「これぞフナの恩返し」冠水した道路で発見したフナを、川に返したら?

grape

2017/2/24 10:20

Twitterユーザーのマタタビ(@matatabi_mm)さんが若い頃の話。

すぐに氾濫してしまう川の近くに住んでいたマタタビさんは、記録的な大雨で冠水した道路にフナで見付けます。

たまらない気持ちになり、フナを川に戻しに行くということを何度も繰り返していたそうですが…

※写真はイメージ
すると、道端にいたおっさんから声をかけられました。

「あんた何してんの?」

マタタビさんの行動を不思議に思ったのでしょう。

説明すると、一緒に手伝ってくれて別れ際に、こう声をかけられました。

「あんたいつかフナが恩返しに来てくれるよ」

言葉の通り、「フナが恩返しに来てくれる」と考え、漠然と心に残っていたというマタタビさん。

その後、道端のおっさんが言っていたことが、別の意味で実現することになったのですが…

夫のアレを思い出して驚愕!

道端のおっさんが言ってた通り?

時は流れて、結婚したマタタビさん。

最近ふと夫の誕生日を思い出したのですが…

2月7日生まれの旦那さん…つまり、ゴロ合わせで27(ふな)と読むこともできるのです!

なんともファンタジーあふれる結末に、多くのコメントが寄せられます。

  • なんだかステキなお話。きっと旦那様とは運命なんですね
  • 旦那さんが何と言おうと、あの時のフナですね。口外しないことが人間になる条件だったりして
  • 恩は返ってくる…マタタビさんの良い行いが素晴らしい旦那様を連れて来たのでしょう
ちなみに、気になるのは「旦那さんは何と答えたの?」という質問に対して、マタタビさんはこう答えています。

あの時のフナではなかったようですが、そのフナが『恩返し』として、マタタビさんと旦那さんを引き合わせてくれた…なんてこともあるかもしれませんよ!


[文・構成/grape編集部]

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ