最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ザ・タイマーズ『デイドリームビリーバー』に忌野清志郎が込めた亡き母への想い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1988年ライブ・イベントに飛び入りでデビューした伝説のバンド『ザ・タイマーズ』。忌野清志郎に似た「ZERRY」が率いる同バンドは、ジェリーこと沢田研二を中心とした『ザ・タイガース』のパロディバンドとして登場した。

全員が土木作業用のヘルメットをかぶり、社会に痛烈なメッセージを浴びせる。猛々しく悲痛にも似た叫びを不条理な世にぶつける。

手ぬぐいで鼻から下を覆ったその風貌は、学生運動を行う新左翼活動家のパロディにも見えた。「(忌野清志郎の)RCサクセションみたいにチャラチャラした奴等と一緒にされちゃ困る」ZERRYはそんな言葉さえ残しているのだ。

ザ・タイマーズ、デイドリームビリーバー



タイマーズのボーカル「ZERRY」の正体はご存知の通り忌野清志郎であり、彼が社会に感じている葛藤や矛盾をこのバンドの楽曲に込めている。社会派であるこのバンドの存在を知らない人も、「デイドリームビリーバー」を一度は耳にしたことがあるだろう。

1989年にエースコックのスーパーカップのCM、2006年にサントリーのモルツのCM、さらに2011年にはセブンイレブンのCMに採用されている。「ずっと夢を見て~♪」というフレーズとともにCMソングとして認識している人もいるはずだ。

この曲の元は、67年に『The Beatles』に対抗すべく結成された『The Monkees』の5枚目のシングル曲「Daydream Believer」である。『ザ・タイマーズ』が日本語の歌詞をつけて、1989年にシングルとして発売した。

そんな「デイドリームビリーバー」は、ZERRYこと忌野清志郎が亡き母へ捧げた歌だとご存知だっただろうか。実の母親は彼が3歳の時に亡くなっている。その後、継母がずっと面倒を見てくれたのだ。

育ててくれた継母も1986年に他界した。忌野清志郎はそこで初めて、両親が生みの親ではないと知らされる。デイドリームビリーバーの歌詞を紐解いていけば、彼が亡き母へ送った歌だと理解できる。

デイドリームビリーバー





ここでいう彼女とは亡き母親を指している。「もう今は彼女(母親)はどこにもいない」のだ。また、「目覚まし」というのは夢からの目醒めを象徴している。

目覚ましが鳴ろうと、母親が見つからない理由はすでに彼の目が覚めている(=現実を知りえた)からである。

いつも彼女とくらしてきた時間は全て空想だった





僕はデイドリームビリーバー、そう忌野清志郎は白昼夢をずっと見てきたのだ。前出の「彼女とくらしてきたよ」という詞は彼の白昼夢、つまり非現実的な空想なのである。

ここでは“それで彼女はクイーン”とせずに、“そんで彼女はクイーン”としている。原曲のこの部分が「and a』であり、音を似せるために「そんで」という言葉を持ってきたと考えられる。

忌野清志郎、亡き母への想いを込めたデイドリームビリーバー





「遠い遠い思い出」3歳の時に母親が亡くなったのだから忌野清志郎にとっては何十年前の過去となる。ケンカしたり仲直りしたりして暮らしてきたはずの母親が、「写真の中でやさしい目で微笑んでいる」のだ。

つまり、ここで彼が白昼夢からすでに醒めている(=母が亡くなった事実を知っている)ことを表現している。

決して時が進まない写真の中で「僕に微笑む」というのは、亡き母が時間の概念がない天国から彼を見守っくれていると解釈できる。デイドリームビリーバーは一聴するととても長閑な曲調である。

忌野清志郎は、亡き母を明るい気持ちで送るために広がりのある放牧的な楽曲を選んだのかもしれない。

しかし、歌詞に込められた意味を知ってしまうと、その突き抜けて明るい調子が逆に哀愁をもたらしていると気づく。そんなデイドリームビリーバーは、 実母の死を乗り越えるための忌野清志郎の決意の一曲だったはずだ。

外部リンク(UtaTen)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス