愛されるSMAP、上半期の総売上&アルバム1位

オリコンは6月22日、CDショップ、専門店、複合店、インターネット通販、家電量販店、コンビニエンスストアなど、音楽・映像ソフトを販売している全国約22,930店舗の実売データをもとに集計した「オリコン2017年上半期ランキング」(集計期間:2016年12月26日付け~2017年6月19日付け)を発表した。昨年いっぱいをもって惜しまれながら解散したSMAPは、2冠を達成している。

まず、SMAPの25周年記念ベストアルバム「SMAP 25 YEARS」(ビクターエンタテインメント/昨年12月発売)が、期間内売上116.0万枚を記録。今年度の上半期アルバムランキング(アルバム部門:作品別売上枚数)で1位を獲得した。

今作はSMAPのアルバム作品としては、同じく期間内100万枚突破を果たした「Smap Vest」(2001年度:期間内売上160.5万枚)の6位に続いて16年ぶり2度目の上半期TOP10入りを果たすとともに、初の1位獲得となっている。

上半期における「100万枚突破アルバム」のランクインは、AKB48の「次の足跡」(2014年度1位:期間内売上103.7万枚)以来3年ぶり。男性アーティストとしては、Mr.Childrenの「Mr.Children 2005-2010<macro>」(2012年度1位:同105.6万枚)、「Mr.Children 2001-2005<micro>」(2012年度2位:同101.5万枚)以来5年ぶりとなる。

なお解散・引退および活動休止状態にあるアーティストによる上半期アルバム1位獲得は、獲得当時に活動休止状態にあったサイモン&ガーファンクル(1971年度:『明日に架ける橋』)に次いで2組目で、国内アーティストとしては初めて。

またSMAPは、1991年9月9日にシングル「Can't Stop!! -LOVING-」でデビューしてから2016年12月31日の解散まで、およそ25年(25年4か月)にわたり活動してきたが、上半期アルバム1位を獲得したアーティストのデビューからのキャリアとしては、1972年7月5日にシングル「返事はいらない」(荒井由実名義)でデビューした松任谷由実が、1993年度に「TEARS AND REASONS」で通算5度目の同部門1位を獲得した当時のキャリア年数となる、およそ21年(20年11か月)を上回り、最長での達成となった。

さらにSMAPは、今年度上半期における、音楽ソフト<シングル・アルバム・ミュージックDVD・ミュージックBlu-ray Disc(以下BD)>の期間内総売上金額が86.7億円となり、初の上半期アーティスト別トータルセールス(ATS部門)1位の座に輝いた。

なお、上半期ATS部門は2009年度より総売上金額を基準として発表開始、SMAPは2009年度に9位(期間内総売上金額22.8億円)を獲得して以来の同部門ランクインとなる。

音楽映像作品「Clip! Smap! コンプリートシングルス」(昨年12月発売)も、音楽DVDとBDの期間内売上枚数を合算集計した、上半期総合ミュージックDVD・BDランキング(同部門:作品別売上枚数)で期間内合算49.7万枚(DVD:26.8万枚、BD:22.9万枚)を売り上げ、2位を獲得。DVD、BD総合部門の各作品別売上枚数ランキングでも、いずれも2位で初の上半期TOP3入りを果たし、前出アルバムの好調ともに上半期ATS部門制覇を後押しした。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ