トランスジェンダーの女性とその恋人、孤独な少女のかけがえのない共同生活

NeoL

2017/3/16 23:13


『かもめ食堂』『めがね』などの荻上直子監督が、自身のオリジナル脚本で5年ぶりにメガホンを取った最新作『彼らが本気で編むときは、』が公開中。
小学5年生のトモは、荒れ放題の部屋で母のヒロミと二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消してしまい、一人になったトモは叔父であるマキオの家に向かうことに。そこではマキオと、美しい恋人のリンコが一緒に暮らしていた。それはトモが出会う、初めてのトランスジェンダーの女性だった――。
戸籍は男性ながら女性の体を手に入れたリンコ役は、「他には考えられない」との監督たっての希望でキャスティングされた生田斗真。日本でも急速に関心が高まりつつあるセクシャル・マイノリティ(LGBT)の女性を主人公に、荻上監督ならではのやわらかな視点で多様な生き方や価値観の在り方を問いかける。
彼らが本気で編むときは、監督・脚本:荻上直子出演:生田斗真、桐谷健太、柿原りんか、ミムラ ほか(2017年/日本)公開中(C)2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会http://kareamu.com/

当記事はNeoLの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ