コンビニなのに絶品和スイーツ!和三盆ようかん&どらソフト【コンビニスイーツ】

OTONA SALONE

2017/7/11 21:00


なにかと忙しくなってしまう日常に、コンビニでのつかの間の休息を。

と思いながら仕事の合間に、ふらふらとコンビニを探索しております。

頭のリセットなのか、糖分不足なのか。

先ごろ引退なさった最高齢棋士・加藤一二三九段の対局中に”板チョコ10枚一気食い””ショートケーキ3つぺろり”、の逸話が思い出されます。

原材料も気になる40代には和スイーツがなんか安心


ローソン 和三盆 水ようかん



夏の和菓子の定番、水ようかん。

冷たいスイーツといえば、フルーツ果汁たっぷりのゼリーも好きですが、テンション高めな果物よりも、低め安定なあんこで、できるだけこの暑さを気持ちの上でも省エネでやり過ごそうというお年頃。

控えめな外見ですが、「和三盆」の文字に吸い寄せられました。

とろりとろける、水ようかん。

すくってみると、とろりつるっと口の中へ消えていきます。



和三盆はさっぱり、控えめな甘さで、すぐお茶を欲するほどダイレクトな甘みではありません。

あんこ×寒天でのどごしよく、するすると一気に食べてしまいました。

寒天であんこ感がほどよくマイルドになるのが食べやすく、和菓子派でなくとも和っぽいゼリーとしてスイーツのチョイスに入れてみてはいかがでしょう。

あと、和菓子のいいところは、大量生産品であるコンビニスイーツの中でも原材料が少なくて、いわゆる食品添加物が少なめなところ。



食にも気をつけたいover40の気持ちをくすぐる点も地味にポイントUP。

とはいえ和洋ハイブリッド系はうますぎるセブンの“どらソフト”


セブンイレブン “どらソフト メープル&ホイップ”



名作といわれる“プリンの生どら”も時折食べていましたが、その系統に強力な新人が。

サイズと形状は、どら焼きの皮1枚をくるりとまるめてクレープ状にして、そこへメープル&ホイップ、あんこをINしたもの。



通常のどら焼きだと皮2枚であんこをはさむ形状のため、まあまあ重い。

もしかしたら、食べきれないという声もあったのかもしれないと想像できそうな、小ぶり感のどらソフト。

売り場で見た時も一瞬スルーしたくらい。



ぱくり。うまい。



ぱくぱく、あ、終わった。

という3口くらいで終了。

あんこの割合がすごく少なくて、ほぼクリームとメープルが占めています。

それが甘めのどらやきの皮とアクセントになっているあんことがバランスがよく、さらに小ぶりときているので、くどさも感じずちょうどいい。

他の味の展開も期待できそうです。サイジングがすばらしい。

地味にうまい水ようかんも、ジャンクさが入ったどらソフトも、どっちもうまいと揺れるover40。

甘⇔しょっぱいのループに新たな“辛さ”が加わるか


そして甘いモノのあとには、しょっぱいもののループは定番行動ですが、それを上回るインパクトのものも見つけました。



“アサヒ 燃えよ唐辛子”

大きめの赤唐辛子を輪切りにして、イカ天のような、衣をつけてさくっと揚げてあるおつまみ。

スイーツのおともにはせんべい系を足してましたが、辛み、というのもアリでした。



後引くうまさ。オススメです。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス