最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

バイト先にいる「めんどう女(ヒト)」のトリセツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


バイト先に「めんどう女子」な先輩はいませんか? でも、取り扱い方法さえ学べば、案外楽しんで仲良くなれるかもしれないし、バイト先の人間関係もスムーズになるはず。

そこで書籍『めんどうな女のトリセツ』などの著作で知られる、女性の取り扱い方法に詳しい“雑談ユニット”トキオ・ナレッジの放送作家、溝端隆三さんにバイト先にいがちなタイプ別めんどうな先輩女子の特徴と対処法を教えてもらいました。

■タイプ1 自分を棚にあげる女

自分のミスは他人のせい+プライドも高い

特徴:自分のミスは他人のせい! 人のミスは自己責任! という思考の、いわゆる”自分に甘く他人に厳しい”タイプ。彼女たちの説教、愚痴には常に「お前が言うな!」とツッコミを入れたくなりますが、プライドが高い特徴も兼ね備えているので、冗談でも不用意にツッコむのは危険。10倍くらいの言い訳が返ってきて、めんどくさいことになるでしょう。おしゃべりで自慢が多いのも特徴です。

バイト先でやりがちな行為:このタイプの女性が何かの事情でシフトを代わってあげたからといって、自分ももしもの時は代わってもらえると思ったら大間違い。平気で断ってきます。だからと言って、欠勤やミスのフォローをしてあげないと、影でボロクソ言われるので要注意。
対処法:頼みごとは“その時”“その場”で伝える


シフトを代わってあげる時は、その時に「じゃあ私の休みの日と変わる感じで大丈夫ですか?」と交換条件を出しましょう。後日ではなく”その時”に言うのが重要です。また、他人のミスに厳しいので、彼女たちの前ではいつも以上にミスをしないように心がけたほうがよいでしょう。

■タイプ2 おせっかいすぎる女

優しさや善意のレベルが度を超えている

特徴:最初は優しくて気遣いができるステキな女性だと思っていたのに、仲が良くなればなるほど過剰になっていき、もはやその優しさがストレスに感じてくるこのタイプの女性。彼女たちがやっかいなのは「善意」の旗を振り回しているところなので、邪険にすると傷つき、最悪の場合、逆恨みの対象にされてしまいます。バイト以外に充実した時間を過ごせていない人に多い傾向があります。

バイト先でやりがちな行為:シフト以外の日でも、よく職場に現れます。忙しくなったら手伝ってくれるのですが、こちらの作業ペースを乱されるのでかえって邪魔になることもしばしば。新人にはありがたいですが、仕事に慣れてくると、マジありがた迷惑でしょう。プライベートにも踏み込んでくるので、恋人のいない人同士をひっつけようとしてくるのも、このタイプの”あるある”です。
対処法:必要以上に感謝しない。広めたくない情報を話さない


やってもらった行為に必要以上に感謝しないこと。彼女たちは”喜ばれた”=”褒められた”となる思考なので、感謝すればするほどおせっかいはとめどなく溢れてくるでしょう。他のバイト仲間にあまり知られたくないことは不用意に話さないこと。口が軽いので「心配」の盾をぶん回して広められてしまうでしょう。

■タイプ3 しょうもない見栄を張る女


プライドが高くカッコつけたがりなのに、行動がともなっていない

特徴:対抗意識が強く、なんでも人の上を言いたがろうとするのが特徴。そのため、知ったかぶり発言が多く、会話中にイラっとさせられることが多いでしょう。プライドが高く、カッコつけたがりなのですが、行動が伴っていないのですぐに正体がバレてしまうのが彼女たちの切ないところです。

バイト先でやりがちな行為:彼女たちが巻き起こす職場での定番・迷惑行為は「できるできる詐欺」でしょう。その場では「大丈夫!」と豪語しても、フタを開けるとぜんぜん大丈夫じゃない…。当然、フォローをしなくてはいけないので、二度手間感がハンパではありません。あとはこちらが自分の満足できるリアクションをするまで、しょうもないプチ自慢トークをするので、話が長いのがめんどうなところでしょう。
対処法:「心配だから」感を出さず、ミスも多めにみてあげる


初めてやってもらう業務は「大丈夫!」と言われても必ず一緒にやりましょう。後で尻拭いをするのは自分です。ただし、先輩なので、「心配だから」感は出さないように。本人も”迷惑をかけてやろう”と思っての見栄ではないので、そこは多めにみてあげるのがオトナです。

■タイプ4 自分の話しかしない女

会話の基本を分かっておらず、自分の話が大好き

特徴:自分が大好きな”かまってちゃん”。聞いてもないことはもちろん、人が話してい
る途中でも「それ私もある!」と自分の話をし始めます。彼女は大人の会話は基本ターン制ということを知りません。相談するために呼んだのに、終わってみれば彼女の話しか聞いてない…なんてことも。それが毎回違う情報ならまだしも、けっこうな頻度で被ってくるので、「また始まったよ」と疲れることも多いでしょう

バイト先でやりがちな行為:一度、自分の話をし始めたら満足するまで止まらなく、さらに適当な相槌をうっていると「聞いてる?」と確認してくるので、ながら作業のできない仕事の時に始まると本当に邪魔です。当然、こちらの話はほぼ聞いてくれないので、”会話”をしようと思っているとストレスがかなり溜まります。
対処法:自分のことしか話さない架空の人物をつくり愚痴る


彼女たちは会話中「自分の話しかしてない」という自覚はありません。なので、架空の人を作って「友達が自分の話しかしないから、めんどくさい」と愚痴ってみましょう。定期的にその架空の人のめんどくささを愚痴ることで、「自分もそうかも」と遠回しに自覚させていくことで、抑えることができるでしょう。

■タイプ5 養殖天然ゆるふわな女


天然であることを指摘されると喜ぶ

特徴:計算して”天然”ぶる女。本物と養殖の根本的に大きく違うのは、本物は「天然だよね?」と言われても怒り気味で否定してきますが、養殖は「え?そうかな??」と言いつつ顔は完全にニヤついています。彼女たちが天然ぶるのは、男にチヤホヤされたいためなので、同性は見ていて女にはもちろん、騙される男にもイライラさせられます。

バイト先でやりがちな行為:典型的なことだと、”めんどくさい仕事は全部、男に甘えて一切やらない”。最悪、自分にめんどくさい仕事がふりかかってくることも。店長に訴えても、店長も騙されているので、「まぁまぁ」となだめられるだけ。それで時給が同じなのは納得できないとイライラが募ることでしょう。
対処法:天然のあとに“ボケ”を付け足して指摘する


彼女たちが計算した”天然”を出した時に、「天然」と言わずに「天然ボケ」と”ボケ”までちゃんと言ってさしあげましょう。演技力に自信があれば「ほんと天然バカ…あ、ボケですよね!」と天然ぶって間違えるのも効果的です。先輩に「ボケ!」と堂々と言えることはなかなかないのでスッキリします。
まとめ

アナタのバイト先に「めんどう先輩女子」がいたら、上記の対処法を実践してみてください。「めんどうくさい」から意外と仲良くなれたりするかもしれませんよ!
■Profile
トキオ・ナレッジ
弁護士、放送作家、大手メーカー工場長、デザイナー、茶人、フリーライター、シンクタンクSE、イラストレーター、カメラマン、新聞記者、ノンキャリア官僚、フリーターらで構成される雑談集団。著書に『めんどうな女のトリセツ』のほか、『正しいブスのほめ方』『正しい太鼓のもち方』『スルーする技術』『盛り合わせを選んだらお店のカモ! 大人の経済学常識』など多数。


【著書】
めんどうな女のトリセツ

宝島社 刊
1,296円(税込)
https://www.amazon.co.jp/dp/4800239648

取材・文:中屋麻依子 イラスト:さじろう

外部リンク(タウンワークマガジン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス