MOROHA 不本意だったあの頃と今だから思うこと、そして原点に迫る それぞれのストーリー

SPICE

2008年に結成され、アコースティックギターのUKと、MCのアフロからなる二人組。MOROHAのライブを初めて観た時、今までにない感覚に陥った。”一生懸命って何だろう?” “頑張るってなんだろう?” “今、本気になってる?” そんな問いを自分に投げかけながら、気づくと涙が溢れた。いつだってMOROHAのライブは現実を突きつけ、そして最後は寄り添い自分を肯定してくれる。もはや音楽というジャンルの垣根を超え、聴き手の人生に踏み込んでくる。そんな彼らに今回、MOROHAの結成時の話や、お互いの印象、来年10周年を迎える今の気持ちなど2人の核心に迫った。

UK 撮影=森好弘
UK 撮影=森好弘

ーーお2人が音楽に興味を持ったキッカケを教えてください。

UK:元々、父親がギターをやっていて、常に音楽が近くにある環境でした。僕も、個人的にピアノをやっていたので音楽に触れてたんです。で、小学3年生の時にX JAPANに出会って、その時に“音楽でやっていきたい”という夢を持ちました。兄が当時、VHSを持っていて、それを一緒に見て、彼らが“ VISUAL SHOCK”と歌ってる通りで視覚的にすごく衝撃を受けたんです。小学生だったので、すぐにバンドを組んでという訳ではなかったんですけど、自分の中で、高校生になったらギターを買うぞということは決めていて。中学を卒業した年の春休みにギターを買って、そこからずっとバンドをやってました。

アフロ:僕は小さい頃から、親とカラオケに行ったりして、槇原敬之さんとか小田和正さんを親が歌っていたのを聞いて、それを幼稚園のバスの中で歌ったりしてました。自分が自主的に“この音楽カッコ良い”と思ったのは小学校5、6年の時に聴いたDragon Ashです。実家が美容室で有線がかかってたんですけど、MDに録音してずっと聴いてました。で、高校生になった時に、TSUTAYAにレンタルに行くようになるんですけど、近くのTSUTAYAがヒップホップ、メロコア、パンク、ハードコアが全て同じ棚で、ラウドロックという棚にまとめられたんですよ。だからヒップホップを知りたいんだけど、ジャケを見て「これヒップホップっぽいな」という判断で借りたらハードコアだったり。逆もまた然りで……。今だったら、もっとネットで調べたり出来ると思うんですけど、その当時は本当に予備知識なしで、とりあえず持ってるお金でこれくらい借りれるから、俺の一番好きそうなヒップホップっぽいジャケのCDを借りたりしてました。だからいろんなCDを借りるはめになって。だけどそれが結果として自分の音楽の幅を広げてくれました。

俺もいつかラッパーとしてステージに立ちたいっていうのを、まさか実現するとは思ってないけど、漠然とは思ったりはしてました(アフロ)


ーー高校の同級生でもあるお二人ですが、最初のお互いの印象は覚えてますか?

UK:もうまさに典型的な目立ちたがり屋の印象です。今のまんまで、あの頃の延長線上に今のアフロがいますね(笑)。

アフロ:まあ、今の方が真剣ですけど、ライブの熱量で高校生の頃はふざけた感じですね。

ーーアフロさんから見てUKさんはどう見えてました?

アフロ:俺がやりたいと思ってたことを全部やってる感じだったんです。人生で初めて観たライブもUKがやってたバンドで。誘われたよね? チケット買った気がする。上田LOFTで、ボーカルが風邪を引いてUKが歌ってた。

UK:高校の時に組んでたバンドで、その日ボーカルが風邪をひいたか何かで来なくて。そもそもボーカルが入る前は、僕がギターボーカルやってたんです。だから、その形でライブしたんですけどね。

アフロ:わー! UKカッコ良いって。
アフロ 撮影=森好弘
アフロ 撮影=森好弘

ーーその時は、アフロさんはステージに立ちたいと思ってた訳ではなく。

アフロ:うん。ほんとは俺もそこに立ちたいんだけど、俺は何をやってるんだろう……って。あ、野球か。野球頑張ろうって思ってました。

ーーじゃあ、自分の気持ちは秘めてたんですね。

アフロ:音楽をやりたいとは心の中では思ってたけど、想像だにしてなかった部分もありますね。

UK:だって、アフロが音楽が好きだって話はしたことがなかったし。まさか音楽をやりたいって思ってるなんて知らないから。

アフロ:だからファッションから入るんですよ。中高生くらいの頃は。B-BOYファッションみたいなのを着て、次にすることは一人で鏡の前でラッパーの真似をすることなんですよ。音楽流しながら自分が歌ってる体で。きっと誰しも通ってるはずなんですよ。それを俺もやってましたね。だから、そのイメージの先には俺もいつかラッパーとしてステージに立ちたいっていうのを、まさか実現するとは思ってないけど、漠然とは思ったりはしてました。言わなかったけど、想像はしてました。

最初MOROHAやり始めたのは不本意だった(UK)

MOROHA 撮影=森好弘
MOROHA 撮影=森好弘

ーーなるほど。そのお二人が何故、一緒に音楽をやろうと思ったんでしょうか。

UK:やろうってなったことはなくて。ノリで始まったんで、最初はそんな真剣な話ではなかったです。

アフロ:そうだね。

UK:ほんと遊びの延長です。僕が家でギターを弾いてたら、彼がラップを始めてたんで。

アフロ:何か弾いてよ。俺、リリック書くわって。

UK:っていう遊びをしてたんです(笑)。それがどんどんエスカレートしてライブでやってみようとなって、ライブでやったら評価があって奇しくも盛り上がるっていう。

アフロ:確かに奇しくもだったよね。

UK:それが2007年くらいかな? もうちょい前か。

アフロ:その頃、アフロ+UKという、何のひねりもない名前でやっていて。MOROHAっていう名前がついたのが2008年ですね。
MOROHA 撮影=森好弘
MOROHA 撮影=森好弘

ーーMOROHAの名前の由来は。

アフロ:漢字が良かったんですよ。硬派な感じの。長野のバンドで青大将とかって和ですごい硬派な感じがするじゃないですか。それが二人とも好きだったので、そういう感じでいこうと思ってたんですけど、MOROHAっていうフレーズが出た時に漢字で諸刃(もろは)だと世界観が限定されちゃうけど、アルファベットだと漢字の響きは残しつつ、Mという字が柔らかくも見えたりしたので。まあノリではありますけどね。

ーーMOROHAになってライブをやり始めて、当初からずっと一緒にやっていこうという気持ちはありました?

アフロ:それもね、だんだんとですよ。

UK:常に見切り発車というか。やってみなきゃ分からない精神で進んできたので。

アフロ:うん。やっていくうちに自信と共にですね。あと、やっぱり年齢的な部分も大きいと思います。周りが自分の道を決めてやり始めてるのに、俺たちは特技ラップ、ギターって。何それ? ってならないように、ちゃんとやるからには認めてもらえるようになろうって思うようになったんです。俺は一度、就職をしてサラリーマンをして。一生懸命やってたんですけど、やっぱり本当にやりたいことではなかったから続かなくて。モチベーションを維持しながら働き続けるには、どうすれば良いんだろうって思った時に、やっぱり好きなことだったら飽きないじゃないかなって思ったんですよね。じゃあ、好きなことって何だろうって。現実的かどうかは別として、音楽でちゃんと飯食ってくっていうのを1回全力でトライしてみようと思ってやり始めたんです。
UK 撮影=森好弘
UK 撮影=森好弘

ーーUKさんはどうでしたか。

UK:俺はラップとギターではなくて、元々バンドがやりたかったんです。それが夢だったんです。それをやると決めてたから、最初MOROHAやり始めたのは不本意だった。

アフロ:それいつも言うよね。

UK:俺の憧れの存在がhideだったんで、バンドで輝きたかったんです。アコギはもっと地味なもんだと思ってたから。MOROHAをやるってよりも、そもそもアコギを弾くのが嫌だったです。だから僕はバンドをやりたいって思いが強かったから、最初は不本意。これじゃない感がすごくて……。だけど、いろんなところで評価を得たり、いろんな面白みがわかってきて、アコギというものに向き合った感じだったので、最初はそんなに深くは考えてなかった。MOROHAをやる以前もバンドを組んで解散も経験してたので、音楽でやっていくかは自分が決めることだから、相手のことはさておき自分の意思だけはちゃんと持っておこうという感じでした。
MOROHA 撮影=森好弘
MOROHA 撮影=森好弘

ーー来年で活動を始めて10年になりますが、改めてどんな10年だったでしょう。

アフロ:よく頑張ってた後半と怠けていた前半って感じですね。前半は緩いこと考えてたと思います。浮かれてたと言った方が良いかもしれないですね。

ーーと言うと。

アフロ:このままじゃマズイなって思ってた気持ちと、20代前半はすごく周りの力に期待し過ぎていたんです。20代後半になって、自分から何かをするという自分主導の気持ちが芽生えて。自分たちで動き出したタイミングで本当に協力してくれる人が集まったりして、一人でもやると決めたら、一人じゃなくなった気がします。音楽に関しては10年間歌詞を書くときも同じ熱量で書いてきたと思います。MOROHAの場合、音楽活動そのものが歌詞になってるというか。ステージを降りた後のお客さんとの接し方や、どんなふうにフェスの出場権を取りに行くかというのも全部、歌詞に落とし込んでるから。だから、泥水すすってでも自分の納得できることを実現すると決めると、歌詞の内容も濃くなって説得力が増してきたのも20代後半。それまでは夢見がちだった気がします。すごく理想はあるんだけど、泥水すすってる訳でもなくて。ちょっと燻んだ水な感じ。そのままの感じで進んでたら、もう少しキラキラしたものが出来たんじゃないかなと思う。ただ良い音楽を作れば良いわけだし。でも俺たちの場合は25歳くらいの時に、このままじゃヤバいとなったタイミングがあったから、こうなったんです。もっと早く取り巻く状況が変わっていたら、もしかしたら、もっとカリスマ性があったかもしれないね。やっぱ降谷建志さんって負け知らず感があると思うんです。すごく魅力的だと思っていて。負けを知ってる人間のカッコ良さもあるけど、ずっと第一線で突破切ってる感じのカッコ良さもあるから。どちらが良い悪いではないんだけど。そんなふうにこの10年は思いますね。

UK:僕は辛かった10年です。

アフロ:辛かった10年!?

UK:いや、ほんと過酷な10年でした。

アフロ:本当にその一端を俺が担ってると言う自負からの……。あと、ライブのスケジュールとかは俺が全部組んでるんですよ。だから彼の過酷さの中にはライブの多さも入ってるはずだから。

UK:肉体的な部分は置いといて、自分たちでもやっぱり人と違うことをやってるとは思うんですよ。だからそれを受け入れられてもらう10年というか。自分たちの実力の無さなのか、そもそも音楽として間違ってるのかとか思ったり。

アフロ:そうだね。

UK:その答えが見つかるのまでの10年というか。ようやく、今、MOROHAが認められてきて実感が湧いてきてる感じですね。だからそれまでの10年間って感じ。苦痛というか。

アフロ:確かにね。やりながら“何があるんだろうこの先に”って思ったもんね。でも、本当にもうダメかなって思うタイミングで、この人にこう言ってもらったから頑張ろうって思える人が現れるんですよ。それが曽我部恵一さんだったり、the telephonesの松本誠治さんや、G-FREAK FACTORYの茂木さん(Vo)だったり、そこから10-FEETのTAKUMAさん(Vo)が言ってくれたりとか。そういうのがタイミングタイミングで助けてくれる人が居ましたね。俺たちが間違ってんじゃないかなって思っても、“そのままで間違ってないからいけよ”って言ってくれる人が現れたのは救いでしたね。

MOROHAをやるために音楽を選んでるから、そういうジャンルとかどうでもよくないか? と思ってるんですけどね(アフロ)

MOROHA 撮影=森好弘
MOROHA 撮影=森好弘

ーー昨年、レーベルも立ち上げたのも自分たちでMOROHAを届けていきたいという想いから。

アフロ:そうですね。それまではROSE RECORDSというレーベルでずっとやってました。そのレーベルの良さは本当にアットホームで少人数でやってるので、基本的に売るぞというよりか、良い音楽を盤にして世に残して、そこから先は音楽の力を信じてというか。それも素敵だったんですけど、自分たちはもっと遠くにいる人にMOROHAの音楽を届けたいと思って自主レーベルを立ち上げました。外部からすごく助けてくれる人も居たりして、実際関わってる人は前よりかは多いです。関わる人たちが増えたことによって、より多くの人にCDが届いたり、例えば『FUJI ROCK』のブッキングする人にまでちゃんと俺たちの音楽が届いてるとか。そういうのは実感としてありました。

ーーライブを観ていても、MOROHAの音楽は人生そのものを感じる気がします。アフロさんの言葉は誰もが思うことや、棘の部分であったり。そこにUKさんのギターが切なくも美しく優しく寄り添ってくれる。

アフロ:反感を買うかもしれないけど、俺は音楽を手段としか思ってないところがあって。自分が伝えたいことを伝えるために1番使えそうなものが音楽だったんです。だからみんなの音楽に対しての捉え方と少し違うような気がしていて。俺のが偉いと思ってます。俺が音楽を利用してると。だけどそんな俺の尖りすぎたダメなところをUKのギターがMOROHAの音楽の受け皿として盛り付けてくれてるイメージですね。

UK:聴く人がそれぞれの捉え方で聴いてくれたら良いと思います。自分のやってることに違和感を持ったことがないし、間違いじゃないと思ってるので、自分から出たものだから、後は判断は任せるしかないないので。いろんな意見があって良いんじゃないですかね。俺はこれを音楽だと思ってやってるし、これが新しいジャンルの音楽と捉えられても良いと思ってます。だけど自分は音楽の土俵でやってるつもりです。

アフロ:そうだね。だから俺とUKは思ってることが違っていて。UKはやっぱり土俵が音楽と思ってるんですけど、俺は土俵は出来れば音楽ではないところに行けたら良いなと思うんですよね。逆を言えばUKがそう思ってくれてるから、ライブハウスでやれてると思います。結構、「ジャンルは何ですか?」とか言われることがあるんですけど、そう言われるとやっぱり音楽ジャンルの中のどれかにあるって感じじゃないですか。そこから脱出したいなと思っていて。むしろそうする以外、生き残る道はないんじゃないかなと思ってます。MOROHAをやるために音楽を選んでるから、そういうジャンルとかどうでもよくないか? と思ってるんですけどね。まあもうちょっと説得力を持たせたいですね。この発言に。

ーー今の時代だからこそMOROHAの言葉とメロディが心にグサっと刺さる人も多いと思うんです。一生懸命なことを斜に構えてみてる人が多かったりする中で、ちゃんと認めてくれるというか肯定してくれる気がしたんです。

アフロ:今の時代はディスられる事よりも、みんな恐れていることって茶化されることだと思うんですよね。ディスならまだ柔らかくて、茶化されるのが一番怖がってると思うんです。でもそれっていうのは世相だから良い悪いの話ではなく、人によっては茶化すことに全力になって結果を出す人、視点の面白さや角度の面白さ、独特のものを見る角度で、自分の生きる道を作ってる人もいると思うし。そういう人もいるけど、茶化されようがどうされようが一生懸命になって、汗水垂らして独自の視点とかじゃなくて汗の量で勝負するしかないやつもいると思うんですよ。不器用な。そういう奴も居て良いっていうことだと思う。俺はやっぱそっちの人間だから。だから自分がどっちの人間かっていうのをみんな見極めて、音楽とか選んでるのかなって思うんですけどね。俺はムカついたり嫉妬したりとかするんですけど、前はそれを下北沢のちっちゃい居酒屋でぐちぐち言ってたら終わりだったんです。だけど、俺の場合それが曲になるまで嫉妬するか、曲になるまでムカつけるか、曲になるまで悪口言いつづけられるかっていうところの勝負だったりすると思うんです。だから別にその姿勢がなんであれ、一生懸命な人たちの背中を押したいですね。

UK:正解はないと思うので、働く人もいれば怠ける人もいると一緒で、茶化す人がいるから、頑張る人が引き立つと思うし。それは自分で選べば良いと思う。

アフロ:そうだね。両方あって良いよね。

UK:一番大事なのは自分が何をしていても、どこに行っても、それを全力でやること。中途半端な人が仮にMOROHAを聴いて響く人がいるんだとしたら、もしかしたらまだ自分が定まってなくて茶化したり後ろめたさがあったりすると思うんですよね。逆に頑張ってると言ってても怠けてる時があったり。僕もそうです。だからこそ、それが曲になったりするんですけどね。多分、そうやってみんな色々葛藤して生きてると思うんです。だから自分が納得いくように各々が正解を出して良いと思います。
UK  撮影=森好弘
UK 撮影=森好弘

ーー今回DVD&シングルで「 "其ノ灯、暮ラシ"」がリリースになりました。

UK:DVDに関しては、もう僕たちの作品じゃないんじゃないかな(笑)。

アフロ:エリザベス宮地という監督がやっぱりどういうことをしたいのかっていう本質的な部分も分かってくれてたんです。俺らがカッコ良いところを撮って欲しいわけじゃないってところも察知してくれていて。最初は普通にツアーにくっついて来てほしいってお願いして。俺たちの長いツアーだから映像撮っといてくらいの気持ちで、何か作品に出来たら良いねってくらいの注文だけしたんです。だけど、俺たちが思ってる以上の作品を仕上げてくるのがエリザベス宮地なんですよ。

ーー海北さん(LOST IN TIME)とのコラボ曲「30/20」は、LOST IN TIMEの「30」のリアレンジでもあります。

アフロ:「30」を聴いた時に、海北さんに「良い曲だけど俺はこの気持ちには、まだなりたくないって思いました」って話したんです。で、言葉で伝えるだけじゃなくて歌詞で自分なりに「30」に対して「俺はこう思う」ってのを書きましたと海北さんに伝えたら、「じゃあ一緒にやろうよ」と言ってくれて曲になったんです。1年前には出来てたんですけど、俺が30歳になる前にレコーディングして形にしたくて、今のタイミングで発売しました。

俺たちはまだフェスを必要としてるし、フェスが必要としてるバンドじゃないっていうのは、自分の中で負い目としてあって。その状況を変えていきたいって気持ちがあります(アフロ)

アフロ  撮影=森好弘
アフロ  撮影=森好弘

ーーこれからフェスやイベントでMOROHAを初めて観る方も多いと思うんです。

アフロ:まずフェスやイベントに関して言えば、まだまだ“出してください”のバンドなんですよ。それが悔しいですね。やっぱり10-FEETやマキシマムザホルモンは“出てください”のバンドだと思うんです。俺たちはまだフェスを必要としてるし、フェスが必要としてるバンドじゃないっていうのは、自分の中で負い目としてあって。その状況を変えていきたいって気持ちがあります。フェスにとって本当の意味での力になりたいなと思うし。せっかく一生懸命音楽を広げようと思って、たくさんの人が一つのお祭りを作ろうとしてるんだから、「出していただいてありがとうございます」って気持ちはあるけど、そうじゃなくて数字的な意味でも「俺達に任しとけよ」って言えるようなバンドになりたい。あとは水を刺しにいきそうな自分がいますね。盛り上がるだけがフェスじゃないし、楽しめるバンドもたくさんいると思うんです。それも好きだけど、そうじゃないのがあっても良いと思うんですよね。すごく現実を突きつけるのも表現の一つだし。

UKツアーは自分たちプレゼンツなので一生懸命やります。もちろんフェスやイベントも一生懸命やります。ツアーはMOROHAや対バンの人たちを観たくて、目的を持ってライブハウスに来る人だと思うんです。だけど、フェスはフェスそのものに目的を持ってきてる人たちが多いと思うので、そういう中で“自分たちが何ができるのか”っていうのが勝負だと思ってます。さっきアフロが言った、楽しんでる人に水を刺すようなやり方が正解の一つかはまだわからないですけどね。だけどフェスでMOROHAがそこにいなきゃダメだったと言われたい。MOROHAなしでは語れないフェスにしたいですね。

インタビュー・文=YUMI KONO 撮影=森 好弘

イベント情報
MOROHA 7月28日(金)徳島Crowbar オワリカラ会場限定シングルリリースツアー「ベルトコンベアー時代」 7月29日(土)淡路島国営明石海峡公園芝生広場 FREEDOM aozora 2017淡路島 7月30日(日)大分T.O.P.S Bits HALL PIRATE SHIP 2017  8月2日(水)大阪梅田Shangri-La 日食なつこ対バンツアー「炎上交際」 8月5日(土)広島クラブクアトロ“EIGHT SIX live” 8月12日(土)北海道石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージRISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO 8月28日(月)渋谷WWW X MOROHA自主企画「怒濤」第十回対バン:キュウソネコカミ

リリース情報
MOROHA「其ノ灯、暮ラシ」

1. Memorii
2. 30/20(LOST IN TIME 「30」リアレンジ)Recorded at RedBull Studios Tokyo

DVD
全41カ所のMOROHAIII ツアードキュメント 2017.06.14 RELEASE / ¥3,456 (Tax in) / YAVAY-1002

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ