「シャーマンキング」作者・武井宏之「再アニメ化の話はありましたが…」該当ツイートがネット上で話題に

漫画家・武井宏之先生の代表作品「シャーマンキング」。

週刊少年ジャンプで1998年から2004年まで連載された大人気作品です。

2001年7月からはTVアニメの放送もスタート。

全64話が放送され、今でも根強いファンが多い作品の1つです。

そんなシャーマンキングについて、武井先生のツイートがインターネット上で話題になっています。


「じつを言うと本格的なところまで再アニメ化の話はありましたが…前作の声優さんや楽曲が使用できないとのことで、お断りさせていただきました。またチャンスがあるといいですね」

再アニメ化をお断りしている事情の1つに"前作の声優さんや楽曲が使用できない"という大人の事情をツイート。

TVアニメ版では、主人公の麻倉葉を佐藤ゆうこさん。

他にも主要キャラクターを小西克幸さん、林原めぐみさん、高山みなみさん、斎賀みつきさん、緑川光さんといった有名声優が出演。

さらにOP・ED曲ともに林原めぐみさんが担当していました。(一部放送回除く。)

武井先生もTVアニメ化に関しては「またチャンスがあるといいですね」とツイート。

・シャーマンキングの原作者が再アニメ化を断った理由が前の声優さんと楽曲使えないからって理由で、なるほど……て思った。ファンはやっぱりそう思うよね

・再アニメ見たいけど キャストと曲が素晴らしかったもん 再アニメって全部 変えなきゃいけないのな...

・めっちゃ好きだったからこそ、断ってくれてありがとう。キャスト変わるなら微妙!!

・武井先生が「シャーマンキング」再アニメ化を断っていた 初期の声優陣を起用できないなら諦めるのも仕方ない

・たしかにあの声優陣は今は使えないよな。正直、再アニメ化してほしいけど声優が変わるのは嫌かな。

など、Twitter上では再アニメ化を断っている理由に納得している人が多いようです。

最近ではアニメも「リバイバルブーム」が到来しています。

その際にどうしても発生するのが、キャストを変更するか・変更しないかといった"大人の事情"です。

武井先生のように作者本人が公言するケースは珍しく、ファンからは作者本人から直接事情が知れて嬉しいという声もインターネット上には挙げられています。

(担当・栗栖アリス)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ