鈴木聖美デビュー30周年記念、鈴木雅之プロディースによるベスト盤リリース!心に響く名曲の数々

UtaTen

2017/9/28 12:01



鈴木聖美 名曲と卓越したヴォーカル・パフォーマンス


1987年、「シンデレラ・リバティ」(作詞:三浦百恵、作曲:アン・ルイス)で34歳にして堂々デビュー。
その後は、日本代表するソウル・ディーヴァとして活躍を続ける鈴木聖美がデビュー30周年を迎え、このアニバーサリーイヤーを記念して実弟である鈴木雅之プロヂュースにより制作されたベスト盤が9月27日リリースされた。

本作品は、ソロ・サイドとデュエット・サイドの2枚に分けられ、そこには30年の歴史を物語る名曲と卓越したヴォーカル・パフォーマンスが収められている。

代表曲「TAXI」「ロンリー・チャップリン」は勿論、本格デビュー前の「もしかして、I love you」n+(with シャネルズ 1982年)・「歌え!!レクイエム」(ガルフォース エターナル・ストーリー 1986年)も収録。

日本を代表するR&Bディーヴァ
デュエット・サイドでは、黒沢薫(ゴスペラーズ)、柳ジョージ、杉真理ら幅広いジャンルのアーティストやピーボ・ブライソン、マイケル・マクドナルドら米国を代表するアーティストとの共演も聴くことができる。

さらには、デビュー曲「シンデレラ・リバティ」の、初商品化となる1stコンサートの音源も加えた全33曲。

まさに、日本を代表するR&Bディーヴァの圧倒的にソウルフルなヴォーカルを体感できる決定版であり、ベスト盤の領域を遥かに超えた価値ある1枚。自信と誇りに裏打ちされたラヴ・ソングは、必ず聴く者の魂を揺さぶるはずだ。

☆ソニー・ミュージックダイレクト運営サイト
日本を代表するR&Bディーヴァ http://www.110107.com/kiyomi_GB

あなたにおすすめ