デビュー作で芥川賞受賞

TOKYO HEADLINE

2017/7/24 08:00

 第157回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が19日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は沼田真佑さん(38)の「影裏(えいり)」(文学界5月号)に、直木賞は佐藤正午さん(61)の「月の満ち欠け」(岩波書店)にそれぞれ決まった。沼田さんは今回の受賞作で今年、文学界新人賞を受賞しデビューを果たした。直木賞の佐藤さんは今回、初の候補で受賞を決めた。

当記事はTOKYO HEADLINEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ