橋本環奈が語る“鼻ホジ&ゲロ吐き”への思い、中村勘九郎が明かす全裸シーン秘話に1,500人が大興奮 映画『銀魂』ジャパンプレミア

SPICE

2017/6/29 15:15


6月28日、東京ドームシティホールにて映画『銀魂』のジャパンプレミアが開催された。イベントには、主演の小栗旬を始め、菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥、新井浩文、吉沢亮、早見あかり、ムロツヨシ、長澤まさみ、岡田将生、佐藤二朗、菜々緒、安田顕、中村勘九郎らキャストと福田雄一監督が登壇。様々な裏話で来場者を楽しませている。

『銀魂』は、累計発行部数5,000万部を超える空知英秋氏原作による同名コミックの実写映画化作品。宇宙から襲来した天人(あまんと)が権勢をふるう江戸を舞台に、万事屋を営む坂田銀時や、剣術道場の跡取り・志村新八、夜兎族の神楽らがさまざまな事件に遭遇する“SF人情なんちゃって時代劇コメディー”。主人公の銀時を小栗が演じ、新八を菅田が、神楽を橋本が演じている。
左から、吉沢亮、中村勘九郎、柳楽優弥
左から、吉沢亮、中村勘九郎、柳楽優弥

一般初上映かつ豪華キャストたちが登壇するということで、ジャパンプレミアではイベント前から期待に胸を膨らませた約1,500人の来場者たちの熱気で包まれていた。「夏だ!祭だ!銀魂だ!」とのテーマに合わせてお面、鳴り物など夏祭りグッズを持参した来場者も多数来場。小栗らが登場すると、会場には大歓声を上げていた。なかでも、小栗、菅田、橋本は、岡田が演じた桂小太郎のペット=宇宙生物エリザベスを乗せた”銀魂神輿”と共に登場し、会場を沸かせていた。
左から、長澤まさみ、岡田将生
左から、長澤まさみ、岡田将生

小栗は、「普段ぐうたらだけど、守るべき者のために戦うという所がやっぱり、かっこいいし魅力的ですよね」と自身が演じた銀時についてコメント。新八役の菅田は「京都で美味しいものを食べましたよね?銀魂音頭を小栗さんがやろうと言い出したのもその時ですよね!」と反響を呼んだ「銀魂音頭」の誕生秘話を披露する。また、神楽役の橋本が、自身が挑戦した”鼻ホジ”や”ゲロ吐き”シーン、また激しいアクションについて、「監督が演ってくれる表情をどれだけ忠実にできるのかということをいつも考えていました」と振り返ると、福田組の“風神雷神”ことムロと佐藤や、福田監督の愛に溢れたいじりが飛び交い笑いを誘っていた。
左から、早見あかり、安田顕、佐藤二朗、福田雄一監督
左から、早見あかり、安田顕、佐藤二朗、福田雄一監督

また、何か苦労したことは?」との質問には、真撰組局長・近藤勲役を務めた中村が「(真夏の撮影でしたが)ほとんどのシーン、僕はずっと裸だったので大変なことなどなかったです(笑)」と答えると、小栗が「最初のシーンがハチミツまみれな姿だったから(笑)。なんか……」と小栗も振り返り、菅田も「ずっとふんどしの方にハチミツを集めていて……『飛びかかる時にここからハチミツ散らしたい!』って言ってて(笑)」と続け、土方十四郎役の柳楽が「結構シリアスなシーンで、中村さんが裸で……」とコメントし、次々と笑撃シーンの秘話が明らかになっていった。
左から、佐藤二朗、菜々緒、新井浩文
左から、佐藤二朗、菜々緒、新井浩文

また、沖田総悟役の吉沢が「原作ファンの方々の反応が本当に怖かったです」と本音を語ると、福田監督は「でも、キャラクタービジュアル解禁の時、すごい評判よかったよ」と称賛。吉沢は照れた表情を見せ、場内から黄色い声援を受けていた。 その後も和気あいあいとトークが展開し、村田鉄矢役を務めた安田は、「本当に明るくて、楽しい撮影現場でしたね。いい夏の思い出ができたと思います」と述懐。鉄矢の妹・鉄子を演じた早見は、村田との共演シーンについて「とにかく笑いを堪えるのが大変でした」と振り返る。岡田似蔵役の新井は「僕と小栗くん、橋本さんと菜々緒ちゃん、二朗さんとダースー(菅田)のアクションシーンがあるんですけれど、二朗さんとダースーだけ撮影超楽だったんですよ!」と、佐藤と菅田、福田監督にクレーム。すると、来島また子役を演じた菜々緒も「二朗さんの演技に笑っちゃって。しかも絶対使わないって言ったのに!」と続けてクレーム。さらには、アクション撮影中に福田監督が”寝ていた”との暴露も飛び出すなど撮影時の逸話が次々と明らかに。
映画『銀魂』ジャパンプレミア
映画『銀魂』ジャパンプレミア

志村妙を演じた長澤は「私が演じた妙は振り幅がすごく広い女性なので。優しい面と激しい面の演じ分けが難しかったです」とコメント。さらに「(映画を観たら)反省点が見えちゃったんです(笑)。もっとやりたいです(笑)」と新境地への意欲を燃やしていた。役作りに関して質問された岡田は、「桂の役はもう“地”みたいなものです(笑)。僕は今まで役柄通りにクールに生きてきたので……」と話し始めると、すかさずムロが茶々を入れる一幕も。岡田は「一番先に出てきたのに、全然喋ってないんだから!」と笑いを誘っていた。平賀源外役のムロは、「小栗くんと一緒に撮影して、”肩パン”していいよって言われて(笑)。とても楽しく演じさせて頂きました」と小栗とのあるシーンを思い返す。そんななか、武市変平太役の佐藤と福田監督は、イベント中誰が喋っていてもカットインし、一同を爆笑に巻き込んでいた。また、監督は自身の名前が入ったうちわを持った来場者を見つけ、「本当に嬉しい!こういうのが支えになる」と喜びを露わに。すかさず佐藤は「すぐ捨ててください」と呼びかけるなど、ハチャメチャなやりとりが続いていた。最後には、「夏だ!祭だ!銀魂だ!」の小栗の掛け声と共に、盛大にキャノン砲が発射され、終始笑いが絶えることなくジャパンプレミアは幕を閉じている。


映画『銀魂』は7月14日(金)より全国ロードショー。
作品情報 映画『銀魂』 (C)空知英秋/集英社 (C)2017 映画「銀魂」製作委員会
(C)空知英秋/集英社 (C)2017 映画「銀魂」製作委員会

脚本/監督:福田雄一
出演:小栗旬 菅田将暉 橋本環奈 柳楽優弥 新井浩文 吉沢亮 早見あかり ムロツヨシ 長澤まさみ 岡田将生 佐藤二朗 菜々緒 安田顕 中村勘九郎 堂本剛
原作:「銀魂」空知英秋(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
製作:映画「銀魂」製作委員会
制作プロダクション:プラスディー
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama-film/
(C)空知英秋/集英社 (C)2017 映画「銀魂」製作委員会

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ