最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

尾上松也SPインタビュー「『笑点』に出演できるなら絶対に…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
歌舞伎俳優としてはもちろんのこと、TVや舞台など幅広いジャンルで活躍している尾上松也。10月9日(月)に放送されるSPドラマ「BS笑点ドラマスペシャル 桂歌丸」(夜7:00-8:54、BS日テレ)では“笑点の顔”桂歌丸を演じる。“クソバカ真面目”な落語家・歌丸の波瀾(はらん)万丈の半生を描いた本作の見どころなどを、撮影を終えたばかりの松也に聞いた。

■ 歌舞伎と落語に通じるものを感じる

――クランクアップを迎えられた、率直なお気持ちを教えてください。

撮影は短い期間でしたがいろいろな出来事が起こるドラマでしたので、無事にやり遂げられてホッとしているというのが、正直な気持ちです。

――撮影前には歌丸さんと初対面されて、いろんなお言葉をいただいたということですが、プレッシャーなどは感じましたか?

歌丸さんにお会いするまでは、どのように、どれだけ(ご本人に)寄せていけばよいのかと悩んでいましたが、そういうことから開放されました。

僕が「あのときはどのような感じでしたか?」と伺うと、謙遜されながらも「いやいや、そんな大層なことじゃない」とおっしゃってくださいましたので、自分が思うこの作品の“歌丸像”を演じればいいのかな、と吹っ切れた気がしました。もちろん歌丸さんのフランクな人柄のおかげでもあったと思います。

――そんな歌丸さんを演じる上で、意識されたことはありますか?

はなし家としての空気をまとっていたかったので、言葉や着物の着こなしや所作など、細やかな動きは意識しました。ただ、一番には、歌丸さんが“ただ一つ、落語が大好きだということ”を大切にしましたね。歌丸さんは、紆余(うよ)曲折があっても根本的にはずっと落語のことを考えていらっしゃる方ですので、その雰囲気を一番大事にしました。

――落語にも挑戦されたと伺いました。「普段から歌舞伎と同じ日本の伝統芸能として落語を見に行くことがある」ともおっしゃっていましたが、実際に演じてみていかがでしたか?

今回、それはすごく良かったと思う点でした。劇中でも、今児(松也)の師匠・古今亭今輔(笹野高史)が「歌舞伎を見ろ」と語るシーンがあり、「所作や間、しゃべり方。そういうことを盗んで来い」と。まさにその通りだなと思いましたし、僕がある程度違和感なく落語に挑めていたのはその素養があるのかなと感じました。

ですが、それでも“人を笑わせる”ということがすごく難しくて…。“ここは笑ってほしいポイント”だと思うと意識し過ぎてしまいますね。そこをサラッと演じることが難しかったですし、思いきりすればいい! というわけでもないので、その差し引きが芸道の難しいところだと改めて思いました。

■ 泉ピン子、水川あさみとの共演を振り返る!

――本作には、母親の代わりとなり歌丸を育てた祖母・椎名タネ役で泉ピン子、後に歌丸の妻となる幼なじみ・冨士子役で水川あさみが出演。初共演のお2人との現場での雰囲気を教えてください。

泉さんは、本当のおばあちゃんのようにすごく愛情のある空気を作ってくださいました。あれだけの大先輩でありながら、非常にみんなのことを面白おかしく、楽しく盛り上げてくださって、ピン子さんがいらっしゃると現場がにぎやかになりましたね。

水川さんは高校の一つ先輩ですので学生時代から存じ上げていますが、あの頃はそんなにお話する機会がありませんでした。2年間学校生活を共にした先輩と、まさか夫婦という形でドラマ共演させていただけるとは思っていなかったので、とてもうれしかったです。

水川さんは非常に明るくて、良い意味で全然気を使わないでいられる方でしたので、撮影の合間も楽しく過ごすことができました。とてもありがたかったですし、僕自身もやりやすかったですね。水川さんとは夫婦役ですが、メロドラマのようなラブシーンがあるわけでも、抱擁するわけでもないのに、すごく愛に溢れている昭和らしい夫婦を演じられて楽しかったです。

――もし「笑点」に出演できるとしたら、司会、大喜利する師匠たちに仲間入りする、座布団運び、どのポジションがよいですか?

100%司会ですね! 絶対、司会でしょう! 大喜利は僕にはできないです(笑)。お題を出されてすぐに皆さん答えられてますけど、できやしませんよ! 本当にすごいです。もし出させていただけるなら、絶対に司会です! 皆さんに振るだけ。これに尽きます(笑)。

――最後に読者の皆さんに、今作の見どころをお願いいたします。

落語愛や家族愛…。多くの愛情に満ち溢れたドラマになっております。今、忘れられがちな日本らしさが凝縮していますし、国民的番組「笑点」がどんな方たちによって作られ、始まったのかという部分も垣間見ることができます。一つの“歴史ドラマ”としても楽しんでいただけたらと思います。

――歌丸さんには見ていただきたいですか?

見ていただきたいですね! 見てくださるでしょう!

https://news.walkerplus.com/article/123284/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス