最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

中国・習近平、後継者不在の揺るぎなき完全独裁体制へ…「チャイナセブン」刷新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国では第19回目になる5年に一度の中国共産党の党全国代表大会(党大会)が始まったが、最大の焦点である最高指導部人事が固まった。中国共産党8900万人の党員のトップに立つ7人の党中央政治局常務委員には、習近平国家主席(党総書記)と李克強首相が留任するほか、新たに栗戦書・党中央弁公庁主任と趙楽際・党部組織部長が昇格することがわかった。

これで「チャイナセブン」のうちの4人が決まったが、あとの3人は混沌としているものの、当初は「ポスト習近平」のナンバー1として下馬評が高かった胡春華・広東省党委書記が外れることは確実。この代わりに、王滬寧・党中央政策研究室主任、陳敏爾・重慶市党委書記、汪洋・副首相という顔ぶれになることが予想される。

また、習氏の信頼が極めて高く、これまで反腐敗運動の指揮をとってきた王岐山・党中央規律検査委員会書記は常務委員会を出るが、「国家副主席」といった常務委員会に出席できる特別な職務に転じる可能性が強い。北京の中国筋が明らかにした。

●チャイナセブン

今回の第19回党大会は18日に始まって、ほぼ1週間程度で終了。翌日には新たな5年間の任期中の最初の党中央委員会総会が招集される。これが党第19期中央委員会第1回総会(1中総会)だ。この場で、「チャイナセブン」といわれる党政治局常務委員7人と、常務委員を含む党政治局員が選出される。党政治局員はこれまで25人だったが、定員は決まっておらず、25人前後となろう。

人事での最大の関心事は、いうまでもなくチャイナセブンの顔ぶれだ。確実なのが、前期の7人のメンバーのうち、年齢の関係で5人が引退し、年齢制限にひっかからない習氏と李氏が残留する。党政治局常務委員会には定年はないが、不文津として党大会開催時に68歳以上は引退するとなっており、これまでも、その不文律が守られてきた。

しかし、習氏としては不文律を無視して、現在69歳だが右腕とも頼む王岐山氏をチャイナセブンに残すとの意向が強かったものの、王氏が固辞したことで、残留させることを断念。とはいえ、そのまますんなりとは引退させずに、国家副主席といった名誉職的な地位に就けて、習近平指導部体制を側面から支えてくれるように協力を要請したという。

王氏が常務委から外れることで、新たな指導部世代である第6世代から、習氏が信頼する若手の腹心のホープである陳敏爾・重慶市党委書記がチャイナセブン入りする可能性が強まっている。

陳氏は、もともとは浙江省の新聞社社長で、習氏がトップ時代、習氏のコラムのゴーストライターをしたことで目をかけられて、その後16年以上も腹心として忠誠を誓ってきた。習氏にとっては都合の良い「イエスマン」だけに、かたちだけチャイナセブンにしておけば御しやすいとの思惑も働いているとみられる。

香港メディアのなかには「第6世代の党最高指導部入りはなし」と報じるところもあるが、それはかつてポスト習近平の最有力候補だった胡春華・広東省党委書記を外す方便ともいえる。すでに、やはりポスト習近平の最高指導部入りがうわさされていた孫政才・元重慶市党委書記が汚職問題などで党籍はく奪され、失脚しており、胡氏も習氏から狙い撃ちされているとの見方が強いからだ。

香港メディアは「陳氏の場合は、政治局員すら経験しておらず、政治局常務委員としては役不足」と報じているが、実は習氏が2007年の第17回党大会で最高指導部入りした際も、政治局員ではなく、その格下の中央委員と、今の陳氏と同じ状況だったことを考えれば、最高指導部人事といえども、最高指導者の習氏の判断次第という要素が強いといえる。

●毛沢東然とする習近平

習近平指導部の新体制でもっとも重要なのは、ナンバー2の李克強首相を牽制するため、ナンバー3に誰を起用するかだ。さらに、習氏自身と李氏、さらに前述した陳氏を除いた4人のメンバーを誰にするかだ。

まず、ナンバー3問題は、官房長官役としてこれまでの5年間、習氏を支えてきた栗戦書氏が順当だ。栗氏はこれまでのナンバー3だった張徳江・全国人民代表大会(全人代)常務委員会委員長のあとを襲って、同委員長職を引き継ぐことになる。

また、「反腐敗」の旗を先頭で振り続けてきた王岐山氏の代わりに、趙楽際氏が党規律検査委書記に就任し、王氏同様、汚職摘発の名を借りて政敵を追い落とす“汚れ役”を引き受けることになる。

残る2人の常務委員は前述したように汪氏と王氏の両氏となる可能性が高い。汪氏は胡春華氏同様、中国共産主義青年団出身だが、途中で変節し、いまや習氏に忠誠を誓っている。王氏は習氏のブレーンとして、これまでも政治、外交の重要な政策を取り仕切った実績があり、チャイナセブンには申し分がない実績を有する。

このようにみてくると、今後5年間の習近平新指導部体制は盤石ともいえる。ただ、ひとつ不安定要因があるとすれば、政治的な実力が不透明な陳氏だろう。いわば、陳氏は唯一の若手であり、習氏の「後継者」的存在だけに、その立場を勘違いして力を誇示する場面が出てくれば、「出る杭は打たれる」ことも考えられよう。

かつて毛沢東の後継者に指名された林彪副主席がクーデターを失敗し命を失ったほか、最高実力者だった鄧小平の意を受けて党総書記に就任した胡耀邦、趙紫陽両氏が相次いで失脚した例もあるだけに、チャイナセブンとしての陳氏の立場は極めて不安定となることも予測できる。

このため、習氏はあえて「後継者」然とした陳氏の登用を土壇場になって見送ることも考えられる。そうなれば、上海市党委書記の韓正氏の常務委員会入りの芽も出てこよう。

いずれにせよ、いまや毛沢東然として最高権力者として君臨する習氏は党主席制度の復活も画策しているだけに、その成否次第ではチャイナセブン人事もいくぶんかの調整がなされることも考えられる。
(文=相馬勝/ジャーナリスト)

外部リンク(ビジネスジャーナル)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス