泰葉「ネジが外れ狂ってしまった」、“都知事選出馬”宣言の前日に元マネジャーを非難!

日刊サイゾー

2017/9/28 00:00


 お騒がせタレントの泰葉が、今度は次回の東京都知事選挙に出馬すると宣言した。

泰葉は27日のブログで、「政界関係者より私の弁明力が高く評価された事を真摯に受け止め 次期、都知事選に立候補することにしました」と報告。小池百合子都知事の任期満了は2020年だが、泰葉は「気の早い話しですが芸能活動を一点の曇りなく終了し 政界に進出するためにはとても良いスパンだと考えています」と説明した。

また、選挙演説さながらに「カジノ誘致に賛成です エンターテイメントを存分に発揮させ明るい東京にします」「私が受けた虐待経験を生かし いじめや暴力の根絶に尽力を注ぎます」「PTSDの障害を体験をもとに都民、国民のみなさまに理解を深めていただく努力」などと、自身の政策まで綴っている。

これに対し、ネット上では「子作りして、海外に移住するんじゃなかったっけ?」「政界関係者って、誰だよ」「出刃包丁とウンコを送りつける都知事……」「おい! 正蔵、なんとかしろよ」といった呆れ声が相次いでいる。

今月、元マネジャーの男性・A氏を逆恨みし、自宅玄関前に出刃包丁、犬のフン、脅迫状を放置したことを認め、情報番組『ミヤネ屋』(日本テレビ系)で謝罪したばかりの泰葉(関連記事 http://www.cyzo.com/2017/09/post_34424.html)。しかし、出馬宣言の前日26日、ブログで再びA氏を「ストーカー」呼ばわりし、「メディアへの発言も被害届を盾にコントロールし おびただしい金銭要求がありました」「ネジが外れ狂ってしまったとした考えられません」(原文ママ)などと非難している。

「現在、アメブロからの収入に頼って生活している泰葉ですが、CD制作費約600万円の支払いが滞っているだけでなく、クレジットカード、健康保険料、税金、車のリース代なども含めると、未払い金は1,000万円ほどに膨れ上がっているとか。また、現在、1日に何度もブログを更新している泰葉ですが、自分の行動をコントロールできていない可能性が高そう。ブログを更新することで心の平穏が保たれているとしたら、世間は話半分で見守るしかないでしょう」(同)

坂口杏里救済宣言、和田アキ子提訴宣言、タレント活動休止宣言……と、これまで幾度となく宣言と撤回を繰り返してきた泰葉。メンタルが心配だが、周囲に手を差し伸べる人間はいないのだろうか?

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ