ぼくのりりっくのぼうよみ デビュー前に一躍脚光を浴びた思い出のステージでワンマンを締めくくる。

UtaTen

2017/5/22 12:01



5月24日、初のCMタイアップとなる資生堂「アネッサ」CMソングを含む2nd Single『SKY’s the limit/つきとさなぎ』をリリースする”ぼくのりりっくのぼうよみ“が、初の全国ツアー”ぼくのりりっくのぼうよみ TOUR 2017”の追加公演を5月21日(日)、新木場STUDIO COASTにて開催した。

デビュー当時、大学受験の真っ最中でライブ活動が制限されていたため2nd ALBUM『Noah’s Ark』の発売を経て開催された今回の“ぼくのりりっくのぼうよみ TOUR 2017”が自身初の全国ツアーとなった。
 追加公演の会場となった新木場STUDIO COASTは、デビュー前、まだ高校生2年生だったぼくのりりっくのぼうよみが応募した日本最大級の10代向けオーディション「閃光ライオット」のファイナルステージの会場。約1万組の中からファイナリスト10組に選出され新木場STUDIO COASTでライブを披露、才能を高く評価されたことで一躍脚光を浴び、翌年メジャー・デビューしたぼくのりりっくのぼうよみにとって、特別な会場でのライブとなった。



この日の公演は、デビュー作『hollow world』収録楽曲や資生堂「アネッサ」CMソングなどのタイアップ楽曲、椎名林檎「本能」のカバー曲など多彩な選曲の第1部、旧約聖書の「ノアの方舟」のエピソードに着想を得たコンセプチュアルな作品2nd ALBUM『Noah’s Ark』のストーリーを表現するステージ演出が施される第2部で構成され、全20曲を披露。スペシャルゲストとして、本人が大ファンというSOIL&"PIMP"SESSIONSからタブゾンビ(Tp)、秋田ゴールドマン(Ba)が登場し、同バンドの「summer love」をカバー。ライブ終盤でもぼくのりりっくのぼうよみの楽曲「after that」などに参加した。



更に終演後すぐ、ステージ上スクリーン映像にて秋に東阪ワンマンライブを開催することを発表。東京公演は10月8日、初の日比谷野外音楽堂で開催され、ぼくのりりっくのぼうよみ初の野外ワンマンライブとなる。
 初の全国ツアーを終え、さらにその先へ進み始めるぼくのりりっくのぼうよみから今後も目が離せない。

Photo::平田 浩基

ライブ情報


ぼくのりりっくのぼうよみ ワンマンライブ
・10月8日 東京公演@日比谷野外大音楽堂
・10月15日 大阪公演@ユニバース

当記事はUtaTenの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ