歩くだけで脚の悩みが消える!余分な肉を取る「3本指ウォーク」

JIJICO



■間違った歩き方で、足が太くなっているかも!?
普段歩いているけど、足が細くならない。そんなお悩みありませんか?私も、そのうちの一人でした。自分が20キロ太って「さすがに何とかしないとマズイ」と思うまでは。
実は、ウォーキングはただ歩くだけで足が細くなったり痩せたりするものではないというのが、私の経験から感じるところです。正しい知識のないうちは普段の歩き方によって、太くする筋肉を使ってしまいます。
3本指ウォークにたどり着いたのは実体験に基づいたものでした。もともと、エステティシャンで働いていた経緯もあり、体重管理もせずに第一子を妊娠・出産後体重は20キロ増加していました。元エステティシャンなのでダイエットをしようとしたところ、母乳育児をしていたため、母乳がストップしそうになり、エステなら痩せると知っていたので通うにも2時間おきに授乳期の我が子を置いていけるほどの時間もお金もありませんでした。
ある日ふと、テレビを見ていた時にピアニストがピアノを演奏していました。ピアニストは長時間演奏していても、腕が太くならないのを見て、もしかして「指」が大事じゃないかと思い、その日を境に子供を抱き、できるだけ指を意識して歩くようになりました。
すると、自身の外反母趾の親指ばかりを使う歩き方をして痛めてしまい、「親指ばかり日常使っているのが歩いても痩せない原因では?」と発見したこと、そして、足の指は靴の中でほとんど動かさずに歩いていることでした。
そこで、ただのなんてことない日常の移動時間の全てを、足の指の人差し指・中指・薬指の指の3本指を意識して歩くようにしたところ、するすると20キロダウンしました。

■日々の移動時間が美脚タイムに!3本指ウォークとは?
「3本指ウォーク」とは、足の人差し指・中指・薬指の3本指を使って「美脚の筋肉」を活用することにより血行をよくし、冷え・むくみを撃退するウォークです。
方法は、
「歩く時に、足の人差し指・中指・薬指の3本に意識を集中させる」
たったこれだけです!
足の裏は繊細で4層の筋肉によって構成されています、足指から始まる筋肉を使うことで足裏のアーチを強化し、「ふくらはぎ」の負担を減らし、ほっそりした「ふくらはぎ」に繋がります。
また、O脚予防・外反母趾予防に繋がったり、ホッソリとした美脚を目指すことができます。全筋肉の約7割の筋肉を持つと言われる脚を歩いて筋力UPし、基礎代謝を促進、また痩せやすい身体作りを助けます。
親指は意識しなくても勝手に使えているので気にしなくてかまいません。人差し指、中指、薬指、小指は、意識しないと使えないのですが、小指は力を入れにくいので、あえてインパクトのある真ん中の3本指を使うというようにしてみましょう。
3本指ウォークはこんなお悩みの予防・助けになります。
  • 痩せにくいふくらはぎ
  • 下半身太り
  • インナーマッスル
  • 外反母趾
  • ひざのトラブル
  • 股関節の痛み
  • O脚・X脚
  • 腰痛
一般的な親指を中心とした歩き方では、ひざ関節は真正面にしか開かず、股関節も無理に開くことになり、腰にも負担がかかりやすいと個人的には考えています。無理な姿勢は、ひざを痛める元になったり、股関節痛、腰痛の元に。
全ての移動時間を「美脚になるご褒美時間」に変化させて、あなたの求めている美しい脚を手に入れてください。より詳細な方法が知りたい方には、サロンや講演、セミナー活動でもご紹介しています。興味がある方はお気軽にお問い合わせくださいね。
(飛鳥田 由理/美脚マエストラ)

当記事はJIJICOの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ