マツダ「CX-5」と「アテンザ」の全機種に先進安全技術を標準装備して発売

マツダは、『マツダ CX-5』、『マツダ アテンザ』の全機種に、マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備し、全国のマツダ販売店を通じて本日8月3日より発売を開始した。

マツダは運転初心者から高齢者まで、ユーザーにより安全・安心なクルマを提供するため、2017年度中に国内で販売する主要5車種に「i-ACTIVSENSE」技術を標準装備することを公表している。今回発売するCX-5およびアテンザは、デミオ、CX-3に続く先進安全技術を標準装備したモデルとなる。

今回、CX-5とアテンザの全機種に標準装備されたのが、認知支援技術の「先進ライト」と「車線逸脱警報システム」。この2つの認知支援技術と、既に全機種で標準装備している「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」と「AT誤発進抑制制御[前進時]」の2つの衝突回避支援・被害軽減技術を標準装備したことにより、経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車(セーフティ・サポートカー)」のうち、特に高齢ドライバーに推奨される技術を搭載した「セーフティ・サポートカーS(略称:サポカーS)」の「サポカーS・ワイド」に、CX-5、アテンザの全機種が該当。さらに、車線変更時などに斜め後方から接近する車両を知らせる「ブラインド・スポット・モニタリング」や、駐車場で後退しながら出る際などに接近する車両を知らせる「リア・クロス・トラフィック・アラート」など、車両周囲の危険認知と安全運転をサポートする先進安全技術も、新たに全機種に標準装備した。CX-5、アテンザの全機種に標準装備される「i-ACTIVSENSE」技術は以下の通り。

■[サポカーS・ワイドに該当する安全技術]アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)AT誤発進抑制制御[前進時](AT車のみ)先進ライトCX-5「20S」「25S」「XD」、アテンザ「20S」「XD」:ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)上記を除く全機種:アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)車線逸脱警報システム(LDWS)

■[車両周囲の危険認知と安全運転をサポートするその他の安全技術]ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)(AT車のみ)リアパーキングセンサー(センター/コーナー)ドライバー・アテンション・アラート(DAA)(アテンザのみ)

あなたにおすすめ