最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

りょう、稲森いずみと「ロンバケ」以来21年ぶりの共演!!『変わらず美しい!』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
11月23日(木・祝)放送の木曜劇場「刑事ゆがみ」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジ系)第7話に、りょう、早見あかりが出演することが決定した。

りょうが演じるのは、菅能(稲森いずみ)の親友・近江絵里子。一流デザイン会社の管理職で、結婚を間近に控えていながら服毒死してしまうという役柄だ。稲森とは、りょう自身の女優デビュー作となった「ロングバケーション」(1996年、フジ系)以来、実に約21年ぶりの共演となる。

りょうは、稲森との共演を「もう20年前なんですね…稲森さんと久しぶりにお会いしましたが変わらず美しい! 美しさとクールさとかわいらしさと、フワッと包み込んでくれるような大人な空気感が大好きです」とコメント。

浅野・神木との共演については「浅野さんとは映画で2、3度共演させていただいています。20年近く前の作品では脚本ナシのアドリブの芝居を二人でやらせていただきましたが、とても居心地が良く自然にいられて本当に楽しかった!

神木さんとは初めてですが、浅野さんと神木さんのやりとりが楽しく、いつかしっかり共演させていただけたら…と思っております」とそれぞれの印象を明かす。

そして、ドラマの見どころを「絵里子がお世話になるサービス…こんな仕事があるんですね!と驚きつつも楽しませていただきました。人それぞれの生き方、それぞれの幸せはみんな違う。楽しい人生を過ごしていきたいな」と語った。

また、絵里子と親しかったという謎の女性、三枝優里を演じるのは「百瀬、こっちを向いて。」(2014年)で映画初主演、「ラーメン大好き小泉さん」(2015年、フジ系)で連続ドラマ初主演を果たし、以降ドラマ・映画・舞台・CMと幅広く活躍する、注目の若手女優・早見だ。

早見は今回の出演に当たり、「一視聴者として楽しませてもらっていたドラマに出演することが決まり、自分が一番驚いています。浅野さん、神木さんが演じられる凸凹バディの空気感が大好きなので、一緒にお芝居をするのがとっても楽しみです。

今、この時代だからこそ作れる作品だと思います。どういう事かはぜひ観て確かめてみてください。お楽しみに!!」とコメントしている。

■ 第7話あらすじ

菅能(稲森)の親友・絵里子(りょう)が服毒死する。前夜、大学時代の同窓会に出席した菅能は、そこで久しぶりに絵里子と再会していた。

現在の彼女は一流デザイン会社の管理職で、来年にも年下のイケメン実業家と結婚する予定だという。そんな絵里子が自宅マンションで死亡したのは菅能と別れた直後で、発見者は警察官だった。絵里子は、1カ月ほど前に300万円をひったくられており、その件で確認に来たのだという。

絵里子が自殺するはずはないと考えた菅能は、弓神(浅野)と羽生(神木)に絵里子の交友関係を徹底的に洗うよう指示。やがて、最近絵里子と親密だった優里(早見)にたどり着く。

すると、絵里子には誰にも言えない秘密があったことが発覚し…。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/128191/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス