洞窟・海中・地下へ…潜って見たい!絶景8選【東日本】涼しくて真夏からの脱出にも◎

じゃらんnews

2017/8/22 21:00


あぶくま洞

本格的な夏、到来!今回は、涼しく絶景が楽しめる潜って見に行きたい、おすすめ絶景スポットをご紹介致します!
そこは外の熱気さえも届かない特殊な場所…。神秘的な非日常空間に浸れば、それだけで暑さも時間も忘れてしまいそう。「ただ見るだけじゃ満足できない」そんな欲張りさんにもおすすめの、潜って冒険気分が味わえる絶景スポットばかり!ぜひ旅の参考にして下さいね!

記事配信:じゃらんニュース
1.龍泉洞【岩手県岩泉町】
まだ未解明の部分も!大人も子どもも一緒にワクワクできる場所。
龍泉洞洞内に棲むコウモリと共に国の天然記念物に指定されている

外の暑さが嘘のようときおり触れる声上げる冷たさ。
日本三大鍾乳洞の一つに数えられる洞窟。総延長は3600m分が判明しているが、まだまだ未知の部分も多く、実際は5000m以上と予想されている。そのうち700mが公開中だ。世界有数の透明度を誇る青い地底湖も見応えあり!
龍泉洞洞内で見つかっている地底湖は8つ。内3つが公開中だ
龍泉洞時間が産んだ芸術品のような鍾乳石にも目を奪われる
龍泉洞足元は整備されているが濡れているため滑りにくい靴で

◆8月の平均気温/10℃
龍泉洞
TEL/0194-22-2566
住所/岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字神成1-1
営業時間/8時30分~18時(5月~9月) ※季節により変動あり
定休日/なし
料金/高校生以上1000円、小・中学生500円
アクセス/東北道盛岡ICより2時間
駐車場/442台
「龍泉洞」の詳細はこちら
2.鳴沢氷穴【山梨県鳴沢村】
夏でもひ~んやり天然の冷蔵庫。自然の神秘に触れちゃおう!
鳴沢氷穴
洞窟探検から果物狩りまで、富士の恵みを堪能し尽くす大満足の一日に!
総延長153m、夏でも平均気温3℃の竪穴式洞窟をぐるりと1周してみよう。中を進むと、冬の間にできた氷柱や天然氷がお出迎え。溶岩流が作り出した不思議な空間に、自然の神秘を感じることができる。受付でのペットの預かりや、長靴・ヘルメットの無料貸し出しなどもうれしい。
鳴沢氷穴さまざまな洞窟の表情を楽しんで
鳴沢氷穴冬の間にできた氷柱は初秋くらいまでが見頃
鳴沢氷穴天井は低く、足元も滑りやすいので洞内は注意を
鳴沢氷穴階段でのアップダウンの多い洞内は冒険気分満点

◆8月の平均気温/3℃
鳴沢氷穴
TEL/0555-85-2301
住所/山梨県南都留郡鳴沢村8533
営業時間/8月1~29日:9時~17時45分(季節により変動あり)
定休日/なし(冬季は不定)
料金/中学生以上350円、小学生200円
アクセス/中央道河口湖ICより20分
駐車場/100台
「鳴沢氷穴」の詳細はこちら
3.波左間海中公園【千葉県館山市】
えっ!?海の中に鳥居!初心者もベテランも楽しめるダイビングスポット満載。
波左間海中公園高さ4mの大鳥居には、守り神のような存在のコブダイ

夏といえばやっぱり海。でも今年はいつもと違う遊び方にチャレンジ!
東京湾と太平洋のちょうど境目にあたる波左間の海は、絶好のダイビングスポット。珍しい海底神社や海の生き物を見ながら、暑さを忘れ海中探索へ出かけよう! 1本目(9時集合~11時頃)にはコブダイ頼子の出現率が高いので早めの予約を。
波左間海中公園6月頃からやって来るマンボウに会えるかも?
波左間海中公園海底神社や水中ドームのある「高根」のポイント
波左間海中公園海底神社で安全潜水を祈願。水温23~25℃

◆8月の平均気温/24℃
波左間(はさま)海中公園
TEL/0470-29-1648
住所/千葉県館山市波左間1012
営業時間/7時~17時
定休日/荒天時
料金/2ボートファンダイブ:1万4796円
アクセス/館山道富津ICより25分
駐車場/20台
「波左間海中公園」の詳細はこちら
4.大谷資料館【栃木県宇都宮市】
夏でも10~12℃の坑内気温が作り出す今だけの絶景も見逃せない!
大谷資料館巨大空間では、結婚式やライブが行われることも

人と自然との共存。ちょっと知的にアドベンチャー!
約70年の歳月をかけ、大谷石を採掘してできた巨大地下空間。8月頃は、外気温と地下坑内の気温差により発生した霞に外からの光が差し込み、幻想的な風景が現れることも。開館直後がおすすめ。最近は、縁結びのパワースポット・愛の泉も人気。
大谷資料館坑内の年間平均気温は8℃でひ~んやり
大谷資料館手堀りのツルハシのあとが残る石肌も注目
大谷資料館2万平方メートルの広さは、野球場が一つ入るほど

◆8月の平均気温/11℃
大谷資料館
TEL/028-652-1232
住所/栃木県宇都宮市大谷町909
営業時間/9時~17時(最終入館16時30分。~11月。季節により変動あり)
定休日/なし(~11月※12月~3月は火)
料金/入館料:高校生以上800円、小・中学生400円
アクセス/東北道鹿沼ICより20分、東北道宇都宮ICより15分
駐車場/300台
「大谷資料館」の詳細はこちら
5.伊豆海洋公園ダイビングセンター【静岡県伊東市】
魚の多い9・10月は伊豆のベストシーズン。透き通ったキレイな海で海中散歩はいかが?
伊豆海洋公園 ダイビングセンター様々な生き物が泳ぐ姿を間近で楽しめる

都心近くでキレイな海に潜れるダイビングスポット。シャワーや温水槽、大型コンプレッサーなどの整った設備、またレンタルも充実していて手ぶらで行っても楽しめる。
伊豆海洋公園 ダイビングセンター海の中から空を見上げるとまるで別世界!
伊豆海洋公園ダイビングセンター
TEL/0557-51-1129
住所/静岡県伊東市富戸841-1
営業時間/月~金:8時~17時、土日祝:7時30分~17時(潜水時間 5月16日~9月14日:8時30分~16時30分、9月15日~5月15日:8時30分~15時)
定休日/なし
料金/セルフダイビング:入園料(施設使用料)2484円、タンク(10リットル)スチール/アルミ2160円、ウェイト(ベルト付・バラ玉)540円、ウェットスーツ(上下)2160円他
アクセス/電車:伊豆急行線伊豆高原駅より東海バス伊豆海洋公園行き10分、伊豆海洋公園より徒歩すぐ
車:小田原厚木道路小田原西ICよりR135経由1時間45分
駐車場/乗用車200台(1日500円) 夏期プール営業期間中(~8月31日)は乗用車1日1000円 ※事前予約推奨、Cカードの提示がない場合は受付不可
「伊豆海洋公園ダイビングセンター」の詳細はこちら
6.首都圏外郭放水路【埼玉県春日部市】
ここは異世界…!? 日本とは思えない地下神殿。
首都圏外郭放水路調圧水槽は、地下トンネルを通って流れてきた水の勢いを弱め、スムーズに流す役割を持つ

国道16号の地下約50mにある、延長6.3kmの地下放水路。「地下神殿」と呼ばれる巨大かつ神秘的な調圧水槽を見学することができる。中学生以下の参加者は大人の同伴が必要。
首都圏外郭放水路荘厳な雰囲気の空間には、巨大な柱が59本も
首都圏外郭放水路模型や映像で分かりやすく巨大施設や洪水のことを学べる
首都圏外郭放水路倉松川の水位が上昇するとここから水を流入し、洪水から守る

◆平均気温/18℃

※写真提供:国土交通省 江戸川河川事務所
首都圏外郭放水路
TEL/048-747-0281
住所/埼玉県春日部市上金崎720
営業時間/夏休み期間中は10時~、11時~、13時~、15時~
定休日/日・月、土は月2回のみ開催
料金/なし ※要予約。28日前よりHP・電話にて受付
アクセス/電車:東武南桜井駅よりタクシーで7分
車:東北道岩槻ICより30分
駐車場/30台
「首都圏外郭放水路」の詳細はこちら
7.島崎酒造【栃木県那須烏山市】
年間平均気温は10℃!洞窟酒蔵で探検家気分。
島崎酒造雰囲気ある洞窟は、映画やテレビのロケ地として使用されることも

戦車を製造するために建造された地下工場跡を利用した酒蔵。総延長600mにもおよぶ長い坑道は、ほとんど手掘りで作られたもの!ほの暗い洞窟の中を進めば探検家気分に。
島崎酒造定番酒から長期熟成酒、季節限定まで自慢の酒は多彩な品揃え
島崎酒造洞窟の入り口は、お店から車で5分くらいのところにある

◆平均気温/10℃
島崎酒造
TEL/0287-83-1221
住所/栃木県那須烏山市中央1-11-18
営業時間/10時~16時
定休日/見学無料
アクセス/電車:JR烏山駅より徒歩10分
車:東北道矢板ICより40分
駐車場/20台
期間/4月~11月の土日祝、8月11~16日に開放
※開放日以外は、前日までに要予約
「島崎酒造」の詳細はこちら
8.あぶくま洞【福島県田村市】
したたり落ちる地下水が造り上げた芸術。
あぶくま洞高さ約29mにおよぶ洞内最大のホール「滝根御殿」。色々な鍾乳石を観察できる

全長約600mの洞窟に、種類と数の多さでは東洋一ともいわれる鍾乳石がびっしり。およそ8000万年をかけて造られた自然の造形美に見惚れること必至。ライトアップも絶妙。
あぶくま洞幻想的にライトアップされた、モミの木のような巨大な石筍「クリスマスツリー」
あぶくま洞洞窟の最後を飾る「月の世界」。調光システムで一日の太陽の動きを演出

◆平均気温/12℃
あぶくま洞
TEL/0247-78-2125
住所/福島県田村市滝根町菅谷字東釜山1
営業時間/8時30分~17時 ※季節により異なる
定休日/なし
料金/入場料高校生以上1200円、中学生800円、小学生600円
アクセス/電車:JR神俣駅よりタクシーで5分
車:磐越道小野ICより15分
駐車場/700台
「あぶくま洞」の詳細はこちら

※紹介している絶景スポットは天候や環境の変化により見られない場合があります。
※気温や目安時間は編集部の取材に基づくものです。
※この記事は2017年8月時点での情報です

あなたにおすすめ