大家志津香、AKB48“ランク外コンサート”を心配「入ったばかりの子は苦しいやろうなあ~」

10月8日、幕張メッセで開催される『AKB48グループ感謝祭』は6月17日に開票結果が発表された『第9回AKB48選抜総選挙』(AKB48 49thシングル選抜総選挙~まずは戦おう!話はそれからだ~)の結果をもとに「ランクインコンサート」と「ランク外コンサート」としてイベントが行われる。

これまでもランクインメンバーと圏外メンバーに分けてコンサートを開催しているが、2016年は「今年はランクインできました祝賀会」を横浜アリーナで行い「来年こそランクインするぞ決起集会」を同日同時刻に神奈川県民ホールで開催していた。

今回は幕張メッセで「AKB48グループ感謝祭 ~ランクインコンサート~」を17位~80位メンバー(開演11:00)、1位~16位メンバー(開演15:00)の2回に分け、圏外メンバーは別ホールで開催される「AKB48グループ感謝祭 ~ランク外コンサート~」(開演15:00)に出演する。

昨年に続き今年も圏外だった大家志津香はイベントが近づく10月3日、『大家志津香(しーちゃん)(ooyachaaan1228)ツイッター』で「ファンの人もAKBのシビアなシステムに慣れすぎて感覚麻痺してるのか」と懸念している。ファンが何の曇りもなく「ランク外コンサート楽しみ!」とツイートしているからだ。

AKB48の4期生である大家は何度も“選抜総選挙”で辛酸をなめており、圏外メンバーの気持ちが分かる。それだけに「ランク外コンサート」という呼び方について「だいぶ悲しいコンサート名だと思うよ。笑」とつぶやいた。さらに「中学生の子とか入ったばかりの子は、苦しいやろうなあ~。心配になっちゃうよ。負けずに真っ直ぐな子に育ってほしいよ」という。

そんな大家のつぶやきに、やはり圏外の痛みを知る5期生の宮崎美穂が反応して「ちなみにうちらに配られる資料には『圏外コン資料』って書いてあってそっと枕を濡らした」と明かす。それを受けて大家も「うん、みんなしっかり心に傷を負ってるね。笑」とうなずくのだった。

「ランク外コンサート」に出演する若手メンバーは、大家や宮崎のように傷心に打ち勝ってきた先輩の姿から学び頑張ってほしい。

画像は『AKB48 宮崎美穂(24) 2017年7月6日付Instagram「昨日お仕事おわりにしーちゃんと沖縄料理を頂いたんだけどとっても美味しかった~」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ