「俺の家の前に駐車するな!」旅行者の車をラップで包んだ男性(英)

無料の場所とはいえ自宅前に何日も車が駐車されていると迷惑この上ない。空港の近くに住む住民らは、日々こうした煮え切らない思いを抱えて過ごしているようだ。このほど英リバプールで、旅行者が空港の高い駐車料金を節約するために近くのエリアに車を停めるという出来事が発生し、自宅前の迷惑な駐車に怒った住民がある復讐行為に出た。『Liverpool Echo』『Mirror』『Metro』などが伝えている。

9月19日のこと、リバプールのハンツ・クロスに住むニール・ジャングラスさん(36歳)は夕食を準備しようとしていた時、自宅前にシュコダ社のシルバー色の車が停まったのを目にした。

様子をうかがっていると、車から男女が降りてスーツケースを2つ取り出しタクシーに乗り込んでそのまま去って行ったという。ハンツ・クロスはリバプール市南部にあるジョン・レノン空港から2マイル(約3.2km)の距離にあり、高い空港の駐車料金を節約するためこのエリアに駐車して空港へ向かう旅行者が絶えないそうだ。

ニールさんは「もう2日間もここに駐車してるんだ。明らかに空港での駐車代を払うのが嫌で、ここに停めて空港までタクシーで行ったんだ。隣も我が家と同様、車を2台所有しているし、こういうことをされると住民の車を停めるスペースがなくなってしまう。この車のせいで、自分の車も自宅前に停められないじゃないか。こんな所にタダで車を停めて旅行に出ようなんてずうずうしいにもほどがある。サプライズで懲らしめてやる」と怒り、勤務先のコストコから業務用のラップを買って帰って、目の前の車をぐるぐる巻きにした。

それ以来この車は注目を集め、写真を撮る人まで現れるほどになった。マージーサイド警察もこの車を見に来たが、なにしろ駐車制限のない場所に駐車していること自体が違法ではないために、ラップに包まれた車をどうすることもできなかったようだ。

近隣住民らはこうした車が道を占領し、自宅前に駐車されたとあっては甚だ迷惑である。とはいえ違法ではないゆえに、ニールさんのような報復方法もいかがなものかとニュースを知った人たちからは賛否の声があがっている。

「この問題は、実際に空港近くに住んでいる住民しか理解できないと思う。旅行者の車が路肩を占領していて、住民の車が全く駐車できないとあっては大迷惑だから。」

「どの道路も24時間以上駐車しっ放しにしていると罰金にすべきだと思う。」

「誰でも駐車できるといっても、住民にとっては目の前の道路に自分の車を駐車することはごく当たり前のことなのよ。だからこの男性が怒るのもわかる。」

「空港近辺のエリアは、住民のみが駐車を許可されるという決まりを協議会は作るべき。」

「でも、駐車代が高いんだから無料なら駐車してもいいじゃないの。この男性、自分がホリデーに行く時は高い駐車料金を払う余裕があるから、こんな嫌がらせしてるんだろうね。」

「無料駐車が許可されている道路なんだから、誰が停めてもこの男性には関係ないだろ。どれだけ怒っても無意味だよ。」

「他人の車をラップで包むなんで馬鹿で暇な男だな。他にすることないのか。」

「帰って来た旅行者、ラップで包まれていたからこそ車が無傷で済んだことを感謝するんじゃない?」

なお今年8月にも、ベッドフォードシャー州にあるロンドン・ルートン空港近くの路上に駐車した旅行者の車が何者かによって「自分勝手な奴め!」と落書きされ、破壊される出来事が起こっていた。

画像は『Liverpool Echo 2017年9月23日付「Man cling-filmed car because he's sick of people parking outside his house and going on holiday」(Image: Jason Roberts)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ