極妻に多い職業は○○!?  顔は「綾瀬はるか」「岡本夏生」がヤクザに人気


 今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。

■ヤクザと“なんとなく”結婚

「なんでヤクザと結婚したんですか?」

編集者さんからドストレートなご質問をいただきました。ボケてもよかったのですが、お仕事をいただいている以上、そうもいかず、正直に答えました。

「オットは、幼稚園から中学校まで同級生だったんですよ。中学から服装が不良っぽくなっていきましたが、卒業しても実家は近所で、親同士も知り合いだったので、道で会えばあいさつくらいはしていたんです」
「そこから結婚に至るって、どういうことなんですか?」
「なんとなく、ですかねえ」
「なんとなく……ですか」

編集者さんは腑に落ちない表情でしたが、本当になんとなく、という感じでしたね。高校を卒業してOLになって、しばらくして地元の駅前でバッタリ会って「なんとなく」食事に行って、その後も「なんとなく」つきあっていたんです。

今思えば、オットはカタギのオンナと結婚したかったのだと思います。そういうカタギに憧れるヤクザは多いんです。私は私で、決まりきったOL生活に飽きていたってこともありました。

最近は暴力団排除が厳しくなって、ヤクザと結婚したいと考える女性はまずいないと思いますが、昔はわりと結婚していた気がします。もちろん私の両親は怒って絶縁状態でしたが、孫が生まれたらおとなしくなりましたね。

■ヤクザにとって自慢の「極妻」とは

意外かもしれませんが、カタギ出身の極妻は少なくありません。看護師さんが比較的多いのですが、入院の時などにナンパしているからだと思います。あとは保険の外交員さん、事務所近くの小料理屋の若女将やスーパーの店員さん、会社の事務員さんなどもいらっしゃいました。用もないのに「近所だから」とせっせと通ってナンパしている光景はなんとなく微笑ましいですね。

ヤクザがカタギと結婚するのは、ある意味ステイタスと言えます。ヤクザが妻を自慢するのは、カタギ出身か、うんと年下の美女か、クラブや小料理屋の稼ぎのいい経営者、といったところですね。

中にはどこで知り合うのかファッションモデル出身とか、落ち目のタレントさんとかもいます。以前は芸能界とも関係が深かったので、知り合う機会もあったのかもしれませんね。びっくりするような有名人をカノジョにしているヤクザもいます。

ちなみにとってもきれいなモデルの姐さんがいたのですが、オットたちには不評で、「背の高い姐さん」と呼ばれていました。「美人」とか「モデル」はスルーなんですよ(笑)。そのご主人はガタイがよかったのですが、ヤクザは背が高くない人も多く、スラっとしたモデル系は、カノジョはともかく「嫁にする」というのは抵抗があるようでした。

オットが亡くなってからも、LINEなどでやりとりしている姐さんたちもいますが、基本的に極妻たちが「めっちゃ仲よし」という関係は、実は多くないと思います。

今はそんなこともありませんが、以前はいつ抗争になるかわからず、オット同士が敵対する可能性もあるので、極妻たちの間に、それほどディープに付き合おうという雰囲気はなかったんです。それに、なんだかんだで忙しいですしね。

2015年には、山口組がまさかの分裂となりましたが、枝の組織は姐さんたちも含めて結構仲よくやっていたところもあったので、困惑するかと思っていたら、そうでもありませんでした。「お互い、タイヘンねー」的な感じです。昔ほど抗争事件がないからということでしょうか。

こうした姐さんとは、以前はオットたちが行くゴルフやスキー、海などのリゾートで知り合うことが多かったです。ヤクザもいろいろで、正妻を連れて来る場合とそうでない場合がありましたが、私はまあ連れて行ってもらった方だと思います。

そういう場で出会う正妻さんもいろいろで、「ザ・糟糠の妻」という感じのご苦労された雰囲気のある方はもちろん、ご自分のお嬢さんよりも若い方、なぜか前の奥様にソックリの方などもいらっしゃいました。もちろん堂々とカノジョ(愛人)を連れて来る人もいますが、誰も気にしません。

そして、なぜか、かなりの確率で「あごがしゃくれている系」が多いです。「綾瀬はるか似」とか「岡本夏生タイプ」ですね。人相学的には「フェイスラインが鋭角だと気が強い」そうで、やっぱり気が強くないと極妻は務まりませんから、ナルホドと思いました。

■極妻に求められる資質

極妻に求められるのは「気の強さとバランス感覚」です。看護師さんやクラブのママが極妻になるのも、もともと気が強くないとできないお仕事だからかもしれませんね。やはり日常的に荒っぽい人たちと接するわけですし、警察が自宅に来ることもしょっちゅうですから。

たまに警察に対して怒りをあらわにする方もいますが、それはソンです。オットや若い衆を人質に取られてしまうと、子どもたちや同居する組員たちを守らなくてはなりませんから、できるだけ警察とはケンカしないようにしたほうがいいです。もちろん警察への盆暮れのごあいさつは欠かせません。知り合いの姐さんの中には刑事さんたちから「ちゃん付け」で呼ばれている方もいますが、これは盆暮れのごあいさつを人並み以上にやっておられたからだと思います。

それと、兄貴分に叱られた若い衆をかばうのも姐さんの役目です。「『出てけ!』と言われても、ホンマに出て行ったらいけんよ……」とやさしく諭すわけです。

あと、オットの浮気は徹底的に無視しました。これは正妻の意地でもあります。オットには「遊ぶのはわかってるけど、おおっぴらにやったらハラも立ちます」と言ってあるので、表立って何かあったわけではないのですが、それでもわかる時はあります。そこで、意地を見せられるかどうかなんですよ。

愛人さんとの関係についてはまた。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ