井上芳雄、初のラジオドラマ出演に「充実した収録の時間でした」

ザテレビジョン

2017/8/28 15:39

StarSの一員として、ミュージカル界で確固たる地位を築く俳優・井上芳雄が主演を務める、NHK-FMのオーディオドラマ「また、桜の国で」が、8月28日(月)夜10時45分からスタート。井上はロシア人の父を持つ日本の外務書記生・棚倉慎を演じる。これがラジオドラマ初挑戦となる井上は「今回、ラジオドラマに初めて挑戦させてもらいました。その作品が、『また、桜の国で』だったことをとてもうれしく、光栄に思います」と喜びを語った。

本ドラマは、須賀しのぶの同名小説が原作。1938年秋、ナチス・ドイツに踏みにじられるポーランドで“真実”を見た日本人外務書記生が、さまざまな人との出会いの中で、国際関係の改善に奔走する物語だ。

日本とポーランドとの絆を心の原点に持つ若き外務書記生・棚倉慎(井上)は、ワルシャワの日本大使館に赴任。アメリカ人記者・レイ(中川晃教)、大使館の職員・マジェナ(坂本真綾)、駐ポーランド大使・酒匂(鈴木壮麻)、ユダヤ系青年・ヤン(亀田佳明)らと出会う。

しかし1939年9月1日、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が発生。人々の運命は、巨大な歴史の渦にのまれていく。戦禍のポーランドで慎が見る「真実」とは何なのか、そしてそこで慎が下す選択とは…。

国や民族という“大きなもの”に、たやすく自己を同一化できない出自の若者たちが、世界大戦の渦中で自らを問い、やがて個と個としての関係を結んでいく。

そして主演の井上が「今まで舞台で共演させてもらった方との再会、初めましての方との出会いもあって、充実した収録の時間でした」と語る共演者には、実力派シンガーや2.5次元俳優、声優など実力派キャストがズラリ。

シンガーソングライターとしての活動のかたわら、俳優としても舞台やミュージカルに多数出演する中川晃教は、アメリカ人記者、レイモンド・パーカー役で登場。

中川は出演に当たって「時代はいつも過ちを繰り返しながらも、それでも次の時代へと向かおうとする人たちがいる。全ては繰り返しなのかもしれない。しかし、平和のために。ショパンの『革命』、異国の地ポーランド・ワルシャワを舞台に、オーディオドラマだからこそ描き出せる壮大なドラマに、僕自身も感動を覚えながら、やらせていただきました」と力強く語った。

“マーヤ”の愛称で人気を博す声優であり、歌手としても活動する坂本真綾は、在ワルシャワ日本大使館職員のマジェナ・レヴァンドフスカを演じる。

坂本は、主演の井上について「井上芳雄さんとはミュージカルで一緒に二人芝居をしていますが、今回はスタジオでせりふのやりとりをして、また新たな面も発見できとても新鮮でした」と評し、「素晴らしいキャストの皆さんに囲まれて、学ぶことの多い充実した現場でした」と振り返った。

また、ミュージカル俳優として活躍する鈴木壮麻は、駐ポーランド大使・酒匂を演じる。

鈴木は「登場人物同士の会話空間の中心に据えられた一本の大きなマイク。その床には幾本もの線が放射状に引かれていて、共演者との距離感の設定に応じて立ち位置の指示を受ける。そして、対峙(たいじ)して交わされる選び抜かれた言葉の連鎖の向こうに広がる、何とも色鮮やかな心に残る情景の数々。この作品を通して、刻々と状況が変わって行く当時を必死に生きた人々の心をリスナーの皆さまと分かち合えたらと願っております」とアピールした。

その他の出演者は、亀田佳明、栗原英雄、菅生隆之、豊田茂、水野ゆふ、秋山エリサ、長谷川敦央、谷田歩、山本道子、粟野史浩、梶原航、林次樹、山本与志恵、佐古真弓、石橋徹郎、今泉舞、藤村真優、杉村透海、山崎智史、青木柚、山田瑛瑠、小嶋一星。

なお同番組は、28日から9月15日(金)まで計15回、平日の夜10時45分から15分間放送される。

https://news.walkerplus.com/article/119551/

あなたにおすすめ