『ミスター・ビーン』ローワン・アトキンソン、62歳で再びパパに

海外ドラマNAVI

2017/11/15 18:10

『ミスター・ビーン』でおなじみのローワン・アトキンソンと彼の恋人との間に子どもが誕生することが判明! すでに二人の子を持つローワンだが、62歳にして再びその手に赤ちゃんを抱くことになるようだ。英The Telegraphが報じた。

【関連記事】【潜入パパラッチ】12歳差から60歳差まで! ハリウッドセレブのこんな年の差カップル、どうですか!?

お相手は女優のルイーズ・フォード(『クラッシング』)。ローワンより29歳下のルイーズは現在33歳で、彼女にとっては第一子となる。ローワンとルイーズはすでに3年間同棲しており、二人はこのニュースを非常に喜んでいるという。

ルイーズはガス工事業者の娘としてロンドンの南東部で育った。サウサンプトン大学で英語を学んだ後、トム・ヒドルストン(『マイティ・ソー』シリーズ)やジェマ・アータートン(『アンコール!!』)らと共に王立演劇学校に通って演劇を学んだという。

建物の管理という名目で廃病院でシェアハウス生活をはじめた若者たちのドタバタ騒動を描く英チャンネル4(日本ではNetflixにて配信中)の『クラッシング』でブレイクしたルイーズは、現在、『The Windsors(原題)』というドラマにも出演中で、こちらでは英国王室のキャサリン妃役を演じて話題を呼んでいる。

ローワンとルイーズが初めて出会ったのは2013年。ロンドンのウィンダムズ・シアターで上演された「The Quartermaine's Terms(原題)」という舞台で共演したことがきっかけだったそう。

現在62歳のローワンだが、『ミスター・ビーン』、『ジョニー・イングリッシュ』といった作品で大成功を収め、イギリスで最も愛される国民的コメディ俳優の一人に上り詰めた。総資産は7000万ポンド(約100億円)を超えると言われている。現在はヴィクトル・ユゴー、ジュール・ヴェルヌに続き、世界中で最も読まれたフランス人作家とも言われるジョルジュ・シムノンの推理小説シリーズを映像化した『MAIGRET/メグレ』で主演を務めており、文字通り公私ともに絶好調のようだ。

彼は1990年に元メイクアップアーティストのサネトラ・サストリー(55歳)と結婚したが、2013年には夫婦生活が破綻、「和解できない相違」を理由に2015年に離婚した。二人の間には現在23歳の長男ベンと、21歳の長女リリーという子どもがいる。

ローワンは2014年にルイーズとともにノースロンドンにある460万ポンド(約5億円)のコテージに引っ越し、彼女との交際を公にした。

最近では、ルイーズがお腹を大きくした姿でロンドンでショッピングをしている姿が目撃されており、関係者の証言では年内には赤ちゃんが誕生する予定だという。ルイーズの妊娠について、ローワンの代理人はコメントを出していない。(海外ドラマNAVI)

Photo:ローワン・アトキンソン
(C)FAMOUS

あなたにおすすめ