どこまで知ってる?『フォーク』を使った料理の裏技まとめ

mamaPRESS

2017/8/7 20:00

スパゲッティなどの洋食以外では出番の少ないフォーク。家で食べるときは、お箸でも食べられるので、フォークはあまり使わないなんて人もいるのでは? 実はフォークは調理にも使えてとっても便利なのをご存知ですか?

刺したり巻いたりして食べるだけじゃない、今日から使えるフォークを使った料理の楽ワザをご紹介します!

お野菜×フォーク


まずはお野菜に使えるフォークの楽ワザから。

このひと手間で、浅漬けの味もしみやすくなる





フォークできゅうりの皮の上から縦にスーッと引くだけで、漬物の味がしみこみやすくなるんです。

きゅうりの浅漬ってこれからの季節とってもおいしいけど、漬けるのには時間がかかるのが難点ですよね。そんなとき、このきゅうりで浅漬けを作るだけで味がよくしみて時短になります。

まるごとはもちろん、カットしてもかわいいのでぜひお試しください!

白髪ねぎが簡単に!





白髪ねぎを作るとき、ねぎを開いて端から千切りにするのって意外に面倒ですよね。そんなときはフォークにおまかせです!

ねぎの白い部分にフォークを刺し引っ張るだけ。クシで髪をとくような感覚でネギを細かく割いていきます。最後に必要な長さを包丁でカットすればあっという間に白髪ねぎの完成です!

先に必要な長さを切ってしまうと、フォークでときにくくなるので、カットする前にとくようにしてくださいね。また、少し粗めにといて端から細かく包丁で切ればみじん切りもあっという間にできます。一度に3~4本筋が入れられるので包丁よりも簡単ですよ。

かぼちゃやじゃがいものマッシュに!


フォークを使った料理の裏ワザ

Photo/Tatiana Volgutova/shutterstock

ホクホクにゆでたり、電子レンジでチンしたかぼちゃやじゃがいも、さつまいもなどをつぶすときにもフォークはとっても便利。少量のときは特に、マッシャーよりも小回りがきくのでつぶしやすいですよ。

マッシュポテトやポタージュスープ、コロッケなどにぴったり! 粗めにつぶせばポテトサラダ、パンプキンサラダなどにも便利です。つぶすのに使ったフォークでそのまま混ぜたり取り分けたりもできるので、洗い物も減りますよ。

アボカドのディップづくりにも!


フォークを使った料理の裏ワザ

Photo/thefoodphotographer/Shutterstock

熟したアボカドもフォークで潰せばあっという間にアボカドディップになっちゃいます。あとは少量のレモン汁に塩コショウなどと和えるだけ。おつまみや朝食のサンドイッチにパーティメニューにもおすすめです。

にんにくにも


にんにくは皮ごとフォークでつぶしてから皮をむくと楽チン! さらにみじん切りもそのままフォークで潰していくだけ。フォークだと細胞が壊れやすく香りもでやすいんだとか。

レモンもたっぷりしぼれちゃう!


フォークを使った料理の裏ワザ

出典/Angela Rohde/Shutterstock

レモンを絞るとき、もうちょっとしぼれそうなのにもったいないな~って思ったことありませんか? そんなときにもフォークがおすすめ!

半分に切ったレモンの断面にフォークをブスブスとさして、最後に皮の近くにフォークを刺してしぼると、手でギュッとしぼるよりもたっぷりのレモン果汁がしぼれるんです。

お料理にはもちろん、お菓子作りやジュース、お酒にもたっぷり活用してくださいね。

たまご×フォーク


たまごもフォークがあれば下ごしらえが楽ちんになりますよ。

ゆで卵のみじん切りに


たまごサンドやミモザサラダ、タルタルソースを作るときのゆで卵のみじん切りもフォーク1本あればあっという間! ゆで卵をボウルやお椀に入れてフォークでつぶしていくだけなんです。子どもでも簡単に楽しくできるのでお手伝いにもおすすめですよ。

溶き卵もキレイにできる


フォークを使った料理の裏ワザ

Photo/ffolas/Shutterstock

たまご焼きなどを作るとき白身がなかなかほぐれなくて苦労していませんか? そんなときもフォークが大活躍!

たまごをボウルに割り入れたら、たまごを切るようにフォークを前後に動かすだけ。白身のコシが簡単に切れてきれいな溶き卵ができますよ。特に薄焼き卵を作るとき、きれいな黄色い薄焼き卵ができるのでおすすめです。


当記事はmamaPRESSの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ