【SWEET LOVE SHOWER 2017】CORNELIUSが「世界水準」の超絶パフォーマンス!

ザテレビジョン

2017/10/21 08:40

8月25日~27日の3日間、山梨・山中湖交流プラザ きららにて開催された野外ロックフェスティバル「SWEET LOVE SHOWER 2017」。8月26日に行われたフェス二日目の、後半の模様をリポートする。

■ ゆるふわギャング

日も傾いてきたWATERFRONT SATGEには、話題のヒップホップユニット・ゆるふわギャングが登場。ことし発表のファーストアルバムが高く評価されたほか、ファッションアイコンとしても各方面から注目を集めている。そんな彼らを一目見ようと、多くの観客がステージに詰め掛けた。

DJを連れ立ってステージに現れたRyugo Ishida(MC)とSophiee(MC)は、「パイレーツ」からライブをスタート。ユニット名にも通じるポップでユルいノリのトラックで、観客を軽やかに揺らしていく。

彼らがライブを始めるやいなや、やや日が陰っていたステージにも再び晴れ間がのぞき出す。続く「Fuckin' Car」では、二人ともどこか脱力した佇まいに見せながらも、クールなラップをしっかりとキメてくる。

「Make Up」では、一貫して重さを感じさせない心地よいトラックで、初見の観客の心もがっちりと掴んでいく。「もっとMake Up~♪」というフックの部分で、観客とのシンガロングに発展する一幕も。

MCを挟まず、淡々と楽曲で観客を惹き付ける中、「歌える人は一緒に歌ってください」というIshidaの言葉から披露されたのは「Dippin' Shake」。某ファストフードチェーンのイメージをシンボリックに用いながら、アメリカのヒップホップさながらのリリックを巧みにラップしてみせ、フロアを大いに沸かせた。

「High Time」では、テンションの上がったSophieeがシャツを脱ぎ捨て、「いらない物捨てる」というリリックと絶妙にシンクロさせていく。さらに「Escape To The Paradise」へとなだれ込み、二人はハンズアップを要求しながらここぞとばかりに盛り上げていった。

ラストナンバーは「Sunset」。夕暮れ時のこのシチュエーションにハマりすぎるチルアウト系のナンバーで、しっとりとライブを締めくくった彼ら。唯一無二の佇まいで、大きなインパクトを残した。

■ ポルノグラフィティ

ライブ開始前から、LAKESIDE STAGEがパンパンの人だかりとなったのはポルノグラフィティ。サウンドチェックでは、岡野昭仁(Vo)、新藤晴一(Gt)がステージに不在の中、バックバンドが名曲「サウダーヂ」を演奏するという粋な計らいが。“リアルカラオケ”状態となる中、観客も大合唱で応え、早くもボルテージが高まっていく。

その後、満を持して登場した2人は、岡野の「ワシらがポルノグラフィティじゃ!」という言葉から「今宵、月が見えずとも」でライブをスタート。早速観客からは手拍子が巻き起こり、フロアを揺らしていく。

続くロックナンバー「THE DAY」で、フロアの熱をもう一段階引き上げた後、岡野は「SWEET LOVE SHOWERは初めて出させてもらうんだけど、こんな素晴らしい光景があるとは…」と、観客の盛り上がりに万感の面持ち。

一方新藤は、「こんなにみんなが楽しんでるのを見ると、こっちも負けないように楽しまないと。いつも思うけど、フェスってそっち(観客側)の方が楽しいよね?」と、つい本音を口にし笑いを誘う。そこから「オー!リバル」では、岡野がラテン風のナンバーを情熱的に歌い上げ、観客からも惜しみない拍手が贈られる。

そして、「みんな楽しんでくれてる? とにかく今日初めて出させてもらった我々の使命は、みんなが一つになればいいんじゃ。次の曲は、サビで変な踊りをするんで真似してくれ!」(岡野)という言葉から人気曲「ミュージックアワー」が披露されると、観客からはすさまじい歓声が。

サビでは岡野の腕振りに合わせて、観客が一斉に腕を上下左右に振っていき、言葉通りの一体感を醸し出していく。「まだまだポルノグラフィティ、手を緩めるわけにはいかないんです。さっきも言ったけど、心を一つにするんじゃ! 叫べ!」という岡野のあおりから、観客が「フゥフゥ♪」というフレーズを大合唱する場面も。

さらに、「みんなの持ってるタオルを掲げてくれ!」という岡野の要求に応え、フロアが色とりどりのタオルで埋め尽くされる中、「ハネウマライダー」で畳み掛けていく。サビではタオルが一斉に回る感動的な光景が展開された。

あっという間に最後の曲となり、「ありがとう! この光景は絶対忘れんからな! 最後まで楽しんでくれよ!」という呼び掛けから、岡野が「アポロ」を歌い出すと、観客の驚きは瞬時に爆発的な盛り上がりへ発展。代表曲を惜しげもなく披露し、宣言通りに観客の心を一つにまとめてみせた。

■ CORNELIUS

夜の入り口に差し掛かるMt.FUJI STAGEは、スピーカーから終始波の音が響き渡り、まるで嵐の前の静けさのような雰囲気に。ステージ脇のモニターには、粒子が溶けたりにじんだり、輪の形に集まったりする映像が延々と流れ、セッティング中から独特の空気がステージを覆っていく。

そんな舞台でライブを行うのはCORNELIUS。Yellow Magic Orchestraをはじめ、数々のバンドのサポートやプロデュースを務めてきた小山田圭吾(Vo/Gt)が、ことし自身のユニットで実に11年ぶりとなるアルバムをリリース。国内外から大絶賛を集める中、ライブ活動も精力的に行い、ついに今回同フェス初参戦を果たした。

ステージ前に張られた白い布をスクリーンに見立て、そこにバスドラムの鼓動とシンクロした映像が流れると、「あなたがいるなら」のイントロ部分が流れ出す。時折ステージ後方の照明によって、小山田らバンドメンバーのシルエットが浮かび上がる中、布が落とされると同時に「いつか/どこか」からライブをスタート。

白いシャツに黒のスキニーパンツという、そろいのいでたちで横一列に並んだ4人は、メロウでありながら猛烈にタイトな演奏を見せていく。小山田のギタープレイの特徴とも言える、ワーミーとデジタルディレイを駆使したソロにも大きな歓声が上がる。ステージ後方のスクリーンにVJも展開され、ライブはさながらアートのような雰囲気に。

2曲目は「Drop」。先ほどまでキーボードを演奏していた大野由美子がベースに、堀江博久がギターにそれぞれ持ち替え、重層的なコーラスと音数の少ないハネたビートを展開し、観客の体を揺らしていく。おなじみの咳き込みを合図に、今度は小山田がテルミンを操作するなど、各自がマルチに楽器を入れ替えていく。

続く「Point of View Point」では、あらきゆうこ(Dr)のすさまじい変拍子のドラミングがビートをグイグイと扇動。他の楽器が非常に簡素な、手数の少ない演奏をしていながら、あらきが圧倒的な手数を駆使することで、どこにもないグルーヴを醸し出す。

ここまでの複雑に音が絡まり合うスリリングなサウンドから打って変わって、「Count Five or Six」では一気にハードロック調となり、これまで溜め込んできたものを爆発させるような演奏に。そこから「I Hate Hate」へなだれ込むと、重厚感のある力強い演奏に観客も圧倒されていく。

「Fit Song」では、舌を鳴らした音などさまざまな音色を取り込みつつ、居合抜きのようにピンポイントでブレークやキメを合わせていく“神業”のような演奏を披露。かと思えば、後半は非常にファンク的にサウンドを練り上げてみせ、その緩急を前にした観客たちは、半ば呆然と見守っている状態に。

「Gum」では再び直線的なハードロック的サウンドに回帰。曲間の豪快なインプロビゼーションでは、音を出したり止めたり、機械的な振る舞いを見せ、観客からも大きな歓声が沸き起こる。

ライブも終盤に差し掛かる中、披露されたのは「Star Fruits Surf Rider」。サビ前のピッキングハーモニクスが印象的だが、小山田が口笛を吹き、堀江もトランペットを演奏するなど、この日演奏された曲の中で最もきらびやかなサウンドに。“渋谷系”の名残を感じさせるナンバーに、多くの観客が酔いしれていた。

そして、ラストを飾ったのは「あなたがいるなら」。堀江のキーボード、大野のシンセベースに乗せて、小山田が穏やかに歌うラブソングが、すっかり日の暮れたステージに優しく響き渡る。すべての音が雑然としているようでいて、実は非常に計算し尽くされたそのパフォーマンスに、観客たちはただただ衝撃を受けていた。

この曲の最後、スクリーンには“Thank you very very much,everyone. Mellow Waves”という文字が躍り、メンバー4人が前へ出てきて整列し、一礼。ついに一言もMCをしないまま、さっそうとステージを後にした。

■ サカナクション

この日の大トリを務めるのはサカナクション。観客が両手の平で三角を作って待ちわびる中、メンバーがステージに登場。山口一郎(Vo/Gt)は一礼の後「どうも僕たち私たちサカナクションです!」の一言からライブをスタート。

前半で早くも「アルクアラウンド」が披露されると、フロアの揺れもこの日一番と断言できるほど大きなものに。終始大合唱となるなど、観客も全身全霊で楽しんでいる様子。続く「三日月サンセット」では、アーバンな佇まいのエレクトロファンクを聴かせ、他の曲とはまた違ったアプローチで観客を揺らしていく。

そんな中、山口は「SWEET LOVE SHOWER、楽しんでますか? 皆さん僕のダンスで踊れますか! 恥ずかしがらずにみんなで踊ってみましょう!」と、自ら率先して踊ってみせる場面も。中盤には、月や宇宙、オーロラなどの映像がモニターに映し出され、レーザー光線を用いたド派手な演出も展開した。

その後、山口の「準備はいいか!」という言葉を合図に、サウンドは一気にハウス調に。さらに、彼らのライブではおなじみとなった、5人が一列に並んでPCを操作するクラフトワーク風のパフォーマンスへ。その際、メンバーが身に付けたサングラスや衣装が電飾となるという、美しい光の演出もパフォーマンスに花を添えた。

間髪を入れず、そのままの体勢で「ミュージック」へなだれ込む。山口が両手で三角マークを作ってみせると、観客も一斉にそれを返していく。手拍子が続く中、終盤のカタルシスでは観客の大合唱が巻き起こった。

そして「皆さんまだまだ踊れますか? じゃあこの曲で踊ってくれ!」(山口)という言葉から、アンセム「アイデンティティ」を投下。もちろんここでも大合唱となり、底知れない一体感がステージを覆い尽くしていった。

本編ラストの曲を終えたところで、山口は「皆さん楽しんでいただけたでしょうか? 本当は今の曲で終わりなんですが、アンコールの時間もいただけたので、もう1曲やらせていただきます。来年もまたここに立てるように頑張りますんで、よろしくお願いします!」と語り、アンコールとして「目が明く藍色」を披露!

観客からも「マジか!」といった驚きの声が上がる中、楽曲の序盤、中盤、終盤でさまざまな顔をのぞかせていく。特に中盤以降の壮大なサウンドには、多くの観客が最後の力を振り絞るように体を揺らしていった。最後は山口が再度情感たっぷりに歌い上げ、大盛り上がりのライブを締めくくった。

https://news.walkerplus.com/article/124851/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス