マツコ代役・ホラー作家の平山夢明氏が"座間9遺体事件"で訴え「命の電話に公的援助を」


11月13日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、入院中のマツコ・デラックスに代わりホラー作家平山夢明氏が登場。神奈川県座間市のアパートで男女9人が殺害された事件を振り返りSNSの怖さや『命の電話』の必要性を訴えた。

平山氏、自殺願望者に「まずは命の電話に連絡を」


MCのふかわりょうが座間市の事件について「情報が出てくるものの相変わらず不可解な点が多いですが」と話を振ると平山は「ちょっと納得できないところが個人的にあって、9人をあのアパートの中で殺害すること自体ちょっと無理がある。音もするだろうし解体作業といってもそんなに簡単なことじゃないですから。なんか解らないことが多い」と自身の見解を述べた。

また平山は自殺願望者に向かって「つらいことがあって死のうとか思っている人がいた場合は、こんな変なツイッターに連絡するより『命の電話』にかけてもらいたいね。本当にこういう風に罠をはってる"本当はまったく(一緒に)死ぬ気がない"のに犠牲者を待ってるヤツっているんですよ。本当に悲惨なことになりますからね」と訴えかけた。

MCのふかわりょうが「集団自殺の集まりがあった時には、必ずその中に"殺したい願望"の人間が混ざっているらしい」というネットの情報を持ち出すと「います」と平山。続けて「何故かというと自殺は“自分”を殺す行為ですが、それが"他者"になるということは簡単なんです。簡単というと語弊がありますが」と言い、殺害する気持ちが自分ではなく他者に向いてもおかしくはないと語った。

ツイッターが規制された件について株式トレーダーの若林史江は、規制をしたところで自殺や殺人を望んでいる人は次々とそういった場を求めて違う所に行ってしまうので「あまり意味を感じない」とコメント。

平山は「外側の対症療法ばっかりじゃないですか。ツイッターの規制とか。(必要なのは)そういうことじゃないと思うんですよね。今『命の電話』でも皆ボランティアという厳しい状況でやっている。こういうものこそ公的援助を入れてもらいたい」と訴えていた。

(Yomerumoバラエティニュース編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ