車種やドライバーの様子でみる。あおり・危険・暴走ドライバーの見分け方



東名高速道路の走行車線で夫婦二人が引きづり出され、後続のトラックに撥ねられ死亡した事件があった。日をおかずしてまたも、走行車線に車を止めさせ口論中に、後続車に撥ねられるという事件が起きた。
 こういう暴走・ドライバー、危険ドライバーに遭わない為にはどうしたら良いのか。
・車線変更を繰り返す
 説明不要。巻き込まれて事故に遭うのはバカらしい。追い越しされても「カッコいいですね」ぐらいに思っておく。

・前の車のドライバーが運転中、窓から腕を出す
 これはちょっと要注意。最初から腕を出していれば良いのだが、運転途中に腕を出した場合、威嚇行為の可能性もある。さらに出した腕でドアを叩いたりしていら何らかの意思表示をしているという事だ。前の車が後ろの車にムカついた場合、急停止くらいしかない。それだと事故の可能性もあるので、とりあえず腕をぶらんぶらん出して後ろの車に「どうしたんだろう」と思わせる目的がある。

・アルファードが何台か連続して停車
 いわずと知れたヤクザが好む車である。一台ならともかく、二台以上停車していたらなるだけ、大人しくスルーする。

・クラウンなどのナンバーが蛍光だったりエンブレムが金色
 元暴走族関係の人間の可能性がある。元暴走族の人間は大人なってからは得てして、静かな対応をするものだが、ここで警告と言っているのは、彼らの昔の血を騒がせるような煽り、クラクション、バッシングなどは止めた方が無難だという意味である。

・小さい車に男性が四人くらい乗っている
 男性四人でぎゅうぎゅうの車になぜ乗る必要があったのかを考えると、乗らざるを得なかった緊急事態が彼らに起こったとみられる。運転が荒っぽかったりしたらなおさらだ。

・団体名が書いてあるトラック
 以前は暴走族のステッカーを貼ったバイクなどが見られた。その延長線上に彼らのメンタリティがあると思われる。そっと距離を取るほうが無難だ。

・地方の軽自動車
 東京都内などでは軽自動車は肩身の狭い思いをする傾向がある。つまり
煽られたり無理な追い越しをかけられたり。しかし地方都市に行くと軽自動車には元ヤンが愛用していたりする。軽自動車たからといって甘く見てはいけない。
 これらが全て当てはまる訳ではないが、道路上で酷い事件が連続している昨今、「もしかしたら」という事をアタマに入れて運転してみてはいかがだろうか。(編集部)


あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス