最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『16時間労働』の漫画家夫婦に子どもができたら? 泣き笑いの日々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
集英社のウェブ漫画誌『ジャンプ+』で連載を持つ、漫画家の榊健滋(@sakakikenzi)さん。

夫は、映画化もされた漫画『ピューと吹く!ジャガー』などを代表作に持つ、漫画家のうすた京介さんです。

多忙を極める漫画家夫婦の『壮絶な育児生活』を描いた作品に、多くの反響が寄せられています。

始まりは突然に

大喜びの夫とは対照的に、子育ての環境を整えられるのか不安に思っていた榊さん。

「漫画か、子どもか…どうしたい?」

夫にそう聞かれても「実感がないから分からない」としか返せませんでした。

しかし、その思いは検診後に一変します。

お腹に宿る小さな命を確認した榊さんの口から出た言葉は「がんばります」。出産を決意した瞬間でした。

産休は取れるのか…!担当編集者に相談

産むと決意した榊さんでしたが、そのためには産休を取得する必要がありました。

漫画家にとって、産休育休は『休載』を意味します。

しかし、出産を理由に休載することは可能なのか…と、緊張しながら担当編集者に相談したところ、心強い言葉が返ってきました。

「僕が説得します。がんばりましょう!」

働く母親の中には、産休後の復職に不安を抱える人がたくさんいると聞きます。

また、復帰をあきらめる覚悟で産む人も多く、榊さん自身「産休が取れなければ、漫画をやめる」つもりでした。

だからこそ、榊さんの担当編集者さんがいってくれたこの言葉が、どれだけ素晴らしいものか…。

職場の人たちからの支えがどれだけ大切なのかが分かります。

つらすぎる妊娠の洗礼『つわり』

無事に産休をとれることが決まったものの、本当に大変なのはこれからでした。

仕事にならないほどの、つらいつわりが榊さんを襲い、少しずつストレスがたまっていきました。

「具合が悪いのは、赤子が休めっていっているんだよ。だから、そうしなって」

夫のひと言がきっかけとなり、連載を1週だけ休ませてもらえることになったものの「妊娠生活は思うようにならないことの連続」と、榊さんは当時を振り返ります。

「自分が一番大変だと思い込んでいた」

つわりがつらすぎるため、榊さんは検診で相談することに。

「もっと大変な人もいるから、頑張りましょう」

頭では理解しているものの、体力的にも追い込まれていた榊さんにとって、それは求めていた答えではありませんでした。

しかし、検診後「未だに忘れられない」と語る1組の夫婦に出会います。

何があったかは分からないものの、榊さんの心境に大きな変化をもたらしました。

「自分が1番大変だと思い込んでいた」

そう語る榊さん。

自分1人だけがつらいと感じてしまうのも仕方ありません。しかし、周りを見渡せばそうではないということが分かります。

榊さんの漫画を読んだ人からも、多くのコメントが寄せられています。

  • つわりはひどいけど、妊娠して出産って、奇跡みたいなことですよね。
  • 私自身、なかなか子どもを授かれなくて悲しい思いもしました。命が宿って、無事に産まれてきてくれるって本当に奇跡の連続だと思います。
  • つわりは大変だけど、辛い思いしてる人もたくさんいるんですよね。頑張らなきゃと思いました。
みんなそれぞれ大変な思いをしているからこそ、子どもが無事に生まれてきてくれた時の感動はひとしおなのではないでしょうか。

改めて、命を授かることの素晴らしさ、そして出産の大変さを感じる内容です。

『育児漫画』は不定期更新中

榊さんの育児漫画は、Twitter上で不定期更新中です。また『ジャンプ+』では、『ラブデスター』を連載中ですので、ぜひそちらもご覧ください。

Twitter:@sakakikenzi
ジャンプ+:ラブデスター


[文・構成/grape編集部]

外部リンク(grape)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス