RADWIMPSの野田洋次郎、松本潤に出会う前の印象を告白「2000倍位もうちょっと嫌な人だと…」


10月1日に放送された「ボクらの時代」(フジテレビ系)に松本潤RADWIMPS野田洋次郎、映画監督の行定勲が出演し、松本のジャニーズ入所のきっかけや野田が松本に出会う前に抱いていた驚きの印象などが明かされた。

松本潤、ジャニーズ入所への経緯は姉の影響?


野田がライブツアーとドラマの撮影が重なり、その間ほぼ一日の休みもなかったことを明かし、周りのスタッフから「これ(ハードスケジュール)はねえ、ジャニーズ(のタレント)はみんなやってるから」とよく分からない励まし方をされたと告白すると、その場が笑いに包まれた。

その話題の流れから、行定が「(そういったハードスケジュールが)当たり前のものだと思ってジャニーズに入ったでしょ?」と松本に質問をすると、松本は「そもそもそんな(ジャニーズ入所後のことは)考えてなくて」と語り、ジャニーズ事務所に入った経緯を説明し始めた。

松本は、二つ上の姉が友達から借りてきたジャニーズタレントの映像や本などを見た際に、「自分と同世代、自分よりちょこっと年上の人たちが歌って踊ってるのを見て、楽しそうだなあ」と感じたことが入所のきっかけだったと説明。

ジャニーズ入所後は「自分の地元で盛り上がっているファッションとか音楽とかっていうよりも(ジャニーズでの日々が)もっと先に行ってるから楽しかった」と当時を振り返った。

話題が変わり、結婚についての話になると松本と普段からプライベートでの交流がある野田は「(松本は)いいパパになりそうだよね」と語り、続けて「会う前の松潤っていう人はテレビとかでしか見たことが無いから、これ(実際)の50倍位キザで100倍位とっつきづらくて2000倍位もうちょっと嫌な人だと思ってた」と明かした。

松本は、野田の発言に思わず笑いだし「俺のイメージどんなだよ」とツッコミを入れると、その場に笑いが沸き起こった。すると、行定が「それ(野田の発言)は凄い褒めてるってことだよ」とフォローを入れ、野田は「会ったら、この人お父さんになれる人だ」と感じたと語っていた。

(担当・桧垣らいと)

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ