「食事が菓子パンに」「一家3人で遠征」アイドルオタ夫婦2組が語る、“うちのヲタ活”


 30~40代のアイドルや既婚のアイドルも珍しくなくなった昨今。ではアイドルオタクが結婚し、家庭を持つとどうなるのか? 今回は話題のコミックエッセイ『ヲタ夫婦: アイドルヲタクな2人はこうして結婚できました。』(出版ワークス)の作者・藍さん&“ヲタ夫”さん夫妻と、サイゾーウーマンの名物連載「ジャニーズツッコミ道場」を担当する太田サトルさん&田幸和歌子さん夫妻が、アイドルヲタクのリアルな夫婦生活について話します。

【座談会出席者】
◎藍さん……マンガ家。『ヲタ夫婦』『ミリオンドール』(アース・スターエンターテイメント、既刊2巻)等、アイドルやオタクをテーマにした漫画を執筆している。イチ推しアイドルは小林晏夕(東京パフォーマンスドール、以下TPD)。90年代女性声優から入り、高橋愛(元モーニング娘。)や松浦亜弥ほかハロプロ系、AKB48を経て、現在はライブアイドル(地下アイドル)まで、幅広く愛する。

◎ヲタ夫さん……35歳の会社員。UNDER17・桃井はるこや田村ゆかり、新谷良子など声優を経て、長野県のご当地アイドル・オトメコーポレーション、BiS、そして現在は元BiSのヒラノノゾミが所属するBILLIE IDLE(R)に夢中。

◎太田サトルさん……ライター。「週刊朝日」(朝日新聞出版)やWebの「AERAdot.」「エキサイトニュース」などでエンタメ系のコラムやニュース、インタビューなどを執筆。ジャニーズ事情に詳しくJr.の若手ユニットまでをウォッチ。

◎田幸和歌子さん……ライター。著書に『KinKi Kids おわりなき道』(アールズ出版)『Hey! Say! JUMP 9つのトビラが開くとき』(同)『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』(太田出版)など。ジャニオタ歴が長く、太田さんと同じくベテランからJr.のユニットまでを愛する。

 急に「お金がない」と言い出して、食事が菓子パンに


――今日はアイドルヲタ夫婦2組に集まっていただいたので、まずヲタ夫婦であるメリット、デメリットを聞かせてください。

太田 メリットと言えば、うちはライブとかに夫婦セットで行くんですよ。別々の現場というのがほぼない。

田幸 だから藍さんのマンガを拝見して、「夫婦でも全然楽しみ方が違うんだ!?」って思いました。

藍 うちは全然一緒には行かないですね。特に解散前のBiSのライブって、すごく過酷な印象が強かったんですよ。

ヲタ夫 昔ライブに通ってた頃は、会場はヲタクの汗で水びたしで。ライブ終わったらTシャツやジーンズが絞れるくらい、汗をかいてましたから。

藍 夫がライブから帰ってくると常に傷だらけでした。推してるグループや人気度が違うと、チケットの取り方なんかも全然違うんですよ。私が通ってるグループは、すぐにチケットは売り切れないから、当日でも買えたりするんです。でも、当時のBiSは最初にツアーの日程が発表されたら、とりあえず全部押さえておかないと売り切れちゃうそうでした。そうすると、当日軽い気持ちで同行して2人一緒に行くという選択肢も消えますね。

田幸 イベントやライブでは、遠征もありですか?

ヲタ夫 ですね。

藍 うちの夫婦はデメリットというか、そもそも同じアイドルでも現場の種類がまったく違うので、好みは合わないながらも共通言語を探して楽しんでるところがあります。「お互いの戦場で頑張ろう」みたいな(笑)。

田幸 マンガで描かれていたのは恋人時代のエピソードが中心ですけど、その頃と夫婦になってからで一番違うのって、お金の面だと思うんですよ。ヲタ活動費をどうされてるのか気になるんですが、お財布は基本別々ですか?

藍 基本は別なんですけど、私は結婚後から漫画家を始めて、不安定な仕事になったので、どうしてもヲタ夫の安定した収入が家計を支える形になるんですね。そうなると、「財布が別」は独身時代は良かったけど、結婚してから急に不安が出てきて。アイドルにつぎ込んでるのは今まで通りなのですが、急に「お金がない」とか言い出して、食事が菓子パンになったりすると……。

ヲタ夫 うふふ。お互いがどのくらい使ってるかは把握してないですね。

藍 今は私の仕事が忙しくなって、私自身はそんなにアイドルにつぎ込む機会がなくなっちゃったんですけど、ヲタ夫が推してたBiSは、急に高額なプレミアムチケットを売り始めたりして、まとまって使う機会が多いかもしれませんね。

ヲタ夫 今推しているBILLIE IDLE(R)も、初年度のFC入会費が3万円でしたね。

太田 BiSやBILLIE IDLE(R)とか、渡辺(淳之介/プロデューサー)さんが手掛けるグループのファンって、そういう状況を楽しんでる印象がありますよね。10万円のチケットが出たとしたら「そう来たか!」みたいな。

田幸 そういうお金の使い方を、ご結婚されてちょっと緩めたりは?

ヲタ夫 したんですけど、結婚したからというよりBiSの解散がきっかけですかね。

藍 私の言うことは、なに一つ聞き入れてくれませんでした。私はリリースイベントでも、全部の会場に行ったりしないんですけど、ヲタ夫は全部行きたいし、高価なチケットも新しく出たTシャツも全部買いたいタイプだったので、そういう「ガチ度のギャップ」に苦しみました。貯金もまったくしてないって言うし。

太田 彼女たちに何回でも会いたいっていう気持ちに、どこかのタイミングから「ここもここもコンプリートしなくちゃ」みたいな、コレクター的な気持ちも入ってくるんですかね?

ヲタ夫 どうやっても全部のライブやイベントには行けないので、コンプリートするのは早々に諦めていたんですよ。でもやっぱりライブは、どの日でもちょっとずつ違うじゃないですか。それをたくさん見たいって気持ちがあったと思います。

田幸 ジャニーズを見るにしても、独り身だと多ステしやすいんですよね。うちの場合、ヲタ夫婦である一番のメリットは、娘もジャニーズ好きだから一家でライブに行けることなんですけど、それと同時に多ステしたら破産しちゃう(笑)。昨年は北海道にKinKi Kidsのコンサートを見に家族で遠征したんですけど、全てのお金が×3人になるので。

太田 僕らは子どもがいるっていうのが一番大きいですよね。どうしても生活の中で優先度の最上位に近いところに、子どもがいるので。

――お子さんがいるとアイドルを見る目線も変わりますか?

太田 うちの子は高校2年なんですよ。だから、10代のアイドルは男女関係なく完全に子ども世代だから恋愛対象でもないし、子どもの発表会見てるみたいな気持ちで「頑張ってるなあ」って思ったりします。

田幸 こぶしファクトリーの子たちとか見てると、「娘と同い年くらいの子がこんなに頑張ってて、えらいわぁ」って。藍さんご夫婦にお子さんができたら、どんな感じになるのか気になりますね。

藍 まったく想像つかないんですけど……もしかしたら“子ども推し”みたいになっちゃうかもしれないね? アイドルの現場には行けなくなっちゃうかも(笑)。

ヲタ夫 そうなる可能性はありますね。

太田 女性アイドルはテレビで見られる機会も少ないから、お茶の間からの応援がしづらいのが難しいですよね。

藍 まだハロプロとかだったら、ファミリー席もあるし行きやすいと思うんですよ。ライブアイドルの現場にお子さん連れてくる人も見かけるんですけど、それで叩かれる場合もあるので、連れていくかどうかはケースバイケースですね。

ヲタ夫 「お子さん、かわいいですねー」みたいにアイドルの方から来てくれて、認知がもらえたりするので。

田幸 ジャニーズでもファミリー席があって、ちっちゃい子がいるとメンバーがかまってくれるから、そういうのはありますね。

太田 素朴な疑問なんですけど、お互いが推してるメンバーに対して「こんな子がいいの?」みたいな食い違いはないんですか?

藍&ヲタ夫 それはないです。

藍 好みが違うからというのも、もちろんありますけど、アイドル現場って特に「現場に行ってないやつがあれこれ言うのは野暮だ」みたいな風潮がすごく強いので、理解できないと思っても、それは個人の主観の違いだと割り切ってます。あと、夫だとしても、推しを「こんな子」って言われたら嫌ですね。

――ヲタ夫さんは藍さんが推すTPDの現場に行きますか?

ヲタ夫 今は全然行ってないけど、最初の頃は一緒に行ったりしてましたね。

藍 私が嫌なのは、“ガチ度の違い”なんですよ。私にとってはTPDを追いかけてたときはガチで好きだったんですけど、旦那にとってはそうじゃないから、イベントには遅刻して来るし、私が感動してるそばでライブの構成とか冷静に分析されるのがすごく嫌で。だから「もう来ないで」って言ってます。

太田 相手(またはパートナー)が来ることで、いつものようにはじけられないとか?

藍 それもお互いにありますね。だからなんとなく、夫婦としてやっていく中で、お互いの本現場に深入りしないようにしようという、暗黙の了解はあります(笑)。特にヲタ夫は私がついてくると、おとなしくなります。

太田 夫婦とか家族って、だんだん好みが似てくるっていうじゃないですか。うちは独身の頃はお互い全然違うものが好きだったし、僕はロックオタクでもあったから、それこそBiSの現場に近いようなモッシュ&ダイブありの現場に行ったりもしてたんですよ。でもそこには誘わなかったし、結婚当初は今のお二人に近かったんですよね。

藍 うちは夫婦遍歴がまだ数年程度だから、これから近づく……のかな?

ヲタ夫 どうなんだろう?

太田 一緒に過ごす年月と、お子さんの存在でも大きく変わるかなあと。

 父親「ヲタ夫くんの好きなアイドルのライブに行こうかな」


――親戚付き合いも避けては通れないと思いますが、義理の親御さんにアイドルの話とかは?

田幸 義理の親には特にしていないですが、自分の親にはしてますね。そもそもそんなに特殊なことだとは思っていないので、カミングアウトする・しないという感覚がないです。うちは関ジャニ∞ファンの姉がいて、姉の方がよくコンサートに行く話などしていて、私はあまり自分の話をしないので、親はあまり知らないですが、うちのがよっぽど行ってるかもしれなくて。ただ仕事柄、ライブに行ったりも仕事の一環だと思われてるフシはありますね。

藍 うちの親はアイドルといったらPerfumeとかをイメージしてるみたいで、とてもBiSのことは説明できなくて。父が、「ヲタ夫くんの好きなアイドルのライブを見てみたいから一緒に行こうかな」とか言うんですけど、Perfumeや℃-uteを想像してるような父が、平気な顔して参加できるような現場じゃないんですよね。それをうまく説明できないから、ただ「触れないでほしい」っていう雰囲気だけ出して。そんな状況なので親戚にはとても言えないですね。

ヲタ夫 僕は自分の親にも言ってないです。上京してからアイドルにハマったのもあるので。マンガやアニメは昔から好きだったから、それは知ってると思うんですけど、ライブにガンガン行くようになってるとは思ってないだろうし、そもそも説明するのがめんどくさい。

藍 うちの妹がミュヲタ(ミュージカルオタク)で、田幸さんのお姉さんと一緒でめちゃくちゃヲタ話をするんですよ。

ヲタ夫 つぎ込む金額も全然違うんですよね。チケット代が高いし、韓国のミュージカルにもハマってて、現地で見て帰ってきたりするんで。

藍 福岡に住んでるのにバリバリ遠征してるから、妹はヲタとして強いなって思いますね。妹がいるから、親からの追求も逃れられてるみたいなところはあります。
(後編につづく)

あなたにおすすめ