車なのにAI搭載!? 「TOYOTA Concept-愛i」の近未来感がスゴい

  • ラスベガスで開催されたCES2017で、ドライバーと会話できる「TOYOTA Concept-愛i」が発表された
  • この車の最大の特徴はAIを搭載しており、ドライバーの嗜好や習慣を理解することが可能なところ
  • 走行テストは2020年に開始する予定。近未来のクルマが公道を走る日も近いかも!?


トヨタがドライバーの嗜好を理解し会話する車がスゴイ!運転がかなり楽しくなりそう




古参、新参の自動車メーカーが自動運転技術の開発にしのぎを削るなか、トヨタ自動車の視線は競合の一歩先を見据えている。同社が開発を進めるのは安全、快適な自動運転技術に加えて、ドライビングエクスペリエンスを向上させる技術だ。

今年1月にラスベガスで開催されたCES2017では、ドライバーと会話する車「TOYOTA Concept-愛i」が発表され、この10月25日から開催の東京モーターショー2017では、この車に加え、都市モビリティを重視した「TOYOTA Concept-愛i RIDE」がお目見えする。

トヨタが「TOYOTA Concept-愛i」シリーズで提供しようとする価値とはどんなものだろうか。

・AI技術では自動車業界をけん引




AI開発競争では周回遅れを指摘される日本だが、自動運転技術の開発に関しては、自動車販売で高い世界シェアを持つトヨタが、走行データ収集においての優位性があるといわれる。
ちなみに、2016年の新車販売台数を見てみると、時価総額で業界トップのトヨタが約1017万5000台、時価総額6位のテスラは約7万6000台となっている。

さらにトヨタは、Preferred Networks(PFN)やNVIDIAなど、機械学習の研究・開発で世界レベルの企業との連携も深め、自動運転技術の開発を加速する姿勢だ。

「トヨタがドライバーの嗜好を理解し会話する車がスゴイ!運転がかなり楽しくなりそう」の続きを読む


getnews-logo
関連記事 TOYOTA、ロボット作るってよ

TOYOTA、ロボット作るってよ


2016.6.23 20:05

2K録画対応のドラレコ

2K録画対応のドラレコ


2016.12.1 20:05

ご質問は人工知能が承ります

ご質問は人工知能が承ります


2017.2.2 08:05

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス