最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

朝井リョウはあそこのスパゲティー 作家の“最後の晩餐”まとめたコミックエッセイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


死ぬ前に食べるものを選ぶとしたら、何にしますか? そんな質問を人気作家15人に投げかけてみたコミックエッセイ『おあとがよろしいようで』が人気だ。


■ 最後の晩餐のメニューは何にする? 作家たちに訊いたコミックエッセイ。

「最初に“最後の晩餐”というお題を与えられたんですが、私は死ぬのが怖いんです。無になるのが怖い。それで、みなさんは怖くないのかどうかも訊いてみたいと思いました」 と、漫画家のオカヤイヅミさん。一人一人、食べたいものを食しながらインタビューを敢行。綿矢りささんや西加奈子さんは豆腐、桜庭一樹さんは白米、朝井リョウさんは『洋麺屋五右衛門』のスパゲッティー…。

「やっぱり幸せな時の味を挙げる人が多いと感じました。美味しかったのは津村記久子さんの『まい泉』のロースかつ膳。津村さんが美味しそうに食べるんです。強烈だったのは円城塔さんの“極道すきやき”。作家の宇野千代さんのレシピで、翌日具合が悪くなるくらい重かった(笑)」

死ぬまで書いていたいと断言する人がいるなど作家の死生観や創作への姿勢が垣間見え、それに対するオカヤさんの考察も鋭い。

「インタビューする経験などないので緊張していました。エンタメ系の作家は嘘を盛り込んでも話を面白くしてくれたり、純文学系の人は自分の考えをいかに言葉にするかを意識していたりするのかな、と感じましたが、どちらもすごく面白かった。死について語ることって、生きているのが楽しいってことなんだな、とも感じられたのがよかったです」

また、描かれる作家たちの顔が特徴を的確にとらえているのも見事。

「オカヤさんは盛らずにそのまま描くねと言われます(笑)。顔の造形だけでなく、表情や体重のかけ方などでもその人らしさを出しています」

読んで眺めて、自分なら最後に何を食べたいか人と語らいたくなる本作。続編が出てほしい!
おかや・いづみ 漫画家、イラストレーター。1978年生まれ。著書に『いろちがい』『すきまめし』、加藤千恵さんとの共著『ごはんの時間割』など。書籍の挿画や新聞連載の挿絵などの仕事も多数。

登場作家は他に戌井昭人、山崎ナオコーラ、平山夢明、辛酸なめ子、村田沙耶香、加藤千恵、朝吹真理子、春日太一、島田雅彦。彼らが最後に食べたいものは? 文藝春秋 1050円。(C)オカヤイヅミ/文藝春秋

※『anan』2017年5月3・10日号より。写真・土佐麻理子 インタビュー、文・瀧井朝世

(by anan編集部)

外部リンク(ananweb)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス