絶対に離さない…男が彼女を「ずっと大切にしたい」と思う瞬間

ananweb

2019/10/2 20:30

男性は彼女と付き合っていると、だんだん彼女という存在のありがたみを忘れてしまいます。もし、彼氏に大事にされたいなら、まずは自分から彼を大事にすること。ギブなくしてテイクはありえません。

今回は、男性が彼女を「大事にしたい」と感じる瞬間をご紹介したいと思います。
文・白武ときお

【みんなの恋テク】vol. 178

■ 男性が彼女を「大事にしたい」と感じる瞬間

■ 1.似合うと思うものを買ってくれた

「買い物してたら似合うと思ってくれたみたいで、帽子を買ってくれていたときは、感動した。自分といないときでも考えてくれてるんだって」(26歳・保険)

男性は彼女からの何気ないプレゼントに感動します。「これ似合うと思ったから」と、小物をプレゼントされると「愛されてるな」「おれも大事にしなきゃな」と噛み締めます。彼と一緒じゃないときにも、彼のことを思っていることを伝えられると効果的です。

■ 2.飲み会は1次会で帰る

「彼女が自分に気を使って、毎回1次会で帰ってるっていうのを聞くと、おれも浮気なんかできないなって思う」(28歳・建築)

「みんなは2次会行ったけど、私は帰るね!」「遅くなると心配しちゃうでしょ?」なんて、健気な彼女を演じられると、男性は打ちのめされます。「この子はなんていい子なんだろう」「誠実に付き合わなきゃな」と、心を改めてくれるはずです。しかし、押しつけはよくないので、さりげなくかわいく彼氏思いな部分をアピールしましょう。

■ 3.おしゃれに手を抜かない

「彼女がちょっとしたデートでも、ちゃんとメイクをしたり洋服も手を抜いたりしてなくて、偉いなって思ったりする。オレにかわいく見られたいって気持ちがあると嬉しい」(27歳・飲食)

最初は頑張っていても、付き合うと惰性になり、いろいろと手を抜いてしまいがち。しかし、いつまでもメイクやおしゃれを頑張って、彼氏にかわいいと思われたい気持ちを持っていると、男性にも響きます。自分のかわいいも大事ですが、彼氏にかわいいと思われる姿勢のほうが、効果はあります。

■ 見返りを求めず粘り強くギブ

彼氏に大事にして欲しかったら、まずは自分から。彼が喜ぶことはなんなのか、相手の立場になって考える。自分が彼を大事にしているのに、なんで彼は変わらないの?と押しつけると、関係はこじれてきてしまいます。見返りを求めずに、自分がしたいからしているという姿勢で、結果が出るまで粘り強く頑張りましょう!

(C)Lorado/Gettyimages(C)skynesher/Gettyimages

※2017年4月9日作成

当記事はananwebの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ