稲垣吾郎、MXテレビ初出演は大成功?”圧力”を際立たせる事務所の新戦略


 元SMAP稲垣吾郎(43)が24日、関東ローカルの『5時に夢中!』(TOKYO MX系)に生出演した。稲垣が生放送に出演するのは9月にジャニーズ事務所を退所して以来初めてとなった。

稲垣は同番組に冒頭からゲストとして登場。MCのふかわりょう(43)から「ここ(MXテレビ)は新しい地図に載ってますか?」と聞かれた稲垣は「家から近いので、気楽に来ました。新しい地図に載っけといていいですか?」と返して、スタジオの笑いを誘った。番組前半では『ゴローの奥様テレフォン相談室』なる企画コーナーで視聴者の主婦の悩みに生電話で優しく答え、後半はランキング形式のニュースにコメントし、アダルトビデオについて「観たことがある」との問題発言(?)も。さらに自身の「新しい地図」や「72時間テレビ」についても触れていた。

「稲垣の久々のテレビ出演がMXテレビでは、さすがに都落ち感が否めない」というのは週刊誌記者だ。

「とにかく制作費の安いMXに稲垣が出るというので、業界内にも驚きが広がっている。同番組のギャラは、MCのマツコ・デラックス(45)クラスでも10万円前後と格安。出演者も「人工透析患者は死ね」と発言して舌禍を招いた元フジテレビの長谷川豊アナ(42)や洗脳騒動で世間を騒がせた中島知子(46)など癖のある人たちばかり。稲垣クラスの一流タレントが出るのは異例です」

放送前はSNSメディアでも「なぜ?」と騒然となっていた。中には「ついに吾郎ちゃんも田中聖(31・元KAT‐TUN・13年にジャニーズを解雇)の道を行くのか」と落胆の声まで噴出した。しかし、放送終了後には、これも「カレンサイドのあざとい計算」だと見る向きが増えている。

「先だってジャニーズ副社長・藤島ジュリー景子(51)が在京キー局に『やめた3人を起用するな』とクレームが入れたと報じられたばかり。それならばと、カレン側は報道を逆手に取り、あえてMXに出演することで”ジャニーズの圧力”を際立たせる狙いがあったのでは。通常の民放番組に出演するよりもインパクトが大きく話題になることも計算の内でしょう」(前出・記者)

たしかに、いかにもマダム受けしそうな稲垣に「奥様テレフォン」なんてコーナーをやらせるのは、あざとい企画である。また同番組のサーバーが放送開始直後に一時ダウンし、通常なら5000前後しか票が集まらない生アンケートが、この日は「62612」と10倍近く投票が伸びている点をみても、「話題作り」は大成功だったと言えるだろう。

ジャニーズと既存メディアの「逆張り」を繰り返し、話題に事欠かないカレン。今後もその「あざとい戦略」から目を離せそうにない。
文・麻布市兵衛(あざぶ・いちべい)
※1972年大阪府出身。映像作家、劇団座付き作家などを経て取材記者に。著書は『日本の黒幕』、『不祥事を起こした大企業』(宙出版)など多数あり。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ