所寺田直彦さん)
4. 舞鶴かに【京都府】
舞鶴漁港は京阪神から最短!カニ船5隻で頑張ってます。

舞鶴かに

漁場は丹後半島沖約20km。京阪神から最も近い舞鶴漁港で水揚げされるカニです。京都府産ズワイガニに付く緑色のタグと、PRキャラクターチョキまるのプレートが目印!(舞鶴かにPRキャラクター チョキまる)
5. 津居山かに【兵庫県】
安定した供給と鮮度保持両輪のバランスが強みです。

津居山かに

シケに強い大型船7隻、日帰りの小型船7隻で水揚げ。安定した漁獲量とカニの鮮度の良さ、2つの強みを生かしています。近年は大型船も鮮度優先で早めに帰港する傾向ですね。(但馬漁業協同組合 津居山支所業務課 川尻慎二さん)
6. 柴山がに【兵庫県】
船上から陸上までの連携で目指すはカニの選別日本一!

柴山がに

カニの選別は100種以上。それも活ガニにこだわる徹底した品質管理が自慢です。選り手、競り人、仲買人が認めた、重さ1.35kg以上の最高級品には「柴山ゴールド」タグが!(但馬漁業協同組合柴山支所業務課 守山学さん)
7. 香住港まつばがに【兵庫県】
複数の海域で水揚げしたカニの出所をタグで証明。

香住港まつばがに

丹後半島から隠岐の島までと操業海域が広く、大・中型船と小型船でタグの形が違うので出所が明確。重さ1.4kg以上などの厳しい基準を満たすと、「香住PREMIUM」タグが!(但馬漁業協同組合 香住支所販売課 澤田敏幸さん)
8. 浜坂産松葉がに【兵庫県】
漁師さんが獲ったカニをカニソムリエが食べ方指南。

浜坂産松葉がに

兵庫県沖から島根県沖で漁獲したカニを、線兄水槽で鮮度を保ったまま活ガニで持ち帰ります。地元宿では「かにソムリエ」の主人や女将さんが、美味しい食べ方を指南しますよ。(浜坂漁業協同組合 直販課 宮脇一也さん(カニソムリエ))
9. とっとり松葉がに【鳥取県】
早くから保護に取り組みカニの水揚げ量は日本一!

とっとり松葉がに

鳥取県・島根県沖を活魚水槽を整備した大型底曳漁船で操業し、活きガニのまま競りにかけます。重さ1.2kg以上、甲羅幅13cm以上など5つの基準をクリアした「五輝星(いつきぼし)」にも注目!(鳥取県漁業協同組合 賀露支所販売部 松岡達也さん)
10. 隠岐松葉ガニ【島根県】
カニを傷つけない「かご漁」地元の伝統漁法が特徴です。
隠岐松葉ガニ隠岐の島町役場提供
豊饒の海、隠岐諸島周辺で「かにかご漁」で漁獲。網で曳くより傷みが少ないんですよ。タグを付けるのは重さ500g以上で身入りなどの基準を満たしたものを厳選しています。(島根県しまねブランド推進課農林水産品グループ 細田昇さん)

※この記事は2019年11月時点での情報です

当記事はじゃらんnewsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ