驚くほどの甘さ!スマトラ島からやってきたさつまいも さつまいも食べ比べ 第4回

TheNews

2017/9/28 20:00


女優の広瀬すずさんがさつまいも好きをツイッター頻繁に公言し、バラエティ番組で広瀬すずさんのさつまいも好きが放送され最近話題の秋の味覚「さつまいも」の食べ比べ第2回です。鹿児島県は作付け面積1万2千ヘクタール、収穫量が約32万トンと、全国1位のサツマイモ王国(※1)(ちなみに2位は茨城県約17万トン、全国合計は86万トンです。)。そこ東京・日比谷にある鹿児島県のアンテナショップ「かごしま遊楽館」で入手したさつまいもの内、今回は一番人気といわれている「安納紅」を試食します。

■スマトラ島からやってきた「安納いも」


安納紅は蒸しても焼いても美味しいと人気のさつまいもです。この芋も前回の「種子島ゴールド」と同様に種子島で栽培されています。太平洋戦争後、スマトラ島から引き上げたきた人がもってきたのが由来とされています。このように比較的新しい品種で、「安納いも」としてさつまいもと区別されることがあります。実際に他のさつまいもと違い、糖度がとても高く、粘性も強いのが特徴です。

安納紅

■クリーミーで濃厚な甘さ


見た目は丸みを帯びており、他のさつまいもより小ぶりです。色はうすい紅紫色です。

安納紅

蒸かしてみると、強い甘い香りが漂います。割るともっちりとして鮮やかな黄色の果肉が現れます。食べてみるとクリーミーな食感と、驚くほどの甘さが口に広がり、人気に納得の味です。水分も多くしっとりしており、また皮だけ食べても美味しいです。冷めるとやや硬くなりますが、甘さはさらにあがります。今回試食したさつまいものなかで最も早くなくなってしまいました。

安納紅
TheNews 独断調査班評価【甘さ:3、食感:2、皮:3、水分:3、冷えてから:3(3段階評価)】

あなたにおすすめ