押井守&田中敦子、『ゴースト・イン・ザ・シェル』を語る 監督や少佐への思いとは

クランクイン!

2017/8/27 06:50

 士郎正宗によるSF漫画『攻殻機動隊』を基に、スカーレット・ヨハンソンを主演に迎えてハリウッドで映像化された映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』。8月23日にブルーレイ・DVDが発売された本作について、『攻殻機動隊』のアニメーションを手掛けてきた押井守と、主人公・少佐の声優を務めてきた田中敦子に、実写版の感想や少佐への想いについて語ってもらった。

【関連】『ゴースト・イン・ザ・シェル』フォトギャラリー

脳以外が全身義体の捜査官・少佐(スカーレット)が率いるエリート捜査組織「公安9課」と、脳をハックする脅威のサイバーテロリストが繰り広げる激闘を描いた本作。劇場アニメ『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』や『イノセンス』を手掛けた押井は、「真っ先に思ったのは、ルパート(・サンダーズ)大変だなと。(香港の)現場に行ったときも思ったけれど、あの規模の作品で監督をやるのは、たぶん並大抵じゃないから。どこで誰が何をやってるか、全然わからない」と大規模な制作を完遂したルパート・サンダーズ監督をねぎらう。

アニメ版に続き(『攻殻機動隊 ARISE』シリーズでは坂本真綾が担当)、本作の日本語吹き替え版でも少佐の声を務めた田中は、「最初、義体化を拡張という言葉に訳されていて、それでいったん録ったんですけど、義体化を使っても良いというハリウッドの許可が出て、私たちもしっくりきました」とアフレコの裏話を明かす。「(少佐は)一番近くて一番遠い存在だとずっと思っていて。演じているのは私なんですけど、孤高の存在で、憧れでもある。だからこそ長く演じられているし、演じることが楽しくもある」と少佐の魅力を語る田中だが、長いキャリアを送るなかでは、少佐との別れが訪れる可能性もあったという。

「今回もそうなんですけど、少佐は私でなくなる可能性のポイントが、何回もあったと思うんですね。テレビシリーズになるときはキャスティングが変わってもおかしくなかったし、『イノセンス』はガイノイドとして出てきて見た目が違うので、もちろん声が変わっていてもおかしくない。今回は実写版ということで、例えばスカーレットを吹き替えている米倉涼子さんとか、タレントさんで行く路線も考えられた」と振り返る田中。それでも、「そういうポイント、ポイントで私が離れてもおかしくなかったんだけど、少佐は私のところにいつもやってきてくれていたので」としみじみ述懐する。「選んでくれているのか、たまたまなのか、わからないですけど」と笑いながら語る姿は、キャラクターへの深い愛着を感じさせる。

押井監督に少佐を演じたスカーレットの演技について問うと、「人に向き合ったときの感情表現が、1クッションも2クッションもあるっていうかさ。隠している。隠しているというか、そういう感覚をかなり良く出している」と好評価。吹き替え版については「役者さんの立場で言うと自ずと違うのかもしれないけれど、日本語版を見たときに、最初はどうしてもアニメのキャラクターが第一声で頭に浮かんじゃう。でも、5分もするとあっという間に馴染んじゃう。スカーレットでありながら敦子さんになっているから、なかなか面白い体験だった」と振り返り、田中は「うれしいです。ありがとうございます」と微笑む。押井監督は、「聞き比べたらかなり面白いと思うね。個人的にはものすごく面白かった」と満足そうな表情を見せていた。(取材・文・写真:岸豊)

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』ブルーレイ・DVDは発売中。

あなたにおすすめ