「トランスフォーマー降板がキャリアのどん底」

ミーガン・フォックス(31歳)にとって、「トランスフォーマー」シリーズを降板させられた時が、キャリア史上最悪の時期であったという。

2007年作「トランスフォーマー」と2009年作「トランスフォーマー/リベンジ」でミカエラ・ベインズ役を演じたミーガンだが、その傲慢な態度が原因で同人気シリーズから降板させられるに至っていた。

その経験についてミーガンは「あれは私のキャリアにおいてまさに最悪な時期だったわ。でもそういうことがなければ、ここまで早く物事を学んでいなかったでしょうね」と振り返った。

そして謝罪を断ったことで、シリーズ復帰のチャンスを棒に振ってしまっていたそうで、今になってそれが愚かな過ちであったと思い返しているという。コスモポリタン誌とのインタビューでミーガンは「私が謝れば良かったことなのに、私はそれを拒否した。23歳だった私は自分が正しいと信じていて、長い目で見たら何が良いことなのか分からなかったのね。自分のことを本当にジャンヌ・ダルクのように思っていたの」と語った。

あなたにおすすめ