【トーストアートに挑戦!】食パンの焦げ目でマモニャンを作ったよ!

ここ数年SNSの普及も相まって、食べ物で見せるさまざまな“アート”が話題となってきた。子どものお弁当にピッタリの海苔アートや、いつもの鍋や焼き魚が可愛くなる大根おろしアートなど、見ているだけでも楽しめるのが特徴だ。誰でも簡単に挑戦でき、できあがったらおいしく食べられるのもうれしい。

そこで今回は、朝からテンションの上がる、芸術的な食パン「トーストアート」に挑戦! 「教えて!goo」でも「お尻に肉球!?キュートな猫キャラ「マモニャン」の 大根おろしアート」といった記事で、その愛くるしい姿を紹介してきた、癒やしの猫キャラ「マモニャン」をトーストアートで表現してみることに。

■チャームポイントのお尻についた肉球はココアパウダーで♪

材料は、食パン・ココアパウダー・スライスチーズ。アルミホイル・黒マジック、カッターを用意し、アルミホイルにマジックでマモニャンの絵を描く。今回は、肉球がお尻についたキュートなマモニャンの後ろ姿を再現。マジックで描いた外枠の線をカッターでカットし切り離したら、内側の肉球部分も丸く切り抜いていく。できあがったアルミホイルのマモニャンを食パンの上に乗せ、しっかりとパンに押しつけたら、焦げ目がつくまでトースターで焼いていく。アルミホイルの穴の肉球部分にはココアパウダーをすり込み、尻尾はスライスチーズをカットして乗せ、尻尾の先は同じくココアパウダーで仕上げて完成だ。

詳しい手順は動画でチェック!


ニコニコ動画で見る→bit.ly/2roACWF

■アルミホイルの扱いは慎重に!

作り方は簡単だが、問題はアルミホイルの扱いのみ。非常に破れやすいため、カットする際は優しく丁寧に。また、トーストの上でアルミホイルが浮いてしまうときれいな焦げ目がつかないため、焼く前に重しを乗せておくなどするのも良い。今にも動き出しそうな存在感のマモニャントーストをテーブルに並べて、アートな癒やしの朝食を楽しんでみては?

マモニャンに関するその他の情報はこちら!
href="https://oshiete.goo.ne.jp/watch/entry/09561c0a699135f2c2f9d7aa6a9facaf/"
Target="_blank">話題急上昇中!「マモニャン」まとめ

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ