菊川怜に上原多香子も…30代女性タレントに相次ぐ”男で失敗”の恋愛事情


 タレント・菊川怜(39)の別居婚生活を一部メディアが報じ、新婚生活の実態に注目が集まっている。4月に実業家の穐田誉輝氏(48)と結婚した菊川だったが、穐田氏は菊川との結婚報道直後に、4人の婚外子の存在が発覚。菊川サイドは当初「婚外子の存在を知っていた」とコメントしていたが、実際は報道が出る直前になって知らされたという。このことが菊川の中でくすぶり続けていると伝えられている。また、降板することになった『とくダネ!』(フジテレビ系)も、菊川が自身の問題に向き合う時間を作るため、自分から申し出たのではないかと囁かれているようだ。

また、こうした夫婦間の問題で今話題になっているのが、SPEEDの上原多香子(34)。上原は夫で2014年に自殺してしまったミュージシャン・TENNさん(享年35)の遺族が、『女性セブン』(小学館)に遺書を公開。上原が俳優の阿部力(35)との不倫関係にあったことが報じられた。TENNがすでに他界していることや、遺書の内容、そして生々しい上原と阿部のLINEでのやりとりに、上原にはバッシングが殺到している。

「上原はこれをきっかけに休業を発表し、いまだに沈黙を貫いたままの状態です。菊川の方のスキャンダルは、主に夫が原因であるため、一時的な露出減に留まるかもしれませんが、菊川も上原も、場合によってはそのまま芸能界をフェードアウトする可能性がありそうです」(芸能関係者)

芸能界の男女トラブルはまだまだ尽きることがないようだ。

■多忙な20代を経て気が緩みがちな30代

また上原には、さらなる男女関係の噂が浮上している。24日に発売された『週刊新潮』(新潮社)は、乙武洋匡氏(41)との間にかつて男女の関係があったのではと指摘している。二人は、上原が結婚する前にライブを見に行ったり、食事をするなど親密な交際があったのだという。

「上原はこういった不倫について、元SPEEDのメンバーであった今井絵理子参議院議員(33)に相談していたようで、今井は上原に熱心に指南していたという噂もあります。そんな今井も、神戸市議との不倫熱愛が報じらた。そのそのタイミングで上原の不倫もバレるかたちになったのは、何かしらの因果関係を感じてしまいます」(前出・芸能関係者)

そんな今井もしばらく雲隠れをしたのち、過日公務に復帰している。しかしこの報道により世間を大きく騒がせたため、近いうちに議員辞職に追い込まれるのは間違いないだろうという声が大きいという。

「上原と今井は、10代から20代にかけて華やかな芸能生活に邁進してきました。その影響もあり派手な男遊びも覚えてしまったようです。逆に菊川は、若い頃に恋愛をあまりしてこなかった。両極端な環境だった彼女たちですが、3人共に男性によって歯車が狂ってしまう結果になってしまいましたね」(芸能記者)

男絡みで人生が大きく変わり始めた女たちの今後に注目だ。
文・阿蘭澄史(あらん・すみし)
※1974年滋賀県出身。フリー記者。某在京スポーツ紙の契約記者を経て、現在は週刊誌等で活躍中。主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス