NGT48北原里英に「女優として成功する可能性は微妙」卒業理由に妙な臆測も

日刊サイゾー


 新潟を拠点に活動するNGT48のキャプテン・北原里英が来春をめどにグループを卒業すると発表した。卒業後は、女優として活動していきたいとの意向を示しているが、業界内では「厳しい」との見方が強い。

「AKBを卒業して女優になるケースは数あれど、成功しているのはほんの一握り。総選挙で1位を獲ったわけでもない北原が、女優として活躍できる可能性は低いでしょう」(業界関係者)

北原は2007年にAKBの5期生として加入。15年3月にNGTへ完全移籍した。NGTのキャプテンとなってからは、グループの顔役として若手メンバーたちを牽引していた。

「HKTに移籍した同期の指原莉乃がやってきたように、AKBで培ったノウハウを新潟に根付かせるべく頑張っていました。少なくとも指原がHKTを卒業しない限りは、北原も同様に活動できるはずだと思うんですが……。確かに年齢的には26歳ということで、運営サイドが『そろそろ』と肩を叩いた可能性もあるでしょう」(同)

今年の選抜総選挙で、北原は自己最高の10位にランクイン。NGTのメンバーとしては荻野由佳が5位に躍進した。

「荻野の名前が売れたことで、北原的にも“お役御免”という気持ちになったのかもしれない。荻野は総選挙後にホリプロの所属になって、東京での仕事も急増中なので、“NGTのスポークスマンは荻野に任せた”ということなのだと思います」(同)

その一方で、北原が卒業を決断した裏側に、NGT特有のとある事情があるのではないかとささやく関係者もいる。アイドル事情に詳しい芸能ジャーナリストの話だ。

「NGTでは、以前から過激なファンによるストーカーまがいの行為が問題視されているといわれています。メンバーたちが生活をしている寮が特定され、周囲を怪しげな男性がうろついていたとの情報もある。地方を拠点に活動するアイドルの場合、東京と違って生活圏が狭く、ファンとメンバーがほぼ同じ生活圏で暮らしているので、プライベートでの行動が把握されやすい。北原の新潟の生活が、過激なファンにウォッチされていたという事実は出ていませんが、アイドルとして活動するには少々困難な部分もあったのかもしれないですね」

北原が卒業するのは来春であり、まだまだ時間はある。最高の花道を飾るためにも、女優として活躍するための土台をしっかり作ってほしいものだ。

当記事は日刊サイゾーの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ