【先ヨミ】TRIGGERの1stAL『REGALITY』が現在首位 小室哲哉参加曲も話題に

Billboard JAPAN

2017/9/21 14:10



今週のCDアルバム売上レポートから2017年9月18日~9月20日までの集計が明らかとなり、リズム・アクション・ゲーム『アイドリッシュセブン』よりTRIGGERの『REGALITY』が現在1位となっている。

『REGALITY』は、『アイドリッシュセブン』に登場するグループ・TRIGGERの1stフル・アルバムで、小室哲哉が提供した楽曲「DAYBREAK INTERLUDE」を含む全11曲が収録されている。本作は初動3日間で19,337枚を売り上げており、2位以下に大きな差をつけ首位を走っている。

2位はデビュー30周年を迎えるBUCK-TICKのオールタイム・ベスト・アルバム『CATALOGUE 1987-2016』で、3位の劇伴作家・澤野弘之によるボーカルプロジェクト“SawanoHiroyuki[nZk]”による2ndアルバム『2V-ALK』が、約500枚差と超僅差で後を追っている。4位には“アイマス”シリーズより『THE IDOLM@STER MILLION LIVE! M@STER SPARKLE 02』がチャート・イン。そして5位には、GLAYが20年前にリリースしたアルバム『BELOVED』にリミックス&リマスタリングが施された『BELOVED Anthology』が入っている。なお、2位から5位は約1,300枚差の接戦を展開しており、次週発表の週間結果では順位が入れ替わる可能性も十分にある。

◎Billboard JAPANアルバムセールス集計速報
(2017年9月18日~9月20日までの集計)
1位『REGALITY』TRIGGER 19,337枚
2位『CATALOGUE 1987-2016』BUCK-TICK 6,999枚
3位『2V-ALK』SawanoHiroyuki[nZk] 6,468枚
4位『THE IDOLM@STER MILLION LIVE! M@STER SPARKLE 02』(ゲーム・ミュージック) 5,811枚
5位『BELOVED Anthology』GLAY 5,672枚
※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。

あなたにおすすめ