今夜「最恐の怪談師」が決定! エントリーした“怪談動画”が怖すぎる

背筋が凍り付くような怖い話で、体の中からゾゾーッと涼しくさせる、夏の風物詩のひとつ「怪談」。この怪談を披露する「怪談師」のNo.1決定戦がTwitter上で行われている。「美人すぎる怪談師」「怪談番組の最多出場記録保持者」など、選りすぐりの怪談師5人がそれぞれ2話ずつ怪談を語り、その動画を観たTwitterユーザーの「いいね」と「リツイート」による投票を中心に、最も恐い怪談師を決定するものだ。結果は、8月16日20時からのTwitterライブ配信の特別番組で発表される。「最恐の怪談師」に選ばれるのはいったい誰なのか!?

8月10日に開幕した「ひとりで見る プリッツ夏の怖い話決定戦」は、江崎グリコが「プリッツ」を食べながら、ひとりの時間をより楽しんでもらえるよう実施したもの。動画もひとりで見やすい縦型仕様にするこだわりぶりで、その筋では有名な怪談師5名が本格的な怪談動画で競い合っている。

今回エントリーしている怪談師と、披露した怪談は以下の通り。

・なすなかにし 中西茂樹 「カラオケボックス」「友人の作り話」

漫才コンビ「なすなかにし」のボケ担当で、2013年・2014年「THE MANZAI」認定漫才師に選出。怪談系の番組にも数多く出演している。

・オラキオ 「飛び降り自殺」「爆発事故」

お笑いコンビ「弾丸ジャッキー」解散後、ピン芸人に。俳優業、MC業などでも活躍中。「人志松本のゾッとする話」にも出演し話題になった。

・山口綾子 「ユミさんの話」「神社」

大手製薬会社、タクシードライバーを経て女流怪談師になった異色の経歴。「かわいすぎる怪談師」として注目された。

・大島てる 「全フロア事故物件」「二重事故物件」

平成17年に本邦初の事故物件公示サイトを創設。運営代表を務める。

・牛抱せん夏 「女子更衣室」「多目的室」

2012年、2013年と怪談グランプリに最多出場している怪談師。

8月16日20時からのTwitterライブ配信での特別番組では、得票数の多かった動画を発表しつつ、5人の怪談師が登場し、その場で新作怪談を披露。新作に対するライブ配信での反響も加味して、最終的に誰が「最恐怪談師」かを決定していく。また、同時に募集していた「#プリッツわたしの怖い話」をつけたツイートから、一般ユーザーの怖い話も紹介する。番組MCはお笑いコンビ「ますだおかだ」岡田圭右、アシスタントはタレント・杉原杏璃が務める。ギャグがスベっても明るい岡田が、恐怖におののく表情を見せるのか気になるところだ。

怪談動画への投票は8月15日17時で締め切っているが、特設サイト(http://cp.glico.jp/pretz-kaidan/)でそれぞれ視聴して、特別番組の前に勝者を予想してみるのもいいだろう。どの動画も選び抜かれた怪談師の自信作である。かなり怖いものばかりなので、ぜひ覚悟を決めてからご覧いただきたい。

(TechinsightJapan編集部 高沢みはる)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ