【衝撃グルメ】アイスにうなぎをブッ刺した「うなぎサンデー」が激ウマ! 食べたら元気(笑)!

観光地に行くと地域の特産物を使用したオリジナル味のソフトクリームが販売されていることが多いですよね。しかし、中には「おいおい、そんなのウマいわけないだろ」と突っ込みたくなってしまうようなモノもあったりします。インパクトがあるのは大事ですが、ちゃんと美味しいものを販売してもらいたいものです。

変なソフトクリームなのに激ウマらしい


インパクト重視の変なソフトクリームはだいたいあまり美味しくないイメージだったのですが、先日信じられない情報を入手しました。なにやら長野県の諏訪湖にも珍しいソフトクリームがあるのですが、それが信じられないほど激ウマなのだというのです。


そして先日、偶然長野県の諏訪方面へと行く機会があったため、そのソフトクリームを求めて諏訪湖まで足をのばし、そのソフトクリームを実際に食べてみることにしました。

遊覧船乗り場で販売されている



噂のソフトクリームが販売されているのは、上諏訪駅から歩いて10分程度の場所にある遊覧船乗り場。パッと見た感じでは何も怪しい感じがありませんし、「北海道プレミアムバニラ」と書かれたのぼりが飾られ、とにかく無難に美味しそうな雰囲気です。果たして、そんな怪しいソフトクリームが販売されているのでしょうか。


半信半疑のまま、ソフトクリームを販売している窓口へと向かって行くと……んっ……? んんんんんんんんーーーーーーーーーーーっ!?


見つけてしまったあぁぁぁァーーーーーーーッ!!!!

そう、珍しいソフトクリームとはこの「うなぎサンデー」のこと。15歳以上推奨という謎の注意書きがされた謎すぎる一品です。

激ウマだとは聞いてきたものの、想像以上の怪しさに思わず購入をためらってしまいますが、せっかくはるばる諏訪湖までやって来たわけですから、注文することにしましょう! ちなみに価格は税込500円ナリ!

慣れた手つきでうなぎサンデーを作る


店員さんにうなぎサンデーを注文すると、非常に慣れた手つきでうなぎサンデーを作り上げていきます。注文をしたときのリアクションも薄かったため、おそらくうなぎサンデーを注文する人は全然珍しくないのでしょう。それだけ作る機会が多いということは、やはり本当に激ウマなのか!? 期待度がグングン上がっていきます。

うなぎサンデー完成!


そしてついにうなぎサンデーが完成し、店員さんから手渡されました。


ドォォオオオオオオオーーーーーーンッ!!!! なんか思ってたのと違う……!!


バニラのソフトクリームにうなぎのタレがかけられていたり、うなぎの蒲焼きの切れ端でも乗っていたりするのかと思いきや、なんとうなぎの骨や真っ黒に焼けた身がソフトクリームに豪快にブッ刺してあるのです。なんてワイルドなんだ……!!


早速食べてみることに



想像の斜め上をいくヴィジュアルにビビッてしまいますが、ベースはソフトクリームなのでサクッと食べないとどんどん溶けてしまいます。ブッ刺さったうなぎと一緒に食べてみましょう……!


ムシャムシャムシャ……。おおっ……これはスゴい。いまだかつて味わったことのない味だぞ……。ソフトクリームにうなぎのタレのしょっぱさと甘さがプラスされ、さらに焼けたうなぎの香ばしさも加わり、なんとも絶妙な味に仕上がっているのです。


噛めば噛むほど広がるうなぎ独特の風味。そして骨の部分はコリコリの食感。これは確かにウマいぞ……一度食べるとついつい夢中で食べ続けてしまうタイプの味だ……!

噂通り激ウマだった



そしてひと口、ふた口と食べ始めるともう止まりません。気がつけば一瞬にしてうなぎサンデーを完食してしまい、奇をてらっただけでなくしっかり味も考えられているということがハッキリとわかりました。

味の好みは人それぞれであるため、もちろん口に合わない人もいるかとは思いますが、他に類を見ないソフトクリームだということは間違いないでしょう。

食べたら元気が出てきた



うなぎサンデーを食べ終えると、記者はなぜかテンションが異様に上がり、じっとしてはいられずスワンボートに一人で乗り込んで3時間ほど運転を楽しんでしまいました。

おそらくうなぎをガッツリと食べた影響で精力がついたのでしょう。さすが15歳以上を推奨する「おとなのサンデー」だというわけです。皆さんも諏訪湖を訪れた際には、このうなぎサンデーにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

■執筆・監修:Mr. Fox
執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/

あなたにおすすめ