吉沢亮インタビュー 実写化映画への思いと『トモダチゲーム』の熱い現場で感じたこと

SPICE

2017/5/31 17:00

俳優・吉沢亮の勢いが凄まじい。昨年=2016年は多数のドラマ・舞台に加え、初主演作を含む4本の映画に出演。2017年は、すでに『LAST COP THE MOVIE』『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』など4本の映画への出演が明らかになっている。そんな吉沢にとって、『サマーソング』以来2本目の長編主演作となる映画が、6月3日に公開を迎える『トモダチゲーム 劇場版』である。

別冊少年マガジン(講談社)連載中の山口ミコト原作、佐藤友生作画による漫画の実写化である同作は、幼い頃から「金より友達」と母から教えられた主人公・片切友一が、仲の良い友達とともに大金のかかった「トモダチゲーム」と呼ばれる謎のゲームに参加する物語。ドラマと劇場版2作で描かれるこの実写化シリーズで、吉沢は善と悪二つの顔を持つ強烈な主人公・片切友一を熱演している。個性の強いキャラクターを演じるために、吉沢はどんなアプローチをとったのか。実写化作品ならではの演技の方法論や、共演者との時間を通して感じたことを語ってもらった。

片切友一の魅力は「どういう人物かがわからない」ところ

(C)山口ミコト・佐藤友生/講談社 (C)2017「トモダチゲーム」製作委員会
(C)山口ミコト・佐藤友生/講談社 (C)2017「トモダチゲーム」製作委員会

――初主演作『サマーソング』のインタビューの際には「自分の演技以外のことも意識しなければいけない。主演は難しい」とおっしゃっていました。今回はドラマと連動しての2回目の映画主演ですが、いかがでしたか? 少しは慣れましたか?

『サマーソング』以上に気を遣う部分は多かったですが、以前よりは気負わずに演技することは出来たかな、と。主演としてやらせていただいていますが、俳優部として、一人の人間として仕事が出来れば、というイメージで現場に居ました。「周りのスタッフさんがどう動いているか?」とか、「カメラワークがどうなっているか?」とか、「ほかの皆さんのお芝居はこうなっている」ということを、前回よりは無理せず意識できた気がします。

――『トモダチゲーム』は心理的なかけひきが非常に面白い作品だと思います。原作を読んでどう思われました?

単純に面白いと思ったのと、ぼくは少年漫画をよく読むんですが、その中でもリアルな作品だと思いました。テーマも友情やお金だったり、すごく身近にあるものですし。人間の汚い部分をすごくリアルに描いているという印象を持っていたので、ドキドキしながら一気に読みました。「どう展開していくんだろう?」と思いながら読んでいくんですけど、それもどんどん裏切られていくので、すごく面白かったです。

――設定やゲーム自体がなかなかややこしいので、映像化にも気を遣うのではないかと思いました。観客がどう反応するか気になりませんでしたか?

すごく気になりましたね。大どんでん返しみたいなものがちゃんと効くかどうか、というところは特に。あとは、設定やルールが結構ある作品なので、そういうものがちゃんと伝わればいいな、と。CG編集で面白くしていただいているところもありますけど、分かり易く伝えなきゃいけない部分と、分かり易くするとダメになっちゃう部分とのバランスが難しいな、と思いながら演じていました。

――ワンシチュエーションだったり、緊張感みたいなものは舞台っぽい作品だと思いました。とはいえ、映画・ドラマなので表情を抜かれるシーンも多い。

ドラマは特にそうでした。ぼくの役はつねにそうなんですが、ドラマでは“しゃべっちゃいけない”設定の回もあったので、表情だけで見せる芝居が多かったんです。そういった意味では、つねに神経を巡らせている感じがちょっと舞台っぽかったかもしれないです。
吉沢亮 撮影=荒川潤
吉沢亮 撮影=荒川潤

――ひたすら脚本を読んで演じられたんですか?

脚本を読んで、設定やどういう流れで物事が進んでいるのかを理解することが特に重要になってくる作品だったので、台本はめちゃくちゃ読み込みました。あとは、他のキャストのみなさんと現場で生まれたものを大事にしながら演じました。基本的にぼくが難しい説明台詞を言うことが多かったので、みなさんに助けられました。

――吉沢さんが演じられた主人公・片切友一は、いいヤツなのか悪いヤツなのかわからないキャラクターです。しかも、原作が完結していないから、ハッキリした正体もわからない。どう演じられたんでしょう?

演じているときには「こういう役だからこう演じよう」とあまり意識せずに演じるようにしました。もちろん、性格とかそういうものはあるんですけど、それよりも場面場面のタイミングとか、話をしている相手によって顔がまるっきり変わってしまう役だと思っていたので、あえて決めつけずに、その場に一番適した表情で芝居をしようという意識でいました。どういう人物かがわからないということが、友一の魅力なんじゃないかな、と思います。友情に熱い部分も持っているし、友人ですらどんな手を使っても服従させるような、悪の部分も持っている。ただ、基本は友情に熱いヤツなんでしょうね。悪いこともするんですけど、それも最終的には友だちを助けるためにやっていることなので。普通の人が考えつかない、すごく汚いこともやれてしまう感じは、「闇が深くてぶっとんでるなあ」と思いながら演じていました。

――作品の性質上、観客にも表情から考えを読まれてはいけないのはきついですよね。

原作では(友一は)“ゲス顔”みたいな、すごい表情をする瞬間があるんですが、それをどこまでやるか、ということは監督とも話をしました。映像化だからといって、自然な表情にしちゃうとつまらなくなるので。彼があの顔になる時は、その場を支配する瞬間でもあるので、「そこはわかりやすく変えたほうがいいね」と。劇場版2作目は、常にゲスい顔をしているところもあります。

――原作も、話が進むほど友一のゲスな面が出てきますよね。ただ、あんまり顔を作りすぎると過剰になりそうですが。

そうなんです。それも嫌なので、いい具合のラインでやれたらな、と思って監督と相談しながらやりました。

――他のキャラクターも魅力的ですよね。清廉潔白を画に描いたような沢良宜志法(内田理央)、学年トップの秀才・美笠天智(山田裕貴)、ボンボンでムードメイカーな四部 誠(大倉士門)、元いじめられっ子で内気な心木ゆとり(根本凪)。吉沢さんが感情移入できるキャラクターはどれですか?

誰だろうなあ……ゆとりですかね。ああいう、場に馴染めないんだけど、劇場版1作目で嫉妬で動く瞬間があったりする。ああいう感情はわかるなあ、と。

――正直ですね(笑)。

俳優・山田裕貴と実写化映画について

吉沢亮 撮影=荒川潤
吉沢亮 撮影=荒川潤

共演者も同年代の方が多くて息があっていたと思いました。現場はどんな雰囲気だったんでしょうか?

和気あいあいとしていました。ただ、皆さんお芝居に対して真面目な方ばかりだったので、1ヶ月というかなりタイトなスケジュールでしたが、集中しながらやれました。

――劇場版では、特に山田裕貴さんとの関係が作品の軸になっています。お二人のお芝居はすごくかみ合っていたと思いました。

劇場版の1作目で、彼に対してエグいくらいの長い説明台詞を言うシーンがあったんですが、毎日撮影が終わった後に、その本読みを二人でホテルの部屋でしたりしました。次の日朝5時起きとかなのに、毎日2時くらいまで、2時間くらいずっと本読みをするんです。「俺もここは大変だから」って言ってくれて……山田くんには、すごく助けられました。

――すごい熱量ですね。演技論みたいなことも話されたりしたんでしょうか?

演技論とまでは言わないですけど、この作品に向けての熱みたいなものは、彼から感じるところはありました。ぼくも、山田くんがあの役になった喜びをぶつけていましたけど(笑)。

――原作でも話を動かしている二人なので、かみ合わないとまずいですよね。

そうなんです。天智役を誰がやるんだろう、ということは気になっていたので、それが山田くんだとわかったときには、テンションがあがりました(笑)。

――以前から山田さんのことは意識されていたんででしょうか。

ずっと共演したいなと思っていました。『オオカミ少女と黒王子』で一緒だったんですけど、絡むシーンがなかったので。(山田と)ちゃんと芝居をやらせてもらうのは今回が初めてです。かなりやりやすかったですね。最初にインして撮影したのは山田くんとのシーンだったんですが、そこで掴めたものがあったので、すごく助かりました。
(C)山口ミコト・佐藤友生/講談社 (C)2017「トモダチゲーム」製作委員会
(C)山口ミコト・佐藤友生/講談社 (C)2017「トモダチゲーム」製作委員会

――劇場版1作目では、山田さんと“原作の名物シーン”を再現されていますよね。衝撃的な場面ですが、いかがでした?

あのシーンでは、結構変なテンションになっていました(笑)。男同士でああいうことをする経験はなかなかないので。ただ、ぼくはされるがままだったので、来たものをそのまま受ける、という感じでした。山田くんのほうが大変だったんじゃないですかね。

――山田さんは目力がすごく強いので、ドキドキしたんじゃないかと。

たしかに、変なドキドキはありました(笑)。

――ところで、吉沢さんは今年に入って『トモダチゲーム』も含め、かなりの数の漫画・アニメの実写化作品に出演されていますよね。実写化作品の楽しいところを聞かせていただけますか?

まず、喜びがあります。自分の好きな作品にたずさわれる喜びだったり、原作ファンの方にも「イイね!」と言ってもらえたりする喜び。だからこそ、原作ファンを裏切ることはしたくないから、やれることをちゃんとやらなきゃ、と思っています。

――逆に難しいことはありますか?

役の幅がどうしても縛られてしまうことですかね。一から作るわけじゃなくて、ある程度土台があって、原作ファンの方もそこはブレて欲しくないと思うので。その世界観で、その役の持ち味をどう出せるか、というのは難しいかもしれないです。少女漫画が原作の場合はある程度解釈の幅があるんですが、こういう少年漫画だと見た目もかなり特徴的なので、衣装や髪形もそうなんですけど、原作に寄せることを意識しないといけないというのは実写版ならではですよね。台本を読むだけじゃなくて、原作の漫画も読み返して演じたり。『トモダチゲーム』のときは、つねに控室に原作漫画があって、「このシーンどんな感じだったかな?」というのを確認して、「あれ、こここうなんだ。思ってたのと違うな」と思うことも結構ありました。楽しい部分でもありますし、大変な部分でもあります。

――原作モノだけじゃなく、今年に入ってからかなりの数の作品に出演されていますが……スケジュール大丈夫なのかな、と気になりました(笑)。

これから公開されるものはだいたい撮影が終わっているので。

――詰め込まないと不安を感じたりするんですか?

やっぱり何か芝居をしていないと安心できないというか……何か作品に入っていないと、休みの日とか何をしていいかわからないというところはあります。

――仕事中毒みたいですね……今年の大きな目標のようなものはありますか?

大きな目標ではないですけど、今年は主演作も控えているので、一段階ステップアップできればな、と思います。あと、オリジナルの作品も挑戦したいな、と。もちろん、こういうもの(原作モノ)も楽しいんですけど、一から自分で作るものもやってみたいと思っています。

映画『トモダチゲーム 劇場版』第1弾は6月3日(土)シネ・リーブル池袋ほか全国順次ロードショー。劇場版第2弾『トモダチゲーム 劇場版FINAL』は2017年秋ロードショー。

インタビュー・文=藤本洋輔 撮影=荒川潤 ヘアメイク:内山多加子(Commune) スタイリング:荒木大輔
プレゼント情報
吉沢亮サイン入り色紙 1名様に
吉沢亮 撮影=荒川潤
吉沢亮 撮影=荒川潤
【応募方法】 ※Twitterでご応募ください。 STEP1:お持ちのTwitterアカウントにログイン
STEP2:SPICEアカウント<@spice_topics>をフォロー(当選案内DM用に必要です)
STEP3:あとは該当ツイートをリツイート(RT)するだけ! 応募用ツイートは【コチラ】
【応募期間】 2017年6月16日11:00まで

※当選者には、ツイッターのDM(ダイレクトメッセージ)でご連絡いたします。
【応募条件】
・日本に居住されている方(賞品配送先が日本国内の方)。
・応募に関する注意事項に同意いただける方。
【注意事項】
※本キャンペーンに関して、弊社が不適切な行為がされていると判断いたしましたアカウントは、キャンペーン対象外とさせていただきます。
※弊社は、応募いただいた方のツイート内容には一切の責任を負いません。
※当選発表は、当選者様への当選のご連絡をもってかえさせていただきますので、ご了承ください。
※当選通知後、2日間ご連絡がない場合は、当選を無効とさせていただきます。
※当選結果に関するお問い合せは受け付けておりませんので、ご了承ください。
※当キャンペーンの掲載内容や条件は、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※当選の権利の譲渡はできません。
※キャンペーン参加にあたっては、必ず弊社個人情報保護方針「プライバシーポリシー」をお読みください。
※当選時にご連絡いただく住所、氏名、電話番号は、その確認などの関連情報のご案内のみに使用し、キャンペーン終了後は弊社の定める方法に基づき消去いたします。
※インターネット通信料・接続料およびツイートに関しての全ての費用はお客様のご負担になります。
※次の場合はいずれのご応募も無効となりますのでご注意ください。
・応募時の内容に記載不備がある場合。
・お客さまのご住所が不明、または連絡不能などの場合。

作品情報
映画『トモダチゲーム 劇場版』

監督:永江二朗
原作:山口ミコト 佐藤友生
脚本:永江二朗 佐上佳嗣
出演者:吉沢 亮 内田理央 山田裕貴 大倉士門 根本 凪
上野優華 天月-あまつき-/久保田悠来 ほか
作品公式サイト:tomodachi-game.com
(C)山口ミコト・佐藤友生/講談社 (C)2017「トモダチゲーム」製作委員会

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ