がんこちゃんが大学生に? “誰もが見ていた人形劇”をドラマ化

NHK Eテレで放送中の人形劇「ざわざわ森のがんこちゃん」が、放送20周年を記念して実写ドラマを放送することが分かった。「もしもドラマ がんこちゃんは大学生」(NHK総合)と題し、3月6日(月)の深夜0時5分より、3分間のミニドラマを4夜連続で放送する。

主人公の「がんこちゃん」を演じる二階堂ふみは「小学校でがんこちゃんを見ていました。可愛くてインパクトのあるがんこちゃんのキャラクターが大好き」と語る、生粋のがんこちゃんファン。

なぜか現代でキャンパスライフを送る大学生のがんこちゃんをコミカルに演じる。

がんこちゃんの友達・しかりちゃん役の伊藤沙莉や、各話ゲストとして登場する中川大志、宮崎吐夢、前野朋哉、岡山天音など脇を固める俳優陣も個性的な面々がそろっている。

大人になっても好奇心旺盛ながんこちゃんが、“今風”の男性たちとどのように対峙(たいじ)するのか、注目したい。

http://news.walkerplus.com/article/102037/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ