最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

『ドクターX』泉ピン子の“クビ切り”は大正解!? それでもくすぶる「不安要素」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回で第5シリーズを迎えた米倉涼子主演の超人気ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の初回が10月12日に放送され、20.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の高視聴率をマークした。初回視聴率では、第2シリーズ(2013年)の22.8%、第3シリーズ(14年)の21.3%に及ばなかったものの、4シーズン連続の大台超え発進で、変わらぬ人気を示した。

今年放送された民放ドラマでは、4月期の天海祐希主演『緊急取調室』(テレビ朝日系)が初回17.9%で最高だったが、『ドクターX』初回が、それを大きく上回り、今年初の20%台を記録した。

今シリーズの舞台となる東帝大学病院では、初の女性病院長・志村まどか(大地真央)が誕生。志村院長は患者ファーストを掲げ、クリーンな医局を取り戻すべく、大改革を推し進めていた。しかし、志村院長は不倫問題で失脚、北海道に飛ばされていた蛭間重勝(西田敏行)が病院長に復帰し、再びカネと欲にまみれた組織へと逆戻りし始めるという。

「昨年の第4シリーズですこぶる不評だった、副院長・久保東子役の泉ピン子を外させ、逆に第4シリーズでレギュラーから外れたものの、待望論が多かった海老名敬医師(遠藤憲一)を復帰させたのは正解。初登場の猪又孝医師(陣内孝則)に違和感を覚える視聴者もいたようですが、『たいして気にはならない』という人も少なくない。また『ドクターX』がウケているのは、医療ドラマではあるものの、『水戸黄門』(TBS系)ばりの“勧善懲悪”の世界だからこそ。クリーンな医局を目指した志村院長が早々に去り、“悪”の蛭間院長が復活する展開も大正解なのではないでしょうか。さすがに5シリーズ目となると、マンネリ感は否めませんが、今後も20%前後の視聴率をはじき出すと思われます」(テレビ誌関係者)

唯一の不安要素は、第1シリーズから、かかわってきた中園ミホ氏が脚本から外れた点。今シリーズでは、林誠人氏、寺田敏雄氏、香坂隆史氏の3人が担当する。初回は林氏が脚本を手掛け、時事ネタをふんだんに盛り込み、封印されていた米倉の入浴シーンも冒頭で久しぶりに復活。若干コメディタッチになったのは気になるところだが、『ドクターX』の看板は、そう簡単に揺るぎそうにない。
(田中七男)

外部リンク(サイゾーウーマン)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス