マツコデラックスが16年越しの謝罪をした相手とは?

ザテレビジョン

2017/11/6 12:30

11月5日(日)に放送された「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)に出演したマツコ・デラックスが、16年前に作家の中村うさぎについたウソを謝罪した。

この日のテーマは「オネエJAPANが謝罪しますSP」。無名時代のマツコが作家・中村うさぎ氏の対談集に登場することになり、その本の中で自分の話が埋もれないように、かなり話を盛ってしまったと告白した。「ようかんとカステラが好きすぎて、丸ごと1本たべちゃう」「体が大きすぎて細い路地裏を歩いたら壁と壁の間にハマってしまった」「地方のホテルで浴槽に体がハマって抜けなくなって朝になった」というエピソードが掲載されているが、「カステラとようかんはチャレンジことはあるけど、挫折しました。ウソです。1本なんて食えるわけないじゃん!」とマツコは逆ギレしつつも「でも、全部ウソじゃないの。途中までは本当なの。お風呂にも本当にハマったけど、朝まではウソ」「路地にハマったのもウソ。戻ったの。これ以上行った危険だって」と告白。

さらに、お風呂にハマった時には、お湯を抜いてから備え付けのボディソープで体を滑らせて湯船から脱出したエピソードを話して笑いをとっていた。マツコはあらためて、「ウソはついちゃダメ…。後で辻褄が合わなくなってくるのよ」と深く反省しながら「この場を借りて謝りたい」と、中村うさぎに謝罪していた。

次回11月12日(日)後9:00から放送予定。テーマは「今夜初めて自首します」で、後藤輝基、にゃんこスター、ブルゾンちえみ、松島花、丸山隆平、宮迫博之、モーリー・ロバートソン、渡部建が出演。

https://news.walkerplus.com/article/126965/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス